mono_graphy

テイキモンスター

あたしの中には怪獣が住んでる。

一度、目を覚ますと手をつけようがない。

動きは落ち着きを欠き、体内からイガイガしたものを吐き出さないと居ても立っても居られなくって、火を吹くように言葉を発する。

すっごく自己嫌悪に陥るけど、どうにもこうにも止められない。
制御不能、とはこのことだ。

なんなの、これ。

40代を目前にして、突如あたしを襲い始めたこのモンスター化現象出、
世間では ”月経前症候

もっとみる
どうでした?楽しんで頂けたら幸いです!
2

文章は勿論のこと皆さんの投稿は見出し写真も素敵。
自分は物語りを読む前に、イメージや先入観を与えたくない、と写真は載せない代わりにタイトルにはこだわろう、とやってきました。
が、やっぱりホームで投稿が並ぶと、目がいくのは写真がある記事。
ムムム・・・

読んで頂きありがとうございます!

三日坊主らない女。

一年の最初、というのは何かと気合が入りガチ。

去年、なんて昨日なのに。

大体、年明けに決めた「今年の目標」って・・・

達成できてる?

っていうか、、、

覚えてる?

大きな目標を立てガチなんだよね、年初めって。
で、結局続かない。

のに、毎年同じことしてない?

三日坊主、
の由来がこっから来てるって話だし

あたしはそんなダサイことしない。

新しい年が始まろうが、令和最初の年始であ

もっとみる
読んで頂きありがとうございます!

年が明けても。

「何も変わらないよ」

貴方はそういったけれど、
新しい年が明けても、今年は貴方からの「おめでとう」の連絡は届かなかったし、こちらから送ることすらできなくなった。

「何も変わらないよ」

貴方はそういったけれど、
一緒に行きたいと思っていた場所には、もう出かけることはきっとないだろう。

「何も変わらないよ」

貴方はそういったけれど、
仕事や友人付き合い以外にも、私との時間を作れない理由の項目

もっとみる
またぜひ読んで頂けたらうれしいです!
4

年賀状。

新年の挨拶連絡が0時の瞬間からひっきりなしに届く・・・

なんていうのも、SNSが普及した現在では減少行動のひとつだ。
何故なら、一人一人に送らずとも挨拶投稿をしてしまえばいいのだから。

そう、けして年賀状というアナログ式が熱く復活したわけでは、ない。
こちらも、会社組織に属していなければ、年々減る一方だ。

でも、それでいい。負け惜しみではない。

なんでもかんでもデジタル化を推進するこのご時

もっとみる
またぜひ読んで頂けたらうれしいです!
3

失恋シリーズ全10話、終えました。マガジン「失恋」にまとめています!また次の物語りまでしばらくお休み。来年、再開したいと思います。

読んで頂きありがとうございます!
2

失恋

結婚当初は相手の為に「何かをしてあげたい」と思って一緒になるのに
いつの間にか「してあげている」になる。

これだけやっているのに、ありがとうの一言もない。
こんなに疲れるまで頑張ってるのに、ありがとうの一言もない。

と、見返りを求め出す。

家事育児をする、のが当たり前。
稼いで家族を養う、のが当たり前。

と、当たり前と思ってしまう認識の誤差から障じる。

・・・ことと、もうひとつ大きな要因

もっとみる
どうでした?楽しんで頂けたら幸いです!
5

一番になれない女の話。

小学生の頃って、みんな好きな子って何人もいてなかった?
で、順位つけてなかった??

あたしってその順位ですら、二番目にしか名前が上がらなかったんだよね。
複数の子の好きな子リストには入るのに、誰の一番にもなれなかった。

・・・そんなことをフト、思い出した。
きみがあたしを「二番目の女」発言するもんだからさ。

えっと、どういうことかな?
元カノじゃなくて、別れてなかったんだね。

そういえばし

もっとみる
どうでした?楽しんで頂けたら幸いです!
3

流れる

貴方のトークを非表示にした。
見えていると、メッセージを送りたくなってしまうから。

でも履歴を消す勇気はまだない。

送れなかったメッセージが、使っていないメールソフトの下書きに何通も保存されている。

このメッセージを送ったとしても、貴方の気持ちには届かない。

どこにも届くことのないこのメッセージ、わたしの気持ちは
どこに行けばいいんだろう。

消去してゴミ箱に?
簡単に出来たらどんなにいい

もっとみる
マガジン設定してる作品あります!ぜひのぞいてください!
2

彼女の好きな人

僕の彼女には好きな人がいます。

それは僕、ではありません。

付き合っているのは僕だけど、好きな人は別にいます。
彼女はそれを僕が知っていることを知りません。
気づいていないと思っているのです。

だから僕は、気づいていないふりをしています。

彼女はその好きな人と僕の間で迷っている、
のではなく、
僕は比べる対象にもなっていない。

その人を選びたくても、自分に振り向いてくれないから
僕と居る

もっとみる
読んで頂きありがとうございます!
5