WEBマーケッター

【Web系転職者必読】沈黙のWebマーケティング・ライティングの無料公開まとめ!

Web系企業に転職したい方・未経験者の方は必読の『沈黙のWebマーケティング』『沈黙のWebライティング』を紹介します。

無料で読めます。

沈黙のWebマーケティング

沈黙のWebマーケティングの書籍版はこちらから

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティングの書籍版はこちらから

もっとみる

SNSマーケティングの優しい教科書から運用力を身につける

■はじめに

直近、自社のSNSやクライアントのSNSなどの運用を実務・コンサルする機会が増えており、益々SNSの運用の需要の高さを感じます。

広告管理画面の様に、連携ツールなどを用いる事で成果が定量化できる様になっているため、1つの施策でフォロワーやエンゲージメントの高まり具合が分かります。

そのため、細かく手法を探る事でSNSのサービスもしっかりと確立できると思ったので、
今回は下記の書籍

もっとみる

「普遍的な思考」ハイパワー・マーケティングを読んで

■初めに

先日の朝にも、語れる実績という話がありましたが、打ち合わせなとで「いかに凄いやつか」を相手に見せつけるには持っている情報量も必要だと思いました。

例えば、クライアントからのマーケティング的な質問で
「少し考えます」と時間を頂くのと、間髪入れずにはまずアイデアを出すのとでは
信頼度が異なってきます。
もちろんスピードがあるからといって、アイデアを軽視する事はできませんが
質を高める事で

もっとみる

先週に引き続き、『ニューコンセプト大全』を読んで

■初めに

先週、電通に存在する電通Bチームが織り成すニューコンセプト大全を読み、アウトプットをしました。

直近、現場では成果とは離れた部分でアイデア出しが求められる場面が増えてきました。

書籍購入者への特典やSNSでの特典など、またLINEでのユーザーとのコミュニケーションの仕方など含めて、色々な部分でのアイデアが必要となっています。

今までは、広告に関してや媒体を増やす際のアイデアが求め

もっとみる

『ニューコンセプト大全』電通Bチームより

■初めに

御社のWebチームや特定のクライアントさんの
柔軟なプロモーションを任せられる機会が増えてきました。

広告以外の手法が求められる中で、アイデアの幅が狭いと感じました。

今までは限られた予算✖️広告という観点で、提案や仕事をしていたので
アイデアが凝り固まっているのかもしれません。
柔軟な提案ができるようなるべく、
下記の書籍を選定しました。

■書籍紹介

■電通Bチームとは

B

もっとみる

『BtoBマーケティング偏差値UP』を読んで

■初めに

クライアントと接していて、感じるのはどの業種や業態でも
顧客情報が整理されていないという課題です。

・自社サービス利用者
・LTV
・流入元

などなど、聞いてもわからないという経営者の方や担当者の方が殆どです。

これはもちろん改善すべきですが、ある種当たり前になっている文化に感じました。

今回の選書は、『BtoBマーケティング偏差値UP』という書籍になります。

日経企業のマー

もっとみる

『世界一楽しい決算書の読み方』を知りえて

■初めに

決算書は大抵が上場企業が発行している公的な会計データになります。

一見して、
広告やWebマーケティングとは異なる分野の様に思えますが
予算組やそもそも利益が出ているのか?
という目安を知るために、必要な情報となります。

近年、競合の提案でも決算書から入り込み、提案をするなど、レベル感が上がっており
コンサルタントは新規営業はしないまでも
決算書の最低知識は必要だと思い
本書を選定

もっとみる

株式会社ザ・リードの書籍『Web集客を考えたら必ず読む本』を読んだ

■初めに

リードマグネットと呼ばれる、リード獲得の際の特典は年々幅広い特典が用意されています。

かつてはPDFの冊子だったものが、ノウハウ動画や講座の収録、書籍など幅広く扱われています。
その中で、株式会社ザ・リードと言うプロダクトローンチを専門とするコンサルティング会社が、書籍をリードに利用していました。
通常2980円もする書籍が500円で手に入るという内容です。

Facebook広告で

もっとみる

小さい店や会社ならコンサルできる、という欺瞞

山さやです。今回は【コンサル業】について書いてみようと思います。

私はコンサル業、という仕事自体を否定する気はありませんし、

お世話になったこともあります。

しかし、店をやっている者として【あれ?】と疑問に思う事もあります。

それを今回書いてみようと思います。

小さい店ならコンサルできる、という謎の自信

ここ数年、ネイル業界にもコンサルと名のつく方が一気に増えた気がします

10年ほど

もっとみる
感謝です!
14

「起業家の様に働く」を再読してみて、、

■初めに

直近、ビジネスの立ち上げや御社のWebチームに配属された事で、起業家目線での提案などをする機会が増えました。

課題として、自分の話す内容が点と点の話になってしまう場面が多くあります。

経験を積み、様々なビジネスのコンサルができる点も重要ですが
マインド面を今一度見直し、打ち合わせなどに入る必要性を感じました。

加えて、前回のレポートなどでも都度考えている様に、御社のWebチームは

もっとみる