HERALBONY

【Interview】150もの色彩で世界を構築する。ギャラリーの開幕を飾った木村全彦の制作背…

去る4月26日、ヘラルボニーの岩手本社に新たに、障害のあるアーティストの作品を披露する「HERALBONY ART GALLERY」が誕生した。 クラウドファンディングを通して、オープンを支えて下さった全ての方に、この場で改めて感謝申し上げます。 そんな記念すべきギャラリーの幕開けを飾ったのは、京都府に…

人と春のあわい

ある文献に心ひかれた「仕事」として絵を描くとは、どうゆうことか。セザンヌの言葉によると「感覚を実現すること」。彼が強い意志をもって、ものを見ようとすればするほど、ものの方が、彼をじっと見つめる。 その場その場の自然から流れ込んでくる「もの」。そして、立ち顕れてくる彼自身の「こころ…

「型抜き」のない世界

こんにちは!ヘラルボニーの深澤です。 連日、多くの方から暖かい言葉を頂き、おかげさまでクラウドファンティングはラストスパートとなりました。 本当に、ありがとうございます!! 僭越ながら、この場をお借りして「HERALBONY GALLERY」に対する思いを綴らせていただきます。 昨年入社してから約1…

三井不動産と福祉実験ユニットヘラルボニーの、子どもたちにダイバーシティ体験を提供す…

2021年4月18日(日)ヘラルボニーは、三井不動産株式会社 協力のもと、ポップアップショップを開催中のダイバーシティ東京 プラザにて、子どもたちと靴を彩るワークショップを開催しました。 ワークショップの開催は2019年12月の「まちといろのワークショップ」以来。 参加してくださった皆さまから…

地方都市・岩手盛岡に、強烈な異彩を。「HERALBONY GALLERY」誕生。

なぜヘラルボニーは、岩手本社にこだわるのでしょうか。 なぜ東京ではなく盛岡にギャラリーを構えるのでしょうか。 ヘラルボニーがキュレーションするアートには、思想が詰まっている。その思想は、東北を超える、東京を超える、それは、世界に浸透していく。障害のある作家の美意識を、「岩手目線」…

ヘラルボニーニュース| 2021 March

ヘラルボニーマガジンでは、月毎のニュースをピックアップして発信しています。今月号では、2021年3月にヘラルボニーが会社として、ブランドとしてどんなアクションを起こしてきたのかをまとめました! ヘラルボニー(コーポレート&クライアントワーク) Contents 01|東急アクセラレーションプログ…

acceptions×HERALBONYの限定アイテムがオンラインストアにて予約販…

HERALBONYは、5月9日(日)まで、 ダイバーシティ東京 プラザにて期間限定ストアを開催しております。 そこで「世界ダウン症の日」にあわせ、NPO法人アクセプションズとのコラボレーションにより実現した、ダウン症のある作家、谷田可也之氏の描く作品を使用したART T-SHIRT・ART MASKを販売しており…

きっとまた転ぶけど、たぶんなんとかなる。

はじめまして!! 昨年から岩手でインターンをしています、 遠藤 美沙稀(Misaki )と申します! インターンではいつも大きな声で笑っているので 周りからは「笑いのツボが浅いね」なんて言われることが多いです。笑 そんなわたしですが、いつもより少しだけ真面目に、 ヘラルボニーのメンバーとして、…

ヘラルボニーニュース| 2021 Jan.& Feb.

追い風が吹くときこそ、一度立ち止まり、歩んできた道を振り返る。 ヘラルボニーが誕生してから、必死に駆け抜けてきた約2年と9ヶ月。怒涛の日々のなか、多くの人たちに支えていただきながら、全国、そして世界を舞台に、たくさんのフィールドで挑戦することができています。 2021年に突入してから…

"異彩を、放て。" ヘラルボニーって?

こんにちは、Risaです😄そろそろ春めいてきましたね〜 今回は、各所で話題の株式会社ヘラルボニーさんについて、勝手に紹介しちゃいます!勝手に...と言いつつ、先日代表の松田崇弥さんのトークイベントに参加、またPOPUPストア@銀座に行ってきたので、その感想をお伝えしたいと思います。 (写真:…