風見聡

稀代のお人形を後世へと受け継ぐ。

【小説】白詰草

一  見渡す限りの荒れ野が広がっている。地平線の向こうは土煙によって漠然としており、辿り着くべき場所は見定められなかった。  一人の旅人が荒野を渡っていた。襤褸…

パラボリカ・ビスと春秋山荘の展覧会の思い出

本年五月、先進的なギャラリーとして高名であり、私も大変お世話になっているパラボリカ・ビスさんが閉館されるということである。先達ての一月には京都山科の古民家ギャラ…

『翼と宝冠』を読んだ感想および『翼と宝冠』展の思い出

※後半から『翼と宝冠』のネタバレを含みますので、必ず読了してからお読みください。  先日、パラボリカ・ビスさんで開催されている中川多理先生の『翼と宝冠』展を観…

映画『遮那王』『お江戸のキャンディー』の感想

※後半から映画『遮那王 お江戸のキャンディー3』および『お江戸のキャンディー』のネタバレを含みます。必ず鑑賞してからお読みください。  先日、下北沢トリウッドさ…

【小説】触れられない人形

一 ――いっそ、百万円とか値段が付いていれば良かったのに。  都内某所、夕暮れ時、薄暗いコンクリート打ち放しの部屋で、私はその人形と出会った。 人形の傍に貼られ…

映画『サンダーボルトファンタジー 西幽玹歌』の感想

※『サンダーボルトファンタジー 西幽玹歌』のネタバレを含みます。必ず鑑賞してからお読みください。 美形のお人形による武侠ファンタジー人形劇『サンダーボルトファン…