でも、遠距離なんだ

でも、遠距離なんだ

Kくんとビジネス始めたけど、 近くに住んでいる訳じゃないの。 県も違う。 だからビジネスは、オンラインで 準備を進めた。 LINEのやり取りも ほぼ毎日、 ビジネスの話で 私的な話ではないけど、 本当に毎日が 夢のようだったな。 他の何よりも Kくんとのビジネスの準備を 優先してた。 でもKくんは きっと私の気持ちに気付いてない。 いや、気付いたとしても Kくんには、 何の気もないんだ。 単にとりあえず仕事をしてくれる ていのいいおばさんくらいに 思っていたの

スキ
2
会えない人のことを考える時の、なんとも言えない気持ちについて

会えない人のことを考える時の、なんとも言えない気持ちについて

ここ数日間のうちに、会うことができなくなってしまった人が3人もいる。 正直、そのことをまだ心の中でどう処理したらいいかわかっていない。なんと表現したらいいのかわからない気持ちを、そのまま放置している。 それは、やらなきゃいけないことを先延ばしにしている感覚と少し似ているのかもしれない。常に心のどこかでひっかかっていて、思い出して手に取ってみると、悲しいような、虚無感のようなものが襲ってくる。しかもそれは3層にも重なっていて、やっぱり処理できない、一旦置いておこう、というの

スキ
2
【ぼちぼち往復書簡】遠距離恋愛今昔とAirPods Pro清水買い From ようこ

【ぼちぼち往復書簡】遠距離恋愛今昔とAirPods Pro清水買い From ようこ

すみちゃん、今週は祝日があったからかあっという間に金曜日。今週もお疲れ様でした! すみちゃんのNovioさんのCM観たよ!かっこいい!渋くて素敵。スペイン語が分からなくても何のCMか分かるフシギ。関節の痛みは世界共通なのね。 すみちゃんとNovioさん、地球の言ってみれば反対側という遠距離でも、つながってる感じが良いね。画面を通してでも気軽に連絡が取りあえるインターネットってすごいよね。ネット以前と以降では遠距離恋愛でも感じる距離感って全く変わったんだろうなぁ。 我が家

スキ
3
初めまして。

初めまして。

初めまして。わたしは助産師として日々奮闘しています。まだまだ分からないことも多く、日々緊張感を持ちながら、やりがいを持って働いています。 noteでは友達や家族には恥ずかしくて話せない恋心を書こうと思いはじめました。 InstagramやTwitterなどしておらず、友達からは消息不明と言われる今どきの感じには疎いわたしです。 そして、こんなわたしですが、新しい恋を始めようと今流行りのマッチングアプリを始めたのです。 そして思わぬ速さで、新しい彼ができたのです。 自

スキ
3
結婚とは…

結婚とは…

先日、3ヵ月の休職が決定し、精神的に かなり落ち着いた日々を過ごしている。 それと同時に、結婚について考えるようになった。 母に結婚したいと思っていることなど話をした。 自分のために頑張ることはもうできない。 自分の家族をもって、自分の家族のために頑張りたい。 誰かのために頑張るパワーの方が強いことは分かっているから。 母は、すごく分かってくれているように感じた。 年齢も年齢だし、反対することはない。と言ってくれた。 ただ家族のそばを離れることをとても心配し

スキ
4
生活は変わる。(遠距離恋愛とやらがはじまることについて)

生活は変わる。(遠距離恋愛とやらがはじまることについて)

「生活は続く」と言われますが、人生まあまあ生きていると、計画的に、もしくは受動的に、いきなりスコンと生活が変わることもある。 私はというと、半年ほど前に勤めていた会社を退職し、田舎にしては栄えている方の街に移り住み、新しい仕事をしている。(これは自分で計画した変化。) 東京に比べて刺激の少なさを感じるときもあるけれど、もともとどインドア&このご時世で外に出かけなくとも誰にも何も言われないし、むしろ若干称賛されるくらいな感じなので、生きやすい世の中だなあと、部屋にプロジェク

スキ
4
別れ話 頭の整理⑥

別れ話 頭の整理⑥

昨日、 別れ話 頭の整理⑤ 終わりの気づき…。 原因は全て自分だった。 * 私は数ヶ月前から両学長(YouTuber)のチャンネルでお金の勉強をしている。学長の人生論に「原因自分論」と言うのがある。 ご存知ない方は是非見てほしい↓ これを見て、20代中盤くらい(前職時代)に私はこのことに気づいていて、思うようにいかない状況やなかなか上手く動いてくれない部下に対して、この 原因自分論 を軸に日々奮闘していた。 のだが、、、。 あれ?実家に帰ってきて、甘えられる

こんな夜更けにバナナかよ

こんな夜更けにバナナかよ

木曜日だけ祝日で会社休みかー。 火曜水曜はたらいて、1日休んで、金曜はたらくんかーーー。 って感じで、祝日を迎えました。 偶然目にとまった「こんな夜更けにバナナかよ」という映画を見ました。 ALS(筋肉が硬く、弱くなり、介護が必要になる病気とのこと)の主人公 鹿野さんが、12歳で診断され、余命は20歳までと言われ、倍以上の42歳まで生きた物語。 入院生活が特に嫌いで、何かに縛られず自立生活を貫き、必要不可欠な周囲の介護ボランティアともぶつかる。なかに医学部生とその彼

スキ
3
3年目の記念日にふられた話2

3年目の記念日にふられた話2

記念日に衝撃の別れ話 正直、めちゃくちゃ、滅茶苦茶面喰いました・・。 私は先日打ったワクチンの話でもして、お互い2回接種したら会えるかななんて軽く会う約束に取り付けたら御の字くらいと思っていたのに重過ぎる先制パンチ。 電話、かけてみたけどもメッセージは見なかったことにして全く関係話をするか・・。 電話にでた彼の声を聞いたらいろいろな思考は飛んで「どうしたの?」としか言えなかった。 その時点でもう泣きそうだったし、現にこの文章を打ちながら泣いている。こんな惨めなアラサ

スキ
2
別れ話 頭の整理⑤

別れ話 頭の整理⑤

昨日のLINEは未読のまま。 まぁ日付超えたらくるかな? とは思うけど、期待はしてない。 今日は少し気分を変えて、頭を使ってみようと思う。 彼は、経営者だ。しかも、ある業界に新風を吹き込もうと目論む、新参者である。 私は彼と出会った時から、彼の野望について非常に興味を持った。今まで出会ったことのないタイプの人で、変わり者なところも私の好奇心をガンガン刺激した。 …面白い! しかし、そんな相手に対して、当時の私は思ったこと、言いたいことを遠慮なくズバズバ言っていた。

スキ
3