見出し画像

2回結婚してわかった、「幸せな結婚」に一番大事なこと・その1

結婚してるヒトと言うのは、自分が幸せだとあまり言わないものだ。
のろけるのは、はしたないとみんな思っているのか?
でもそれを真に受けてはいけない。
結婚というのは、してみないとわからないいい事がいっぱいあるのだ。

私は一度結婚に失敗しているけれど、それでも、最初の結婚をしない方がよ良かったとは思わない。最初の結婚があったからこそ気づけたことはたくさんある。

私が2回の結婚を通じて気付いたことについて書いてみようと思う。

結婚生活が継続できない理由とは

11年続いた(こうして書いてみると長っ)前の結婚生活は、辛いことの方が多かったけれど、楽しい事だって結構あったように今は感じる。私は今でも前の夫の事が嫌いではないし、彼には幸せでいて欲しい。

んじゃなんで離婚しちゃったの?と聞かれてしまうと、そこは複雑で、ココには書けないいろんな事がある。(ちなみに嫁姑問題ではない。)

結婚相手への絶対条件とは

私は、前の夫の事を信頼していた。彼は私に一度も嘘をつかなかったし、本当に誠実なヒトだったと思っている。だからこそ、11年という長い間、結婚生活が継続したのだ。

結婚生活の基盤はまずはそこにあると思う。
「誠実であるということ」「信頼できるということ」

信頼できない人と一緒には暮らせない。結婚前に浮気を繰り返したり、ウソをついたり、金銭的にだらしないような人が、結婚後に改心してすべてが丸く収まるなんてことはあり得なんだからね。結婚したらどーにかなるなんて幻想なんだからね。

でも残念ながら、それだけでも幸せな結婚生活を続けるのは難しい。

では、「幸せな結婚生活」に必要な条件ってなんだろうか。

次回はそれについて書きます。

(どうもこの「その1」が短すぎ、物足りないようで
ここで離脱する方が多いようなんだけど
「その2」のほうが満足度が高いようなので
良かったら続きもご覧くださいませ)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

スキありがとうございます♡
15
新刊「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ぬり絵本(ダイヤモンド社)2015年コミックエッセイ(PHP研究所)出版。主なイラストのお仕事はNHK番組・新聞・書籍・広告・自治体、イラスト講師など。ひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/