MOVIX京都

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREYの感想(ネタバレあり)

MOVIX京都で観た。MOVIXデイ+金曜祝日でも半分くらいしか埋まって無かった、、、コロナ。

スーサイド・スクワッドの続編。
みんな酷いアメコミ映画といえばスースクを苛めるが僕は擁護派。
確かに話はめちゃくちゃだがデヴィッド・エアー監督お得意のタフなアウトロー描写は悪くないし、キャラクターが生き生きしてたし、そんなみんな親の仇みたいに悪く言わなくていいじゃんと思っている。

そして間違いなくマ

もっとみる

黒い司法0%からの奇跡の感想(ネタバレあり)

MOVIX京都で鑑賞。コロナウィルスの影響で映画館への客足も減るんじゃないかと思っていたけど結構入っていた印象。

圧倒的なテーマの正しさ、役者のチョイス、予告でも分かる演出の素晴らしさ、観る前から「そりゃいいでしょ」というのは分かっていたけど、それにしたって大傑作だと思った。

当たり前だけど人権を無視して問答無用で、死刑囚にされてしまう人たちの心の痛みに観ながら歯がギリギリしてしまうし、これが

もっとみる

グッドライアー偽りのゲームの感想(ネタバレあり)

ここ最近風邪が酷くて全く映画の感想を書ける状態じゃなかったのだけど、3日程会社休んでやっと調子が戻ってきた、という更新遅い言い訳。

MOVIX京都で鑑賞。なかなか混んでた。

ビル・コンドン監督最新作。

それまであんまり観たことなかったけど、今回と同じく主演イアン・マッケランとのコンビでの「Mr.ホームズ名探偵最後の事件」がとても好きで注目監督になった。

Mr.ホームズは原作と全く違うラスト

もっとみる

ひつじのショーン UFOフィーバー!の感想(ネタバレあり)

MOVIX京都で鑑賞。予告前の恋するシロクマのアニメ、あれで得してる人っているの?

ひつじのショーンシリーズは全く未見だし、前作のバック・トゥ・ザ・ホームも観れてないけどとても楽しめたし、まさかラストで落涙してしまうとは思わなかった。

とにかく冒頭からのギャグのぶち込み具合から最高。
特にスーパーマーケットのくだりがくだらなさ過ぎて大好き。何も見てない警備員、ピザカッター、ゲップ衝撃波等。

もっとみる

家族を想うときの感想(ネタバレあり)

MOVIX京都で鑑賞。

ケンローチ監督作品。
「私はダニエルブレイク」から引き続き全く甘くないラストに作品に込めた怒りを感じる。現実に救いが無いんだから映画で安易な救いなんて描ける訳がない、という真摯な姿勢で撮られた作品。

相変わらずそこで生きている生身の人間の痛みとして物語を描いていく手腕が流石。
今回もこういう家族本当にいっぱい居るんだろうなという説得力が凄まじい。

冒頭の運送会社の面

もっとみる

ガリーボーイの感想(ネタバレあり)

MOVIX京都で鑑賞。そこそこ混んでた。ヒロインが暴力をふるう度、笑いが起こるいい環境だった。

主人公は確かに貧乏な環境にはいるのだけど、女にはモテるし、なんとか大学にも行けてるし、おじさんに仕事を紹介してもらえるつてもあるので、正直そこまでドン底の生活ではない。貧しいけどなんとか生きてはいけるという状況。
ただその「生きてるだけでいいのか?」という所にこそフォーカスしているのが「クリード」とか

もっとみる

アナベル 死霊博物館の感想(ネタバレあり)

MOVIX京都で観賞。アナベル人形と一緒に鑑賞イベントの回だったのに全く気がつかなかった。後から知ったけど斜め前の席にいたらしい。

死霊館ユニバース最新作にして、アナベルシリーズ3作目。

個人的には2作目の「アナベル死霊人形の誕生」が死霊館ユニバースの中でも1番怖い映画だった。
「ライト・オフ」から引き続きデヴィッド・F・サンドバーグの闇そのものが怖く感じる様な演出が見事、特に怖いのは車椅子の

もっとみる