+7

MakeShop無料体験と会員登録の手順 フリープランはある? 通常15日が当ページ経由で20日間無料!GMOのネットショップを体験したい方は必見!

ネットショップ・サービス MakeShop(メイクショップ)の無料体験や会員登録の手順はどうすればいいのか?また、フリープランはあるのか? そこで、当記事では9年連続流通額No.1であるMakeShop無料体験や、フリープランについてまとめました。 GMOグループのネットショップを体験したい方は必見です! ※通常、MakeShop公式サイトからお申し込みすると、無料体験が15日ですが、当ページのURL経由で20日間無料となります。 > MakeShop公式パンフレット

スキ
2

EC参入におすすめの補助事業とは?ECマーケティング支援事業を活用してモール出品しよう!

補助金ポータル編集部です。 コロナの感染拡大で私たちは様々な行動制限を受けて、少し前まで当たり前だったことが当たり前ではなくなり、新しい生活様式やこれまでになかった価値観が登場しました。 たとえば、買い物は、これまで店舗で品物を見ながら購入することは当たり前で、何の問題もありませんでしたが、コロナ禍では、外出自粛や接触を避ける必要性から、店舗ではなくオンラインでショッピングすることが当たり前になりました。 一度進んだオンライン化が、コロナ後にあえて後戻りするとは考えにく

ワクチン摂取に見る日本と中国の違い

探検隊メンバーの1人が新型コロナウイルスのワクチンを中国で2回、日本でも2回打ちました。中国と日本の両方で打った方は少ない中で、彼はその違いから日本のワクチン接種のプロセスは非常に非効率であり、税金の無駄使いとも言えるのではないかと問題提起をしています。日本のメディアにおける中国関連のニュースについては偏ったものが多く、ワクチンに関する過去の報道でも事実と異なる部分が放送されるということがありました。本記事では彼が経験した事実とそこから感じたものからその本質を掘り下げ、日本の

スキ
3
+6

【REPORT】2021年独身の日「ロレアル価格差事件」に見る“ブランドのTOPライバーへの向き合い方”の変化

こんにちは!中国マーケティングカンパニーのaland/エーランドです。 2021年の「独身の日セール(W11)」が終了しました。報道ではこれまでの“拡大一辺倒”からの変化が大きく取り上げられていますね。一方で、今回のW11からは中国マーケティングの大きな変化の萌芽が見て取れます。 騒ぎが続くロレアル価格差事件特に、独身の日セールの期間中にネットを賑わせたのが「ロレアルの価格差事件」です。事件の内容についてはUnbot様が作成された下記の記事が詳しいのでぜひご覧いただければ

スキ
1
+5

悪魔的レザークラフト「もうひとひねり」

こんちは。 妻に贈るサコッシュ作成。 結婚8年目のお祝いと感謝を込めて 前からいうてたサコッシュを作って渡そうと 模索中ぞな。 一枚そのままを 折り返して作ろうと思います。 革の折り返し、これが一苦労なんですが・・・ 真ん中のへこみは底マチ仕様として 考えています。 トレーシングペーパー。 これを使って革の生地に直接描いていきます。 重しを乗せて ズレないように描きます。 というわけでこんな感じ。 これは 「七宝」という和柄の一つです。 どうでしょう? ボクは気

スキ
21
+1

海外からお取り寄せしたことある?

こんにちは。すみこです。 皆さんは海外からお取り寄せしたことありますか?  日本では海外商品を個人が直接海外のWEBサイトで購入することに躊躇する人が多いではないでしょうか。ではなぜ多くの日本人は購入を躊躇するのでしょうか? それはズバリ、購入したことがないからです。人は経験したことがないことに不安を抱きます。あえて海外サイトから購入せずとも日本で手に入れることが出来るではないか、絶対に購入すべき商材か、わざわざ海外のサイトで購入しなくても代替え品があるのではないかと考

スキ
1
+7

13年目のW11-逆風に立ち向かう中国Eコマース大型キャンペーンの今を語る-後編

中国ないし世界最大なECキャンペーン「W11」。今年は、「W11不要論」「W11マンネリ論」が蔓延し、「反消費主義」の波に大きく叩かれ、様々な逆風が起きている一方、「米中貿易戦」の国際的な背景における中国では、W11による国内消費への刺激も欠かせるものではないというジレンマ。その実態を語ります。 ■注目すべきポイント③:データ&コンテンツマーケティング ここ数年ネット人口の横ばいとなり、人口増加のボーナスがなくなった今の中国のインターネットでは、熾烈なトラフィック争いで勝

+6

13年目のW11-逆風に立ち向かう中国Eコマース大型キャンペーンの今を語る-前編

中国ないし世界最大なECキャンペーン「W11」。今年は、「W11不要論」「W11マンネリ論」が蔓延し、「反消費主義」の波に大きく叩かれ、様々な逆風が起きている一方、「米中貿易戦」の国際的な背景における中国では、W11による国内消費への刺激も欠かせるものではないというジレンマ。その実態を語ります。 ■はじめに・2021年W11の数字ハイライト <アリババ社> ・累計GMV5,403億元(約9.6兆円) 前年比8%増 ・開始1時間で、2600のブランドが去年1日の売上額を達成

中国人ビジネスマンはなぜ名刺を交換しないのか

2000年代の中国、WTO加盟後の急成長の時代を現地で過ごした方なら懐かしく思い出されるかもしれませんが、中国人は名刺交換をあまりしません。その傾向は経済成長により大都市を中心として海外資本が入ってくるに従って一旦は薄れ、名刺を当たり前のように持つ人が増えましたがここ最近は再び名刺を交換しない人が増えているようです。 背景にはWeChatなどのツールが普及したことなどインターネット技術によるところもありますが、根底には中国人のビジネス、プライベートにおける人と組織についての

スキ
3

【2021年越境EC -中国編】

日本のEC市場は飽和状態。 まさにレドオーシャンと言っていいほど。 限られた牌を取りに行くのか、先を考え海外に目を向けるのか。流行病の影響もあり、時代の転換期に突入している最中、どう動けばいいのか。 どうも、こんにちは。 すぱいす太郎です。 今回は、中国の越境ECについて解説します。 本記事は ・興味はあるけど、よくわからない人 ・展開しているが、うまくいかない人 ・費用面で悩んでる人 そんな方々に是非読んでほしい内容です。 <目次> ◆中国EC市場と越境E

有料
500