野草食日記

野草食日記 224 秋、休日の朝食

今朝は少し冷え込んだので、ポーチドエッグと野菜のスープを作りました。
最近、北鎌倉にオーガニックの八百屋さんが時々来てくれるようになり、そこで購入したカブとニンジンを使っています。

まだまだ安泰というわけではないんですが、ほんの少しだけ生活にゆとりが出てきました。
自分で料理をすれば、それなりに美味しい食事を作ることはできます。
それでもやはり一般の八百屋さんで買う野菜には深みがなくて、そこに満

もっとみる

トネリコの鍵——ピクルス

5月の終わり頃、私は首が痛くなるくらい上をむいて歩いていた。トネリコをさがしていたのだ。

何度も聞いたことのある名前なのに、トネリコがどんな木でどんな葉をもっているのか、私は知らなかった。英語で言えばAsh。その若い実を、私は探していた。

今までみたことのない木を探し、葉を確認し、その若い実を食べるのはなかなか勇気のいることだ。多くの植物は身を守るために毒や薬効を持っているし、ましてや、私はこ

もっとみる
ありがとうございます。シェアしていただけると天にも登る気持ちです。
14

野草食日記 223 うどの実を見つけた

10月開催の野草ウォーキングのテーマは「ベニバナボロギク」です。
昨年教えてもらったベニバナボロギクの群生スポットに行ってみると、何故か一本も生えていません。何故??

里山保全会で作業の際に理由を聞いてみました。
すると、今年はコロナウィルスでそこの草刈りができなかったので、ベニバナボロギクが成長出来なかったとのこと。

うわぁ、どうしよう・・・少しばかり焦りました。
でも心持ち余裕があるのは、

もっとみる
嬉しいです♡
6

野草食日記 225 ダンドボロギクと牛肉の黒胡椒ペースト炒め

先週、ベニバナボロギクの群生している場所に行ってみると、ベニバナボロギクに似た花で白いのが咲いていました。

ベニバナボロギクより葉の厚みが薄く、幅も細めです。
ダンドボロギクです!

ちなみに下の写真がベニバナボロギクの花。

そして葉っぱはこんな感じに幅広です。
葉脈は少し紫がかっています。
去年、ベニバナボロギクが庭に生えてきた時の記事です。

山菜の検定試験では「ボロギク」として一緒に覚え

もっとみる
Thank you!
4

野草食日記 222 小鯛の柚香漬け

夫は魚屋で目利きをするのが好きな人です。
大船だと鈴木水産。
藤沢では南口名店ビルの中にある魚つる、北口はふじやす。
逗子では魚佐次とかも気に入っています。

この前仕事帰りに魚を頼んだら魚つるに寄って、小鯛が5枚で安かったと持ち帰ってきました。

1日では食べられない量。
初日は2枚を煮付けに。
残りの3枚は軽く塩を振って魚焼きグリルで焼いて、擦り下ろした青柚子の皮を入れた三杯酢に漬けておきまし

もっとみる

野草食日記221 茗荷のレモンシロップ煮

鎌倉駅は、横須賀線と江ノ島電鉄の2線の乗り入れ駅です。
東急線沿線でもないのに駅前になぜか東急ストアがあり、その食料品売り場に定期的に東急沿線の情報誌「SALUS」が置かれています。
東急沿線ってお洒落な街が結構多いですよね。
ですから情報誌も垢抜けています。

SALUS、読み方は「サルース」というらしい。
ラテン語で「あいさつ」を意味し、人々が出会い、行き交う場 (駅) を象徴しているのだそう

もっとみる

野草食日記 220 茗荷のお浸し

スーパーでは3つで150円位で売っている茗荷ですが、働いているお茶室にはそれはそれは大きな群生があるため、季節になると葉の陰から沢山の茗荷がぴょこぴょこ顔を出します。

以前は買ってきたものを薬味として少しづつ使うのが当たり前でした。
でも今は、7月の後半から暫くの間、庭の手入れの副産物としてたっぷり採れる茗荷をいかにして食べるかに頭を使うようになりました。

昨年、母にその話をしたら、「茗荷はお

もっとみる
サンキュー☆
7

野草食日記 218 プレゼント企画のくさぎなを明日発送します

 
 先日の投稿でお知らせしたフェイスブックグループのプレゼント企画。
非常にニッチな品物だったせいか、あまりお申し込みがなかったのですが (笑)、それでも、予定数の3名に名乗りをあげてくださった方がいましたので、今日レシピのコピーや発送用梱包材の購入やらを済ませ、明日発送の手筈を整えました。

近々お手元に届くと思います。
是非作って味わっていただけると嬉しいです。
そして、作った料理の投稿もお

もっとみる
素敵な出来事がありますように!
1

野草食日記 216 乾燥くさぎなのレシピ3種

お取り寄せした乾燥くさぎなを使ったレシピを考案してみました。

くさぎなかけ飯、くさぎなのナムル、くさぎなと大豆の炒め煮の3種です。

7月の下旬の我が家のクサギの木は白い蕾でいっぱいです。

くさぎな

シソ科の落葉高木「クサギ (臭木) 」の若葉を茹でて、乾燥させたものが「くさぎな」です。
山陰、四国、奄美を含む九州地方では古くから山菜として食べられていました。
茹でてアク抜きをしたものをその

もっとみる
嬉しいです♡
2

野草食日記 215 ラセイタソウが根付いた!

6月に鎌倉の海寄りの町で行われた野草観察会。
雨降りでちゃんとした写真が撮れなかったことと、なな艸の会準備のため投稿するタイミングをはずしていてようやく今頃。

観察会の日は残念なことに雨降りで、急遽座学で近くで採った葉を室内で観察、そのあと海辺に出て実際生えているところを見に行きました。

観察会でいただいた手作り梅ゼリー。野草をのせて飾り付けしました。

私は鎌倉でも山側に住んでいますが、生態

もっとみる