惠白

翻訳者。アメリカやインドで生活した経験、英語のあれこれ、日々思うことなどを記事にしています。

惠白

翻訳者。アメリカやインドで生活した経験、英語のあれこれ、日々思うことなどを記事にしています。

マガジン

  • GOOD BYE 英語のモヤモヤ!

    英語を習うときのモヤモヤ、その正体を暴きスッキリするには...

  • インド、びっくりの国!

    インドで数か月暮らしたときの色々なビックリ話し。全 45 話。

    • GOOD BYE 英語のモヤモヤ!

    • インド、びっくりの国!

最近の記事

固定された記事

英語のモヤモヤ ● 00 ● はじめに

もうひとつのマガジン インド、びっくりの国! を書き終えたので、「モヤモヤを解消する、英会話!」 を再開しようと思い、改めて自分の記事を読んでみると... 説明が詳しすぎて難しい 😒 しかも、先生口調 😰 これまで自分が書いた記事に スキ💕 してくれた人の note には必ずお邪魔させていただいたけれど、 すでに英語が話せる感じ いま海外にお住まい の方々が圧倒的に多くて、あら、何だか自分が思ってたのと違う。 それから 「日本人の 『 英会話下手 』 には理由が

スキ
12
    • 英語のモヤモヤ ● 15 ● ワクワクする前置詞: 侮れない “ at ”

      英語のモヤモヤ ● 13 ● ワクワクする前置詞: at と in (1/2) の最初に at をこんな絵で説明しました。 なのに 英語のモヤモヤ ● 14 ● ワクワクする前置詞: at と in (2/2) では at = 目的を持って集まる場所 と言いました。 ネイティブの人たちが at を 「 ~のあたり 」 とか 「 目的を持って集まる 」 と考えながら話しているとは思えません。 何かしら 同じイメージがあって at を使っているはず。 そこで私が思ったのは 

      スキ
      5
      • 英語のモヤモヤ ● 14 ● ワクワクする前置詞: at と in (2/2)

        前回の記事では、場所の at と in についてこんなお話しをしました。 でも、もっと詳しく言うと、in と at の 決定的な違い はこれ ⬇️ 実は、at は物理的な場所ではなく 目的を持って集まるところ。 at the station / restaurant / hospital は、 電車に乗る / 食べる / 診察してもらう ことが目的。場所や建物に注目しているのではなく、 あるサービスや機能を提供してもらうために行く ところです。 in the 

        スキ
        3
        • 英語のモヤモヤ ● 05 ● 会話力が伸びない?

          英会話を学習している人の多くは、前向きに何かをやっている自分を実感する ことで目的の 1 つは達成されているから、そこは善しとしましょう。 と悩んでいる人は、理由を考えると、 等々、止め処がないと思いますが、心の奥底で無意識に 本当の理由は自分が頑張ってないからだ と感じていないか自問自答してみるのもいいかもしれません。 『 前向きな自分 』 と 『 頑張ってない自分 』 が矛盾するのは精神的に良くない気がします。 伸びない理由を考えるよりも 『 どこまで英語をや

          スキ
          4
          • 英語のモヤモヤ ● 15 ● ワクワクする前置詞: 侮れない “ at ”

            スキ
            5
            8日前
            • 英語のモヤモヤ ● 14 ● ワクワクする前置詞: at と in (2/2)

              スキ
              3
              8日前
              • 英語のモヤモヤ ● 05 ● 会話力が伸びない?

                スキ
                4
                3週間前

              マガジン

              マガジンをすべて見る
              • GOOD BYE 英語のモヤモヤ!

                • 17本

                英語を習うときのモヤモヤ、その正体を暴きスッキリするには...

              • インド、びっくりの国!

                • 46本

                インドで数か月暮らしたときの色々なビックリ話し。全 45 話。

              • GOOD BYE 英語のモヤモヤ!

                • 17本

                英語を習うときのモヤモヤ、その正体を暴きスッキリするには...

              • インド、びっくりの国!

                • 46本

                インドで数か月暮らしたときの色々なビックリ話し。全 45 話。

              記事

              記事をすべて見る
                • びっくりのインド ● 番外編 ● 画像6つ

                  記事の中に入れれなかった写真をまとめてここで。

                  スキ
                  5
                  • 英語のモヤモヤ ● 01 ● 英会話のカラクリ

                    フィットネスクラブを想像してほしい。会員の9割が なんてところがあったら、怖い。 そこでは絶対に何かよからぬことが起こっているに違いない。 英会話は 学習ではなく筋トレ のようなもの、反復練習 がすべて。 歌詞を覚えるのに似ています。 頭で考えず口に覚えさせる。 上手くなる人のパターン は 切羽詰まっている 確固たる目標がある で、例えば などです。英会話の先生をしていた経験から言うと、100 人の生徒さんがいたとして、あっという間に上達したのは 2 人くらいで

                    スキ
                    7
                    • びっくりのインド ● 44 ● Good-bye インド!

                      インド旅立ちの日、夜中のフライトだったから夕方までは普通に過ごした。 朝一番にやりたかったのは、毎日部屋を掃除してくれた女性にチップを渡すことだ。 「朝の掃除にチップをあげる必要はありません」 とスタッフに言われてたのだが、「出発の日は彼女にお礼をしてチップを渡したい」 と相談すると、「驚くと思いますが喜ぶでしょう」 というので、最後の掃除の後にスタッフから彼女にヒンディーの言葉で説明してもらい、500 ルピ (≒ 1,100~1,200円) を渡した。 彼女は恥ずかしそう

                      スキ
                      6
                      • びっくりのインド ● 43 ● 帰国前日

                        私はこれまで計 30 回引越したけれど、どんなに前から計画して行動を開始しても最後はどうしても やっつけ になる。 あれしてない、これもしてない、あれ荷造りしてない、これもまだ、面倒だからあとは全部捨てよう... になって、最後は徹夜だ。 海を越えて引越しするときは、暫く暮らした場所を去ることに対して感傷的になる余裕がなく、とりあえず飛行機に乗ってしまえば、やり残したことや忘れたことがあっても後戻りできないから、毎回 「あー、早く空港へ行ってチェックインを済ませてからビールか

                        スキ
                        4
                        • びっくりのインド ● 42 ● ヨガ道場へ行く - 後日談

                          実は、ヨガ道場の話しには続きがある。 びっくりのインド ● 41 ● ヨガ道場へ行く - Part 3 でAさんが食事が終わるときに言った 「また会いましょう」 は社交辞令ではなかった。 別れ際にお互いの e-mail アドレスを交換したのだが、帰国してから半年くらいだっただろうか、Aさんからメールがあって 「惠白さんが住んでいる街に近々行く用事があるから食事しませんか?」 とお誘いがあって驚いた。 少しインドを懐かしく思い始めていたこともあって 「いいですよ!」 と返事

                          スキ
                          3
                          • びっくりのインド ● 41 ● ヨガ道場へ行く - Part 3

                            今更だけれど、同僚たちはその ヨガ道場 がどんなところか知っていたのだと思う。 Aさんが 「ヨガ道場へ行きませんか?」 と言ったとき、皆の顔が一瞬だが微かに 「あっ!」 となったのを私は視界の片隅で見た。 もし私が答えに迷ったら、彼らはきっと 「惠白さん、ゴアに行くのをずっと前から楽しみにしてたじゃないですか。行くべきですよ」 と言ってくれたかもしれない。 だが私が間髪いれず 「ヨガ道場、行きます!」 と言ったものだから、恐らく何も言えなかったのだ。 宿泊施設を見た後の私は

                            スキ
                            3
                            • びっくりのインド ● 40 ● ヨガ道場へ行く - Part 2

                              アメリカに住んでいたとき私は森で迷子になりかけたことがある。 中西部と言われる地域は、「これでよく川が流れるな」 と感心するくらい真っ平らだ。 その広大な土地に無数の木が茂っているところがあって、それが 森。 カリフォルニア州だけで日本とほぼ同じ面積だから、アメリカの 『広大な』 は、日本の 市、場合によっては 県 くらいの広さである。 土地に凹凸がなく同じ種類の同じ年齢の木が高くそびえたつと、広大な森の中は昼間でも暗くて、前後左右どこを向いても全く同じ景色で自分がどこにい

                              スキ
                              3
                              • びっくりのインド ● 39 ● ヨガ道場へ行く - Part 1

                                インドの生活も残すところ 2 週間と少し。 最後の週末は、同僚たちからも 「ぜひ行くべき」 と勧められていた ゴア州 に行こうと決めていた。 インドの暮らしは楽しかったけれど、リゾート地でインド風の贅沢も味わってみたくて、ゴア・マリオット・リゾート&スパ に泊まることも決めていた。 海で泳いだ後にホテルのプールにつかりカクテルを飲みながら夕日を見たら、どんなに幸せだろう。 ホテルは、当時のレートで 1 泊 15,000 円くらいだったと思う。 2 泊 + 往復のフライト

                                スキ
                                4
                                • びっくりのインド ● 38 ● チェンナイへの出張 - Part 3

                                  「 ファーストクラスの座席を予約している 」 という上司の言葉。 しかし私は 「 この ファースト という言葉に期待しすぎてはいけない 」 と自分に言い聞かせていた。 車内に入って最初に思ったのは 「 小さい頃に乗った SL (列車) みたい! 」 だった。 違うのは、 2 人の縦座りのシートが一列に 2 つではなくて、3 人の縦座りが 2 つ、一列に 6 人座れること。 背もたれは直角。 これは非常に理にかなっている。 1 列に 6 人座って背もたれが直角なら、1 車

                                  スキ
                                  11
                                  • びっくりのインド ● 37 ● チェンナイへの出張 - Part 2

                                    チェンナイに到着! ...... した、はいいけど、空港から外へ出たら 凄まじい暑さ だった。 バンガロールの緯度は 12.97°N、一方チェンナイは 13.0°N、ほぼ同じなのに、チェンナイの暑さは、スーツを着てサウナに入ってスクワット する感じだった。 緯度から考えると、チェンナイの暑さがむしろ スタンダード で、バンガロールが非常に涼しいのだ。 この時のチェンナイは 1 月、グラフで見ると最高気温はバンガロールと変わりない。 バンガロールの 標高 (約 1,000

                                    スキ
                                    6
                                    • びっくりのインド ● 36 ● チェンナイへの出張 - Part 1

                                      インドへの滞在中に1度、日帰りの出張でチェンナイへ行った。 会社からこの話しがメールで伝えられたときの私の口から最初に出た言葉は 「 え! 無理! 」 だ。 その理由は ... (1) チェンナイまで片道 300 km (2) 往復の移動は列車 (3) 片道 6 時間 (4) 日帰り だったからだ。 直線で 300 km というと大阪から広島くらいまで、新幹線なら のぞみ で 1 時間 30 分強だから余裕で日帰り出張できる。 しかし、そこはインド。 まず自宅か

                                      スキ
                                      5
                                      • びっくりのインド ● 35 ● インドで年越し

                                        ヒンドゥー教徒が約 80 %、イスラム教徒が 15 % 弱。 そんなインドで街がクリスマスっぽくならないのは予想していた。 市場に買い物に行っても、レストランに行っても、クリスマスツリーを飾っている店は文字通り 0、いつも通りインドの音楽が流れていた。 私は日本でもクリスマスにワクワクするような年齢ではなくなっている。 たまに行く良い感じのレストランは稼ぎ時で、キッチンも店員さんも忙しくてバタバタ、特別メニューだと食べたいものが選べず、少し味も落ちる気がするので、この時期に

                                        スキ
                                        9