会社にケンカを売った社員たち by LL-inc

◆まぐまぐ公認 殿堂入りメルマガ「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例を…

会社にケンカを売った社員たち by LL-inc

◆まぐまぐ公認 殿堂入りメルマガ「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例を順次紹介します ◆「まぐまぐ大賞2015」専門情報部門第2位 ◆発行元:株式会社リーガル・リテラシー(http://www.ll-inc.co.jp/) ※記事の無断転載等はご遠慮願います

マガジン

  • 『会社にケンカを売った社員たち』2013年総集編

    2013年に「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例 351 学校法人M学園事件 350 国家公務員配転無効確認等請求事件 349 K化粧品販売事件 348 乙社事件 347 国立大学法人Y大学事件 346 関東工業事件 345 日立製作所事件 344 新宿労働基準監督署長事件 343 World LSK事件 342 東京都教育委員会事件 341 コムテック事件 340 さいたま労働基準監督署長事件 339 石油産業新聞社事件 338 新宿区事件 337 X株式会社事件 336 大分県商工会連合会事件 335 X電業事件 334 クボタ事件 333 F社事件 332 ケン・コーポレーション事件 331 医療法人共生会事件 330 産業医賠償命令事件 329 フジタ事件 328 仙台労働基準監督署長事件 327 X社事件

  • 『会社にケンカを売った社員たち』2012年総集編

    2012年に「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例 326 秋田港湾事件 325 Y社事件 324 岡畑興産事件 323 開成交通事件 322 学校法人甲音楽大学事件 321 杉並区事件 320 佃運輸事件 319 フェイス事件 318 ヤマダ電機・アデコ事件 317 エスエー・SPARKS事件 316 国立大学法人乙大学事件 315 ユウシュウライフ・白石産業事件 314 日本電信電話事件 313 日通岐阜運輸事件 312 E-グラフィクスコミュニケーションズ事件 311 日本化薬事件 310 デンタルリサーチ社事件 309 アクティス事件 308 東京都・都教委事件 307 国立大学法人T大学事件 306 Xファイナンス事件 305 インフォプリント ソリューションズ事件 304 技術翻訳事件 303 日本原子力研究開発機構事件 302 東日本旅客鉄道事件

  • 『会社にケンカを売った社員たち』2023年総集編

    2023年に「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例 603 トールエクスプレスジャパン事件 602 全日警事件 601 柏書房事件 600 阪神電気鉄道事件 599 トヨタモビリティ事件 598 テイケイ事件 597 KLM事件 596 地方公務員災害補償基金愛知県事件 595 A社事件 594 欧州連合事件 593 沖縄科学技術大学院大学学園事件 592 ダイワクリエイト事件 591 太陽液送事件 590 ビジネスパートナー事件 589 ロバート・ウォルターズ・ジャパン事件 588 ホテルステーショングループ事件 587 A学園事件 586 テトラ・コミュニケーションズ事件 585 みよし広域連合事件 584 フォビジャパン事件 583 スタッフマーケティング事件 582 医療法人社団和栄会・秀栄会事件 581 F-LINE事件 580 森山事件 579 三菱重工業事件

  • 『会社にケンカを売った社員たち』2022年総集編

    2022年に「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例 578 日東電工事件 577 A病院事件 576 グローバル事件 575 Y市教育委員会事件 574 春秋航空日本事件 573 みずほ銀行事件 572 岡本土木・日鉄パイプライン事件 571 TRYNNO事件 570 甲大学事件 569 巴機械サービス事件 568 トヨタ自動車事件 567 Hプロジェクト事件 566 日本郵便事件 565 コングレガシオン・ド・ノートルダム事件 564 エコシステム事件 563 北日本放送事件 562 ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント事件 561 洛陽交運事件 560 神戸市事件 559 ビジネクスト事件 558 朝日建物管理事件 557 安藤運輸事件 556 甲社事件 555 長崎市事件 554 日本スポーツ振興センター事件 553 パタゴニア・インターナショナル・インク事件

  • 『会社にケンカを売った社員たち』2021年総集編

    2021年に「会社にケンカを売った社員たち」で取り上げた労働判例 552 Z社事件 551 みずほ証券事件 550 地方公務員災害補償基金事件 549 有限会社シルバーハート事件 548 桑名市事件 547 ハマキョウレックス(無期転換)事件 546 メディカル・ケア・サービス事件 545 甲信用金庫事件 544 有限会社スイス事件 543 岡地事件 542 東京都(交通局)事件 541 Y交通事件 540 仙台市社会福祉協議会事件 539 学校法人A学園(試用期間満了)事件 538 Y歯科医院事件 537 D社事件 536 ザニドム事件 535 O・S・I事件 534 日本エイ・ティー・エム事件 533 青森三菱ふそう自動車販売事件 532 辻・本郷税理士法人事件 531 新日本建設運輸事件 530 一心屋事件 529 ヤマダコーポレーション事件 528 インタアクト事件

最近の記事

  • 固定された記事

メルマガ「会社にケンカを売った社員たち」とは?

『会社にケンカを売った社員たち』は、株式会社リーガル・リテラシー(東京都渋谷区)が2003年8月20日に創刊したメールマガジンで、「まぐまぐ」のシステムにより現在は隔週水曜日に配信されています。毎回さまざまなテーマの労働判例を取り上げており、2023年11月には通算600号を迎えました。 ※配信のご登録は、https://www.mag2.com/m/0000116175 (まぐまぐのサイトに移動します) 『会社にケンカを売った社員たち』は、過去の「まぐまぐ大賞」において

    • #548 「桑名市事件」名古屋地裁(再々掲)

      2021年10月20日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第548号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【桑名市(以下、K市)事件・名古屋地裁判決】(2019年3月28日)▽ <主な争点> 超過勤務時間のうち15分未満の切り捨て処理された時間と未払賃金請求など 1.事件の概要は?本件は、XがK市に対し、医師会と同市との間で締結された業務委託契約に基づいて診療業務に従事した際に所定労働時間を超えて労働を行ったにもかかわらず、労働時間を適切に管理せず、かつ、超過勤務

      有料
      100
      • #549 「有限会社シルバーハート事件」東京地裁(再々掲)

        2021年11月2日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第549号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【有限会社シルバーハート(以下、S社)事件・東京地裁判決】(2020年11月25日)▽ <主な争点> 労働契約における勤務時間数の合意の有無とシフト削減の違法性など 1.事件の概要は?本件本訴は、S社が雇用していたXに対し、労務を提供させる債務など同社のXに対する債務目録* 記載の各債務がいずれも不存在であることの確認を求めたもの。 *債務目録の内容はこちらを

        有料
        100
        • #550 「地方公務員災害補償基金事件」横浜地裁(再々掲)

          2021年11月17日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第550号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【地方公務員災害補償基金事件・横浜地裁判決】(2020年2月19日)▽ <主な争点> 時間外勤務の必要性、うつ病発症の公務起因性など 1.事件の概要は?本件は、Y町の職員であったXが在職中に発症したうつ病は過大な業務に伴う心理的負荷によるものである旨主張して、地方公務員災害補償基金から、上記うつ病は公務外の災害である旨の認定を受けたため、同基金に対して、公務外

          有料
          100
        • 固定された記事

        メルマガ「会社にケンカを売った社員たち」とは?

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 『会社にケンカを売った社員たち』2013年総集編
          会社にケンカを売った社員たち by LL-inc
          ¥400
        • 『会社にケンカを売った社員たち』2012年総集編
          会社にケンカを売った社員たち by LL-inc
          ¥400
        • 『会社にケンカを売った社員たち』2023年総集編
          会社にケンカを売った社員たち by LL-inc
          ¥500
        • 『会社にケンカを売った社員たち』2022年総集編
          会社にケンカを売った社員たち by LL-inc
          ¥500
        • 『会社にケンカを売った社員たち』2021年総集編
          会社にケンカを売った社員たち by LL-inc
          ¥500
        • 『会社にケンカを売った社員たち』2020年総集編
          会社にケンカを売った社員たち by LL-inc
          ¥500

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          #551 「みずほ証券事件」東京地裁(再々掲)

          2021年12月1日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第551号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【みずほ証券(以下、M社)事件・東京地裁判決】(2021年2月10日)▽ <主な争点> 留学費用の返還債務免除特約付き消費貸借契約の有効性など 1.事件の概要は?本件は、M社が、同社の公募留学制度を利用して留学し留学終了後5年以内に自己都合で退職したXに対し、主位的に、Xが留学した際にM社が支出した留学費用は、同社がXに貸し渡した貸金であると主張して、消費貸借契

          有料
          100

          #551 「みずほ証券事件」東京地裁(再々掲)

          #552 「Z社事件」名古屋地裁(再々掲)

          2021年12月15日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第552号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【Z社事件・名古屋地裁中間判決】(2021年1月14日)▽ <主な争点> 在職中の競業行為等が自由競争の範囲を逸脱するかなど 1.事件の概要は?本件は、Z社が、同社の幹部従業員であったXが在職中に別会社(Y社)を設立し、平成31年2月1日には主要な取引先3社をしてZ社との契約関係を終了させると同時に部下従業員とともに一斉に同社に退職届を提出した上で、Y社で競業

          有料
          100

          #552 「Z社事件」名古屋地裁(再々掲)

          #553 「パタゴニア・インターナショナル・インク事件」東京地裁(再掲)

          2022年1月5日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第553号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【パタゴニア・インターナショナル・インク(以下、P社)事件・東京地裁判決】(2020年6月10日)▽ <主な争点> 能力・適格性不足等を理由とする普通解雇など 1.事件の概要は?本件は、XがP社に対し、2018年1月24日付でなされた普通解雇は解雇事由に該当する事実がなく、客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当であると認められないものであり無効であると主張して、

          有料
          100

          #553 「パタゴニア・インターナショナル・インク事件」東…

          #554 「独立行政法人 日本スポーツ振興センター事件」東京地裁(再掲)

          2022年1月19日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第554号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【独立行政法人 日本スポーツ振興センター(以下、Nセンター)事件・東京地裁判決】(2021年1月21日)▽ <主な争点> 無期職員と契約職員との地域手当、住居手当等に関する待遇差など 1.事件の概要は?本件は、Nセンターと期間の定めのある労働契約(有期労働契約)を締結しているXが、(1)Xの学歴・経歴によれば、Nセンターの基準に照らし基準月額を81号俸とすべきで

          有料
          100

          #554 「独立行政法人 日本スポーツ振興センター事件」東京…

          #555 「長崎市事件」長崎地裁(再掲)

          2022年2月2日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第555号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【長崎市(以下、N市)事件・長崎地裁判決】(2021年3月9日)▽ <主な争点> 退職の意思表示が統合失調症により意思能力を欠くかなど 1.事件の概要は?本件は、Xが(1)N市選挙管理委員会がXに対して2016年3月31日付でした依願免職処分(本件処分)は、前提となるXの退職願による意思表示が意思能力を欠く無効なものである等のため違法であると主張して、本件処分の取

          有料
          100

          #555 「長崎市事件」長崎地裁(再掲)

          #607 「龍生自動車事件」東京地裁

          2024年2月21日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第607号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【龍生自動車(以下、R社)事件・東京地裁判決】(2021年10月28日)▽ <主な争点> 会社解散・清算を前提とした解雇など 1.事件の概要は?本件は、R社と労働契約を締結したXが会社解散に伴う解雇をされたことについて、同社に対し、(1)当該解雇が無効であると主張して、労働契約上の権利を有する地位にあることの確認ならびに解雇後の賃金月額19万3894円およびこれ

          有料
          100

          #607 「龍生自動車事件」東京地裁

          #556 「甲社事件」東京地裁(再掲)

          2022年2月16日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第556号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【甲社事件・東京地裁判決】(2020年3月27日)▽ <主な争点> セクハラ行為と職場環境配慮義務違反など 1.事件の概要は?本件は、甲社の従業員であり、心因反応(本件傷病)との診断を受けて休職中であったXが2018年8月末日かぎりで休職期間満了により退職したものとされたところ(本件退職措置)、本件傷病は同社がXをセクシュアルハラスメントの加害者として扱うなど職

          有料
          100

          #556 「甲社事件」東京地裁(再掲)

          #557 「安藤運輸事件」名古屋地裁(再掲)

          2022年3月2日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第557号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【安藤運輸(以下、A社)事件・名古屋地裁判決】(2019年11月12日)▽ <主な争点> 職種限定合意の成立、使用者の配転権と労働者の不利益性判断など 1.事件の概要は?本件は、A社と期間の定めのない雇用契約を締結し、運行管理業務と配車業務に従事していたXが同社から本社倉庫部門において倉庫業務に従事するよう配置転換命令(本件配転命令)を受けたことに対し、本件配転命

          有料
          100

          #557 「安藤運輸事件」名古屋地裁(再掲)

          #558 「朝日建物管理事件」福岡地裁小倉支部(再掲)

          2022年3月16日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第558号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【朝日建物管理(以下、A社)事件・福岡地裁小倉支部判決】(2017年4月27日)▽ <主な争点> 配転命令に正当な理由なく従わず、出勤しなかったことによる解雇など 1.事件の概要は?本件は、A社に雇用され、門司市民会館において受付として稼働していたXが他の市民会館への配転命令を受けた上、同社から2014年6月9日付で解雇されたこと(本件解雇)について、上記配転命

          有料
          100

          #558 「朝日建物管理事件」福岡地裁小倉支部(再掲)

          #559 「ビジネクスト事件」東京地裁(再掲)

          2022年3月30日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第559号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【ビジネクスト(以下、B社)事件・東京地裁判決】(2020年2月26日)▽ <主な争点> 営業成績不振等による降格・賃金減額、暴行等の言動による解雇など 1.事件の概要は?本件は、B社の従業員として業務に従事していたXが同社に対し、(1)B社による解雇は無効であるとして、労働契約上の地位確認、(2)解雇から訴え提起日までの未払賃金および在職中の2度の降格に伴う差

          有料
          100

          #559 「ビジネクスト事件」東京地裁(再掲)

          #560 「神戸市事件」神戸地裁(再掲)

          2022年4月13日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第560号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 参考条文★ 地方公務員法 (降任、免職、休職等) 第28条 職員が、次の各号に掲げる場合のいずれかに該当するときは、その意に反して、これを降任し、又は免職することができる。 一 人事評価又は勤務の状況を示す事実に照らして、勤務実績がよくない場合 二 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合 三 前二号に規定する場合のほか、その職に必要な適

          有料
          100

          #560 「神戸市事件」神戸地裁(再掲)

          #561 「洛陽交運事件」京都地裁(再掲)

          2022年4月27日に配信した「会社にケンカを売った社員たち」第561号で取り上げた労働判例を紹介します。 ■ 【洛陽交運(以下、R社)事件・京都地裁判決】(2017年6月29日)▽ <主な争点> 定額残業代に関する対価性要件の判断方法など 1.事件の概要は?本件は、R社の従業員であるXが同社に対し、(1)2013年3月22日から2016年2月19日までの時間外・深夜早朝勤務手当235万4107円ならびに遅延損害金の支払を求めるとともに、(2)労働基準法114条に基づく付

          有料
          100

          #561 「洛陽交運事件」京都地裁(再掲)