ジンのガンプラ研究室

日々、ガンプラの作り方や道具、作業環境について考えている暇人モデラーです。 ネットや模型誌で得られた知識を自分なりに噛み砕いて(研究して)、実践した結果を記事にしています。 これまで「ガンプラ制作代行」や、ヤフオクでの「完成品販売」なども行ってきました。

ジンのガンプラ研究室

日々、ガンプラの作り方や道具、作業環境について考えている暇人モデラーです。 ネットや模型誌で得られた知識を自分なりに噛み砕いて(研究して)、実践した結果を記事にしています。 これまで「ガンプラ制作代行」や、ヤフオクでの「完成品販売」なども行ってきました。

    マガジン

    最近の記事

    【ジャンル別】本気でオススメしたいガンプラ道具一覧【一軍編】

    「ジンのガンプラ研究室 / note」及び「ジンのファニー横丁【ふぁによこ】/ YouTube」で使用しているガンプラ工具・ツールをまとめておきます。 ここで紹介している道具は、僕がガンプラ制作で 最低でも1回は必ず使う物 のみを厳選しています。(=一軍ツール) 逆に言うと、どれか一つが欠けた時点で、自分の納得の行くガンプラを作ることが出来なくなってしまうような物ばかりです。 それくらい 自信をもって紹介できる道具のみを一覧にしている ので、ぜひあなたのガンプラ制作の参

      • つや消しキャンディ塗装で「HGUCシナンジュ」をより美しく。

        今回は、約2ヵ月間かけて作った「HGUCシナンジュ」の作品紹介となります。 「つや消し × キャンディ塗装」という、一見矛盾しているような塗装方法ですが、シナンジュのような流線形イケメン機体には非常にマッチします。 むしろ、キャンディ塗装の「派手さ?やり過ぎ感?」が少し軽減されて、その代わり「上品さ・気品」みたいなものがUPしたのではないでしょうか。(知らんけど) 「HGUCシナンジュ」の最も至難な部分と言えば、「エングレービングの塗り分け」だと思います。 今回は、エ

        • 【改修点】「SDCSシャア専用ザクⅡ」を丁寧に改修して、理想のデフォルメ形状に。

          お久しぶりです。約9か月ぶりの投稿になります。 しばらく頭の中が「YouTube」で一杯で、noteの方が疎かになってしまいました。。。 そんなことは置いといて、今回はこちらの「SDCSシャア専用ザクⅡ」を私好みの「デフォルメ」スタイルに改修 してみましたので、具体的な改修点を紹介していきたいと思います。 今後、「SDCSシャア専用ザクⅡ」を作る予定がある方は、「ふーん。」程度に読み流していただければと思います。 ■ 改修ポイントを総ざらい ↑  実際に改修した「S

          • 【2020年】今年買って良かったプラモデル道具・商品ランキングTOP10

            2020年、最後を締めくくる投稿は、「今年買って良かったプラモ商品ランキングTOP10」と題しまして、今年買った物の中で、個人的に良かったものを 厳選して10個紹介していきたいと思います。 あくまでも個人的なランキングですので、参考程度に読んでいただければと思います。 ■ 10位「軟質パーツへの塗装も怖くない」 第10位は、剥がれない塗装を実現させる「ガイアマルチプライマー」です。 以前、「HGUCグフ」のヒートロッドを塗装した際に、使用した優れもの。 こちらのプラ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • ガンプラ How to
            ジンのガンプラ研究室
          • 「MGボール ver.Ka」
            ジンのガンプラ研究室
          • 「MGシャア専用ザクⅡ ver.2.o(一番くじ)」
            ジンのガンプラ研究室
          • 「HGUCガンタンク」
            ジンのガンプラ研究室
          • 「HGUCグフ(revive)」
            ジンのガンプラ研究室

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            成型色&宇宙ウェザリング仕上げで制作する「MGボール ver.Ka」。

            今回は、「MGボール ver.Ka」を成型色を活かしたまま、宇宙ウェザリングを行って、「宇宙での戦闘後」風に仕上げていきたいと思います。 今回のMGボールの制作メニューは以下の通りです。 【制作プラン】 ・ゲート処理 ・ドライデカール貼り ・つや消しコート ・内部メカ部分塗装 ・ダメージ表現 ・各種ウェザリング ・仕上げのコート 仮組み直後は、このような状態だったボール君ですが、一体どのような変身を遂げたのか、ぜひ最後までご覧ください!! ■ 工程1.ドライデカール貼

            【実験】メラミンスポンジチッピングで細かい「塗膜剥がれ」は再現できるのか。

            今回も引き続き、「MGボール ver.Ka」の外装パーツに「宇宙ウェザリング」を施していきたいと思います。 「MGボール ver.Ka」制作を始める前に、下の記事で「宇宙での汚れ」について(割と科学的に)考察してみましたが、そこで挙げた汚れの1つである「塗膜の剥がれ」を、チッピングで再現してみたいと思います。 そこで今回は、一風変わった(?)「メラミンスポンジチッピング」に挑戦してみることにしました。 ■ メラミンスポンジとは 「メラミンスポンジ」とは何かというと、お

            【二重ウォッシング】宇宙での退色を2種類の「Mr.ウェザリングカラー」で表現。

            今回も引き続き、「MGボール ver.Ka」の外装パーツに「宇宙ウェザリング」を施していきたいと思います。 「MGボール ver.Ka」制作を始める前に、下の記事で「宇宙での汚れ」について(割と科学的に)考察してみましたが、そこで挙げた汚れの1つである「紫外線による退色」&「ほこり」を、ウォッシングで再現してみたいと思います。 「退色」と「埃」を同じ色で表現することは難しいので、それぞれ別の色を使って、2段階のウォッシングで再現していきたいと思います!! ■ 1ウォッシ

            【ダメージ表現】百均の "はんだごて" と "ライター" を使って、ガンプラの「ダメージ痕」を再現。

            さて、今回からは「MGボール ver.Ka」の外装パーツに「宇宙ウェザリング」を施していきたいと思います。 「MGボール ver.Ka」制作を始める前に、下の記事で「宇宙での汚れ」について(割と科学的に)考察してみましたが、そこで挙げた汚れの1つである「デブリ衝突痕&ダメージ痕」というものを、今回は再現してみたいと思います。 当然、ダメージ痕となると、パーツを加工(破壊?)していく必要があるので、なかなかチャレンジングな作業になりますが、初挑戦でどこまで再現できるのか非常

            【ガンプラ】「MGボール ver.Ka」の内部フレームを面相筆で部分塗装!!

            前回に引き続き「MGボール ver.Ka」の「内部メカ制作」を進めていきましょう。 前回、内部メカに「銀ドライブラシ」を施したことで、現時点ではこのような状態になっております。 このままでも、十分「メカメカしさ」は伝わってきますが、せっかく細かいディテールが造形されているので、これらのディテールを 部分塗装 して、より情報量を増やしていきたいと思います!! ■ 今回用意した塗料今回、部分塗装する色として選んだものはこちら。 【用意した塗料】 ・タミヤ エナメル塗料 フ

            【ガンプラ】「エナメル塗料 シルバー」を使ったドライブラシで「金属感」を爆上げ!!

            今回は、「MGボール ver.Ka」の精巧な内部メカの部分に、「銀ドライブラシ」を施していきたいと思います。 果たして「銀ドライブラシ」という言葉があるかどうかは謎ですが、「銀色の塗料でドライブラシをかける」という作業の略称のつもりです。 この記事では、この「銀ドライブラシ」が いかに簡単で、尚且つ非常に効果的か というのをお伝えしていければなと思います。 特に成型色活かしの際に、莫大な効果を発揮するもの ですので、MGキットの「内部フレーム」や、「武器類」をチャチャっ

            【MGガンプラ】失敗しやすい「ドライデカール」を貼ってみたら、全く段差が出なくて感動した。。。

            今回は、「MGキット」にはほぼ確実に付属してくる「ガンダムデカール(ドライデカール)」に初挑戦していきたいと思います。 なぜ、ガンプラを始めて3年が経つのにも関わらず、今まで挑戦してこなかったかと言うと、「貼るのがとても面倒くさい」という声をチラホラ耳にしていたからです。 「水転写デカール」は何度か経験しているのですが、それよりも「ドライデカール」の方が貼る作業自体は大変らしい。。。 でも、その分「仕上がり自体はとても綺麗」らしいので、今回は、「MGボール ver.Ka

            初めての「ver.Ka」にオススメの「MGボール ver.Ka」を仮組みレビュー!!

            今回から、「MGボール ver.Ka」の制作を始めていきたいと思います。 私自身、趣味として「ガンプラ」を始めてから3年が経ちますが、これまでに「ver.Ka」シリーズに手を出したことがありませんでした。 「そろそろ、『ver.Ka』バージンを卒業しなくては。」ということで、「ver.Ka」の中の入門キット(?)である「MGボール ver.Ka」から手を出すことにしました。 普段はキットのレビューなどはしないのですが、せっかくの「ver.Ka」デビューなので、今回は、「

            【ウェザリングで恥をかかないために】理論を元に「宇宙での汚れ」をリストアップしてみた。

            この度、「MGボール ver.Ka」を宇宙ウェザリングで制作していくにあたって、「宇宙ウェザリング」というものに挑戦してみることにしました。 そこで、ふと疑問になるのが、「宇宙の汚れってなんぞ?」ということ。 「宇宙ウェザリングで仕上げてみた!!」とか言う記事を堂々とネット上にアップしておいて、機体が「サビだらけ」だったら、全世界の笑いもの にされてしまうし、記事の信憑性ないしは、このnoteアカウントの信憑性がガタ落ちになってしまう。 (自己満だったら全然OKですけど

            【ガンプラ】合わせ目消しの最適解について考えてみた。

            個人的にガンプラの作業の中で、一番苦手意識のある工程の1つ「合わせ目消し」に対する自論を語っていきたいと思います。 「合わせ目消し嫌い」の筆者だからこそ、辿り着いた「合わせ目」に対する アプローチ法 や 考え方 などを紹介していきます。 今回は、雑談として語るだけなので、具体的な「やり方・How to」を紹介するわけではありません。 「アプローチ法・考え方」を一例として紹介するだけですので、パパっと読み流す程度でお願いします。 ■ ネット上でまかり通っている「タミヤ

            【ヤフオク】これまでの『ガンプラ完成品』販売実績まとめ

            この記事では、2020年8月から始めた「ガンプラ完成品のヤフオク販売」の一部実績を紹介しております。 ガンプラ作品(写真) と落札数、最終落札価格 などをまとめております。 ガンプラを始めて4年目に突入した初心者モデラーが作った作品が、どれくらいの値段で売れるのかという リアルな数字 が何となくわかると思います。 1.「HGUCサザビー」全塗装完成品(黒い三連星ver) 『作品の説明』 「HGUCサザビー」を黒い三連星仕様に全塗装した作品で、ブログで制作記を書いていた

            「HGUCガンタンク」を無塗装&砂漠ウェザリングで汚してみた!!

            今回は、「HGUCガンタンク」を成型色を活かしたまま、砂漠ウェザリングを行って、「地球での戦闘仕様」に仕上げていきたいと思います。 今回のHGUCガンタンクの制作メニューは以下の通りです。 【制作プラン】 ・ゲート処理 ・(一部)合わせ目消し ・つや消しコート ・各種ウェザリング ・仕上げのコート 仮組み直後は、このような仕上がりだったので、このキットがどのような変身を遂げるのか、ぜひ最後までご覧ください!! ■ 工程1.ウォッシング まずは、一番手っ取り早くて、簡単