S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #2

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

◇全セクション版

1 ←

 本能寺へと至る大竹林には、命持たぬ青銅の鎧武者が立ち並んでいた。それらは微動だにせず、列をなし、道を作る……明智光秀を迎え入れるように。織田信長が何を望んでいるかは、直ぐに解った。「此処よりは我独りで参る。一対一のカラテよ」明智は手勢を竹林の外に待機させ、独り踏み入った。

 そのとき竹林を満たしていた張り詰めた空気の、何と心地よ

もっとみる
🍣<キャバァーン!(電子音)
36

ニンジャスレイヤーを第4部から読みはじめる/シーズン2_1「コールド・ワールド」(前)

出戻り初心者ヘッズの望月もなかです。こんばんは! 
『エリミネイト~』&『ジャングル』で気持ち的にはもうエンジンかかってきてるんですが、ここからがメインストーリーになりますね。ついに始まりました、第2シーズンです! 最新話に追いつくためにも、一気に読んでいきます……ね……。

…………

……♯4まで読んだところで残機が減りました。むり。

とりあえず読んだところまで、感想書きます。あの、あまりの

もっとみる
えへへ(っ´ω`c)
34

【オーストラリア スレイプニルのアジト:リー先生とブルーブラッド】より
#NJSLYR #ウキヨエ

【ナガシノ:アンモナイト】新たなヴィジョン

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 

◇2020年6月のスレイト

スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。

** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

もっとみる
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
87

S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】分割版 #1

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

◇全セクション版

 フクロウは空を滑った。異彩の空の下、ネザーキョウ首都ホンノウジは水を打ったように静まり返っていた。五重塔が抱える紫の火も、方々で噴く炎も、どこかしめやかだ。フクロウの視線は、都の中央、ホンノウジ・テンプル城の天守閣の上で、黒ぐろとした影が身じろぎするさまを捉える。

「ハンニャアアアア……!」オオカゲは首をもたげ、空を乱れ舞うパルスに向かっ

もっとみる
🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
31

S3第9話【タイラント・オブ・マッポーカリプス:前編】全セクション版

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ

1

 フクロウは空を滑った。異彩の空の下、ネザーキョウ首都ホンノウジは水を打ったように静まり返っていた。五重塔が抱える紫の火も、方々で噴く炎も、どこかしめやかだ。フクロウの視線は、都の中央、ホンノウジ・テンプル城の天守閣の上で、黒ぐろとした影が身じろぎするさまを捉える。

「ハンニャアアアア……!」オオカゲは首をもたげ、空を乱れ舞うパルスに向かって咆哮をあげる

もっとみる
🍣<キャバァーン!(電子音)
16

「『ニンジャスレイヤーAoM』(第4部)からの読書感想」目次

第4部「エイジ・オブ・マッポーカリプス」の感想記事まとめです。
記事数が増えてきたのでインデックス作りました! 読み返しやブックマークなどにどうぞ。(エピソードの並び順はニンジャスレイヤーWikiさんを参考にさせていただきました。ありがとうございます)

基本的には上から順に読んでいますが、再放送実況があったエピソードを遡って読むこともあります(例・『ドラゴン・ドージョー・リライズ』)。

☆がつ

もっとみる
Thank you so much :)
18

ムナミ・シマカタ年齢再考

この度ムナミ・シマカタ(ジャスティス)の年齢について再考の余地が出てきたので改めて自分用に覚書しておきます。
きっかけになったのは先日公開されたニンジャスレイヤーTRPGの記事(リンク先有料記事)

この中でジャスティスの外見年齢について、60代のノボセと比べて「一回りか二回り下」と記述されています。
つまり最低36、最高57ぐらいでしょうか。36…36!?
36まで行くと流石に「中年女性(連載版

もっとみる
どうもありがとうございます。
1

【シトカ <筋>:スーサイド】

◇総合目次 ◇初めて購読した方へ 

◇2020年6月のスレイト

スレイト・オブ・ニンジャ(ニンジャの石板)は、週に何度も映し出される、ニンジャスレイヤー世界のありふれた日常風景、あるいは謎めいた幻視です。さまざまな登場人物の営みは刻々と移り変わります。何が映し出されているか、気が向いたときに見てみましょう。

** スレイトに新たなヴィジョンが映し出された **

もっとみる
🍣🍣🍣<キャバァーン!(電子音)
134

【2019忍殺再読】「ラーン・ザ・ウェイ・オブ・コトブキ」

クミテは荒野に道を敷く

 シーズン3幕間。コトブキとマスラダのクミテの様子を切り取った掌編。対話を通じて静かに理解を深めてゆくマスラダと、それに真摯に応じるコトブキが作り出すアトモスフィア。通常、カワイイを感じさせることの多い彼らのやりとりですが、今回はどこかおごそかな気持ちにさせられます。その感覚はおそらく、自己理解を通じた致知、自我と外世界の関係性の再認知という、コトブキの語るゼンめいた境地

もっとみる