BMIA

大都市という発明の終焉

5月、7月と東京の転出超過が見られたという発表がありました。

総務省の住民基本台帳人口移動報告によると、7月の東京都への転入者は2万8735人となり前年同月から4203人減った。転出者は前年同月より482人少ない3万1257人だった。転入者の減少が大きく、5月に続き7月も転出超過となった。(日本経済新聞 2020/8/28) 

2017年のメルマガにて、『人の持つ相互接続という特性が 循環から

もっとみる
スキありがとうございます!
2

プロから学ぶ「はじめてのサービスデザイン」開催報告

文責:岡田明穂

2020年8月18日、(株)コンセント サービスデザイナー赤羽太郎さん講師にて、『プロから学ぶ「はじめてのサービスデザイン」』がONLINE(Zoom)にて開催されました。

実は私(岡田)は以前からの隠れファン、昨年のFORTHイノベーション・メソッド公認ファシリテーター養成講座をご縁に、今年3月には赤羽さんがご登壇されるワークショップも受講しました。

BMIA応用講座でもカ

もっとみる
スキありがとうございます!
2

THE INNOVATION MAZEとは

グローバル化は、変化のスピードと、競争の激化を生み出しました。イノベーションと無縁でいられる組織はひとつもありません。

しかし、多くの企業では効率化の為に組織は設計され、社員の稼働管理も15分刻みで隣の同僚と話も出来ないような過剰管理、そして2020年のコロナ禍によりリモートワークが広がり創造的対話の機会は激減しました。
そんな風土や状況になってしまった企業で、

経営者は突然言ってきます。

もっとみる
スキありがとうございます!
7

毎日の生活の中にある与贈としての『食事』

ギフモ株式会社
パナソニック アプライアンス社の企業内アクセラレーターとして、「未来の『カデン』をカタチにする」をビジョンに据えて活動しているGame Changer Catapultから生まれたギフモという会社が作ったデリソフターという調理器具があります。

何をする機械かというと、食べ物を自動調理で柔らかくする機能があります。病気や高齢により食べ物の飲み込みが弱くなった方向けの製品です。

もっとみる
スキありがとうございます!
2

バリュー・プロポジション・キャンバスについて

ビジネスモデルイノベーション協会でビジネスモデル・キャンバスと共にお伝えしているバリュー・プロポジション・キャンバスについてご紹介します。

バリュー・プロポジション・キャンバスは、ビジネスモデル・キャンバスの9つのブロックの中のバリュー・プロポジションとカスタマーセグメントを抜き出したツールです。

使い方は、こちらの動画を見て頂くと概要がつかめるかと思います。
バリュー・プロポジションキャンバ

もっとみる
スキありがとうございます!
4

コロナ禍で世界がゆっくりと変化している時にこそ

同じことを繰り返し
違う結果を期待することを「狂気」という。
ーーアインシュタイン

コロナ禍により私たちの働き方、生活スタイルは大きく変わりました。

実際のところ私自身は普通に毎日出勤しており、生活スタイルは通っていたジムが一時休業していたこともあって、キッチンでビリーズブートキャンプに変わりました。食事はボディビルダーの減量食レシピ、シャイニー薊のマグマ、セメント。名前がユニークですがマグマ

もっとみる
スキありがとうございます!
2

ビジネスモデルオリンピア2019に参加した感想

2月10日、BMIA主催のビジネスモデルオリンピア2019に参加しました。

BMIAとは、”一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会”のことで、虫の目(バリュープロポジションキャンバス)・鳥の目(ビジネスモデルキャンバス)・魚の目(シナリオプランニング)等のビジネスをサポートするメソッドを普及させる活動をしている団体です。

今回のビジネスモデルオリンピア2019は、『進化するアーキタイプ・

もっとみる
嬉しいです。
2

療法士が何か新しいことを始める前に確認しておきたい、価値創造の視点

~コメダの事例を参考に、Value Proposition Canvasを活用して考える~

私はいわゆるよくいる療法士の類で、専門分野を持ち、頭のカターイ人間なのですが、

こういったツールをきっかけに、自分の視野を広げ、今まで取り組むとは想像もできなかった状況で、今様々仕事をさせていただいてます。

今日は、新しいことを考えるときに大事にしているポイントや提案する前に考えて行くようにしている、

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。とても嬉しいです!
8

療法士のためのビジネスモデルキャンバスの使い方

ビジネスモデルキャンバスは、アレックス・オスターワルダー博士によって開発された思考フレームワークです。

1枚のキャンバスの中に、ビジネスモデルを考える際に必要となる9つの要素が詰まっているため、事業を実現するための課題を明確にするとともに、検討の抜け漏れを防ぐことが出来ます。

活用方法は今後少しずつアップしていきますが、結構無限大です。

business-model-canvas :出典

もっとみる
(^ ^)ありがとうございます!
9

『1日に必要なカロリー計算について』

まず【肥満指数(BMI)】と【適正なエネルギー量】について算出します。

◆肥満指数(BMI)=現在の体重(kg)/身長(m)/身長(m)

 ○現在の身長が175.0cm、体重が75.0kgとすると、

  BMI=75.0kg/1.750m/1.750m≒24.4

  [判定]18.5未満:低体重、18.5~25未満:普通体重、25以上:肥満

◆適正なエネルギー量の食事=標準体重(kg)×

もっとみる