警備業

KBI48は変わります。

突然ですがKBI48はなくなります。

から

に変わります。
元々この上記のロゴは開業した時用に用意していたものです。(ワッペンまで作成済)
でもやはりKBIは仲間と作ったもの。
だから仲間との交流の証なのでこちらで使う事にしました。

何故KBI48からKBIに変えるのか?

今までも僕は真剣でしたがKBI48には少し遊び心がありました。
それもあってかで僕が思っている事と違う解釈をされている

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
8

決断

決断しないといけない時が来た。
今週末には結論を出さないといけない。
自分の目標にブレはない。

ただこの目標を達成させる為の最適な手段を選ばないといけない。
3パターンからの選択。
この週末は死ぬ程悩むと思います。

もしかしたら僕の選択は僕に期待している方からしたらその期待とは違う選択になるかもしれません。

ただ僕は最高の警備会社を創る。
この目標は達成させます。
この週末にする決断はその為

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
6

KBI48が仕掛ける警備業界の地位向上戦略 【5】

警備業界の地位向上を共に目指している隊員さん。給与を上げる1番手っ取り早く上げる方法は内勤になる事。そして中から変えて行く事で環境を変える事です。
余程大きな警備会社でない限り内勤への道はそこまで難しい事ではありません。
大変なのは内勤(管制)になってからだと思います。

隊員から管制になった場合

隊員出身の管制の方多数いると思います。(自分の場合管制からスタート)
先ずはメリットから
隊員から

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
7

ネガティブは悪い事か?

はっきり言います。
僕はネガティブ思考です。
ネガティブに考える事から始めます。

例えば僕は子供の頃なりたかったスポーツ選手になりたいと思った時、自分では無理だと思いました。何せ足りないものばかりなので。
そして僕は徹底的にネガティブな部分を洗い出し1つ1つ潰していきました。
高校時代スポーツ科にいた事もありみんなスタートはスポーツで就職、進学と思う人間の集まりでした。
周りはみんなポジティブ。

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
8

2号指導教育責任者受かりました

かねてから今年指導教絶対取ります!と言っていましたが無事宣言通り受かりました。
正直指導教取った方から言わせるとさほど難しい試験ではないのかもしれません。
でも恥ずかしながらめちゃくちゃプレッシャーありました。
先ず皆様からの僕なら絶対大丈夫だよ!と言う声。
自分から周りに絶対取りますよ!って言って回った事。
そして常に僕はSNSで警備業界を変えると言ってきていた事。
それでこんな所でつまづいてい

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
8

変えたいなら自分から!

KBI48の理念の中に先ず自らが率先垂範というのがあります。これはKBI48だけに関わらず世の中の事ほとんどに当てはまるのではないかと思います。

不平不満はあると思います。
ただ何もせずに不平不満を言って何か解決した事がありますか?
よくたまには愚痴らなきゃみたいに言う方もいますがただ愚痴るだけで気が晴れましたか?
僕は晴れるわけないと思います。
何故なら問題が解決していないから。
何故解決しな

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
10

ぴっしーの盆休み

今年のお盆休みは珍しく5日間とまとまった休みを取れる事になりました。(コロナの影響も有)
だいぶ身体も疲れ、またリフレッシュも中々最近出来ていなかったので丁度良かったです。
そしてこの休みを使い僕はある方に会いにはるばる福岡に行きました。
警備業で尊敬する株式会社ASPの代表宮本さんです。
宮本さんとはInstagramで知り合いました。
SNSで交流する中で宮本さんの理念等に共感し絶対に1度お会

もっとみる
スキありがとうございます(^∀^)ゞ
6

お金持ち

こんにちは誘導員です。

今回はこんな話前にしたかもしれませんが
お金持ちについて話して行こうと思います。

私は子供の時はお金持ちと言うのは
なんだかおっかない感じに思ってました。

それはなぜかと言うとお金持ち=悪い事している
という先入観がありました。

それは子供の時に見ていたアニメや映画の中で
お金持ちで悪いキャラクターが沢山いました。

なのでお金持ちは怖いものと思って生きてきました。

もっとみる

私の失敗談

こんにちは誘導員です。
前回の記事、だいぶ意見が分かれたと思います。
大丈夫です。私はどちらの意見も分かります。
まだ読まれてない方がいれば是非読んでみてください

私の失敗談 1個目です。

私は高校生になり彼女ができました。
その彼女は学校でも上から数えた方が早いくらい
可愛い子でした。

私はそんな彼女を運良く付き合う事ができました。
そんな幸せな事が続けばよかったのに

悲劇が襲いました。

もっとみる