マガジン

  • 喫茶養生記

  • お知らせ

  • Orbit News Letter

    会員様宛のnews letterをマガジンとして公開しています。 大体、月1回、近況や季節の養生、薬膳などを写真を3〜4枚交えてお話ししています。 一部、お知らせもあります。

  • emeraldのじゅぎょう 2021年9月第0期

    emeraldのじゅぎょう 2021年9月第0期

  • イベント記録

最近の記事

冬のブレンド、〈Stara in darkness〉

寒さが秋のものから、本格的な冬の寒さになってきました。 emeraldの五季のブレンドは、冬の〈Stara in darkness〉の季節となりました。 わたしにとって冬は、とっても特別な季節です。 冬は混沌と闇、そして光を扱います。 とてもマジカルな時光なのです。 1・冬は陰のきわまる季節 2・五柱の女神、冬はすべてを受容する黄泉の国の母神〈イザナミノミコト〉 3・1つで2つの姿に変身する、冬のブレンド〈Stara in darkness〉 1・冬は陰のきわまる季節

    • 内観の仕方。

      久しぶりに記事を書く。いつも久しぶりな気がする。 いろいろ書きたいことはあるけど、これにしよう。 ・・・ わたしは漢方養生のほかにスピリチュアルカウンセリングというものをやっている。なんでも透視出来て、前世がわかって・・・というみなさんがイメージするものとはちょっと違う、もっと心理的な要素が入ってくる。感情を解放するようなアプローチをカウンセリングとチャネリング(いわゆる高次の存在に手伝ってもらって必要な情報をクライアントに伝えるもの)、リーディング(クライアントの、今

      • 〈神嘗〉のお話。

        厳しい夏が終わり、すっかり秋の気配になりました。 emeraldの五季のブレンドは、今週末より秋の〈神嘗(かんなめ)〉に切り替わります。 今日は、その〈神嘗〉のお話を書いてみます。 1・emeraldの五季、秋は陰陽の切り替わり 2・五柱の女神、秋は豊穣の〈大宜都比売(オホゲツヒメ)命〉 3・秋のブレンド〈神嘗〉 1・emeraldの五季、秋は陰陽の切り替わり まずは、emeraldの季節観から。日本では「四季」という言葉がありますが、漢方の世界では、季節は5つに分かれ

        • 仙台、緑=日本のハート=ずんだ=杜の都

          今年の初めに仙台に行った時のことを書こうと思う。 仙台っていうか、塩釜も含めるのだけど、〈宮城県〉という意味くらいで捉えていただきたい。 角野隼斗さんのツアーで仙台のチケットが取れたので、出かけた。 わたしは親戚が岩手や秋田に多く、埼玉生まれ&育ちだけど自分は〈東北ルーツ〉と思っている。好きなアーティストの奈良さんも青森の人だ。 仙台は2回目だけど、今回は1泊二日で、1日目に行きたかったカフェやコーヒー屋さんに行って夜は初めての角野さんコンサート。 二日目は、塩釜神社(漢

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 喫茶養生記
          kaoru
        • お知らせ
          kaoru
        • Orbit News Letter
          kaoru
        • emeraldのじゅぎょう 2021年9月第0期
          kaoru
        • イベント記録
          kaoru
        • story
          kaoru

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          Orbit news letter 0707 小暑/七夕

          (約4100字 一部お知らせを含む) みなさま、こんにちは。 emeraldの会員さまへの会報・Orbit news letterです。 前回から、ブログ形式を取っています。購入して読んでくださっているお客様は、ありがとうございます。 梅雨が一気にあけた酷暑の日々を過ぎ、少し〈ふつうの〉夏のお天気ですね。 梅雨ブレンドの〈白雲〉の出番がすぐ終わってしまうのではないかと悲しくなっていましたが、夏の暑さの中にじとじと湿気の日が続くようですので、例年通り、7月中は、〈白雲〉と夏

          有料
          100

          夏至を超えて

          DVDを借りてきたら、傷がついていたのか観られなかったので、ふだんあまりしないyoutubeをたくさん観たりして、日記を書いている。 今日で今年の上半期が終わります。 昔の日本は上半期、下半期でそれぞれ一年と考えていたそうです。 みなさんは今年一年、どうでしたか? 今年一年・・・と考えるととても感慨深いです。長い一年をもっと手早いスパンで考えられます。 この一年(上半期)は色々ありましたが、やはり滑り込みで訪れた夏至が一番だと思います。 今年の夏至は、わたしは特別なイベ

          yujuさんのアビヤンガを受けてきました。

          今日は、兼ねてより行きたかった上福岡のアーユルヴェーダサロン yuju(ユジュ)さんに、アビヤンガのトリートメントに行ってきました。 フルタイムのお仕事を辞めてから、自分へのリフレッシュのために行きたいな〜と思いつつも、時間ができたところへやってきた流れに乗って忙しくなってしまい、この夏至が終わったタイミングとなりました(夏至の日のセレモニーについてはまた別に書こうと思います)。 yujuのオーナーセラピスト雨谷さんとはもともとお知り合いで、イベントをご一緒させてもらったり

          柴崎友香さんと文体。

          iPhoneで日記を書きたくはないのだが、MacBookが古過ぎて起動するのにも、滑らかに文字を入力するのにも時間がかかり、どうかすると20分くらいは待つので、iPhoneで書いている。 友人の勧めで浜口竜介監督の〈ドライブマイカー〉を観て、そこから〈寝ても覚めても〉を観た。 そして、今は柴崎友香さんのことを考えている。 今しがた、柴崎さんのサイトの日記を読んできたので、文体が似る恐れがある。 柴崎友香さんと言ったら、われらの世代では〈今日のできごと〉という田中麗奈と妻

          いつだって〈想い〉しか大事にしていない

          なんだか落ち込んで、涙がちょっと出てきてしまった。 仕事のことでこんなことははじめてかもしれない。 特に何か怒られたり、嫌がらせを受けたわけでもないのに、もやもやがずっと抜けなくて「悲しい」と気づいたら、泣けてしまった。 方々でお仕事の話をすることが重なって、〈商い〉をするって難しいんだなって感じたのだ。 それは、発送をするとか、お茶を作るとか、インスタグラムを投稿するとかそういうことではなくて、お店同士の利害を考えなくてはいけないようなことだった。 例えば、わたしが主宰

          Orbit News Letter 6/6 芒種

          こんにちは。 emeraldの栗本です。 Orbitのニュースレターを記事として配信することとしました(会員さまへの限定記事ですが、メールでの受信が難しい方がいるためにこのようなかたちとしてみました)。 ※Orbitとはemeraldのカウンセリングを受けられた会員様のコミュニティです 活動記録や養生、薬膳の話などが載っています。 今回ははじめての試みなので、文字数も若干少ないですが、非会員でご覧になりたい方は、ご購入くださいますよう、お願いいたします。 最初のメール配

          有料
          100

          5月2日

          少しずつ回復してきているも、まだまだ眠すぎるし、ちょっと人と話したり、画面を見るとすぐ電池切れ。 やっとアトリエに行き、お茶をつくる。 雨が降り出して雷も鳴る。 うーん、自転車で帰りたかったんだけどなあ、、と思いつつ、体力が0になったので寝てしまう、、、 、、、 起きたら晴れていた😄✨ 自分の体力や刺激への耐性が人と比べてすごく弱いというのに気づいたのは大学のころ。 すごく悩んだし、たくさん本を読んだりしたけど、これでやっていくしかない。 この繊細な感性のおかげで色々なこ

          5月1日

          疲れが出てしまい、お昼近くまで起きられなかった。 昨日は9時半には寝たけど、たくさん夢を見てしまい、不安だし、心血虚。 午後はなんとか起きて発送2件と大量のラベル、製品表示をつくる。 雨(と頭痛)がひどくなってきたので、どの道アトリエには行けない。 思えば、一年半くらい、図書館の仕事とemeraldの仕事で自分の休みなんてほとんどなかった。 図書館をやめたらわくわくして走り出してしまったけど、一年半の消耗したエネルギーを補わなくてはいけないのだ。 わたしにとって〈補う〉とは

          感覚的コミュニケーションの方法。

          2022年5月です。 図書館での勤務を辞めました。今は専業emeraldです。 ハローワークへの紹介状のようなものが送られてきましたが、平日の仕事を辞めたのにこれまでよりも忙しいくらいで、昨日今日と頭が参ってしまい、あらゆる刺激を受け付けられず、寝たり、起きたりしていました。 3月から2ヶ月間、フリーの身でありがたいことにたくさんの出会いがあり、とても刺激的で楽しい毎日です。 しかし、自分の体力や刺激(ストレス)への耐性を忘れていました。私は元来、7割くらいは一人で引きこもる

          Stars in darkness 養生アドバイスシート(期間限定ダウンロード)

          冬のブレンドStars in darknessに添付の養生アドバイスシートについて、 今期はイベント出店などが多く、イベント出店分のお茶にはシートをつけていなかったり、お店でのご購入でもリピートの方が多くいてくださったり、イレギュラーでしたので、このページより期間限定で無料でダウンロードできるようにいたしました。 ぜひ、starsをお飲みになりながら読んでいただき、この冬の養生の手助けとしていただけばと思います。

          選書、書棚づくりの楽しみ。

          わたしは日々図書館で働いている。あたらしい図書の購入のための選書も大事な業務のひとつである。おおよそ、市民や学生や広い一般利用者のために選書をしてきたのだが、その際に気をつけていることは「いかに自分の趣味を隠して選書するか」である。 ただ黙って予算内に本を選んでいたら、自分の好きな本、作家、ジャンルのものに、当然偏る。わたしだったら、人文系、特にアート、心理・人生訓系、紀行(いつでも旅に出たいので)、音楽、喫茶や街歩き、本屋の本などである。 市民の図書館の場合、利用者から

          #1 漢方茶は日本の伝統を生かした、あたらしい薬草茶

          取材のお話をいただいたり、お茶のブレンドのお話をいただくことなどが少しずつ増えてきたのですが、今のところ、大体お断りしてしまっています。漢方茶のことをよく知らないうちから頼まれることが多く、上手に伝えられないわたしは、言葉にできないモヤモヤでお断りしてしまうことが多かったと思います。 それは単にお茶が売れてほしいとかそういう目的で漢方茶をつくっているわけではないからです。 目指している〈こころとからだが健やかで、自分のスピリットを感じて生きられる〉というヴィジョンやそのた