薬学

ナチュラルキラーT(NKT)細胞といえば、笑顔。笑顔で活性化。増殖。そして、ガンを殺す。(*諸説あり)
健康な人のNKT細胞をiPS細胞にしてガン患者に投与する治験が行われているという。
誰かの笑顔で 誰かが救えるようになるのかも。笑顔を生み出すものは尊いなぁ。

みつかっちゃった(つд;*)
2

イチョウ葉エキスとうつ病

本日の ( ´_ゝ`)フーン な論文

イチョウ葉エキスはうつ症状に効果がある可能性はどうなのかな?

と調べていて、何となく

「血流改善(ギンコライドによる抗凝固作用)によるもの」

と勝手に考えていたが、最近の論文によると

(心不全マウスモデルの)海馬においてTNF-α、IL-1βおよび5-HTのレベルの低下による炎症反応の減少

とか

水溶性多糖類による腸内微生物叢の変調を介した抗うつ

もっとみる
スキありがとうございます。学んだことをアウトプットしていきます。
4

バンコマイシンTDM(薬物動態)のながれ〜腎機能編〜

前回までのおはなしは、

「体内の薬の量は、腎臓の元気さ(腎機能)によって増減する」

でした。では、腎機能はどうやって判断するのか?を今回は書いていきます。

腎機能の評価方法には、クレアチニンクリアランス(CLcr)やeGFRがあります。

それぞれメリットデメリットがあるのですが、まずはクレアチニンクリアランス(CLcr)を取り上げていきます。

クレアチニン(cr)とは、筋肉運動を行なった

もっとみる

バンコマイシンTDM(薬物動態)の流れ

はじめに

こんにちは。病院薬剤師のcottonです。

病院では薬剤部が主にバンコマイシンのTDMといって、効果が十分に発揮されることと、副作用が出ないことを目的に、投与設計を行います。

このTDMの理論は薬学部では薬物動態学という、物理学の派生版の科目で学びます。が、これが結構ややこしい。静注した場合と経口投与した場合で計算式が違ったりね。

今回はそんなTDMを、バンコマイシン注を投与した

もっとみる

医療者の役割・倫理 目的

☆倫理とは? なぜ医療・介護従事者は倫理を学ぶべきなのか?

☆医療・介護従事者と患者・利用者との関係で求められていることとは?

医療における倫理とは・・・

Bioethics/biomedical ethics(生命倫理/生物医学倫理)

⇒医学、保険医療、生物科学において生じる道徳的問題の研究

①臨床倫理(Clinical ethics)

 ⇒患者のケアに関する諸問題

②研究倫理(R

もっとみる
スキありがとうございます。学んだことをアウトプットしていきます。
1

緩和医療の目的

緩和ケア・緩和医療という言葉を知っていても、具体的には「ホスピス(緩和ケア病棟)で行われているようなケア」という漠然とした理解に留まっている人は多い。つまりがん末期で、痛みなどの身体症状が厳しい人とその家族に対して行われるケアと理解しているのである(医療者でも誤解が多い)

 しかし、WHO(世界保健機関)の緩和ケアの定義には、「がん(悪性腫瘍)」や「末期」という言葉は書かれていない。どのような病

もっとみる
スキありがとうございます。学んだことをアウトプットしていきます。

薬物相互作用で問題になる「たんぱく結合率が高く結合力の強い・弱い薬物」

薬物相互作用で問題になる「たんぱく結合率が高く結合力の強い・弱い薬物」

血漿タンパク質との親和性が高い薬剤が併用されると、結合の弱い薬物は血漿タンパク質から追い出され、血中濃度の上昇をきたし作用部位への吸収を増加させるため、効果の増加、あるいは副作用発現の原因ともなる。

 血液中での分布状態が変わると細胞内外の分布状態も変化するので、実際にはこれほど単純ではないが、少なくとも効果が強くなること

もっとみる
スキありがとうございます。学んだことをアウトプットしていきます。
1

患者から症状を聴取する際のポイント ①OPQRST

O:Onset(発症様式)
P:Pallative/Provocative factor(増悪・寛解因子)
Q:Quality/Quantity(性質)
R:Region/Radiation/Related symptom(場所・広がり・関連症状)
S:Severity/Associated symptoms(強さ、随伴症状)
T:Temporal characterisitcs(時間経過、日内変

もっとみる
スキありがとうございます。学んだことをアウトプットしていきます。
1

障害機序別 腎障害を起こす可能性のある薬剤

【腎前性】利尿剤、NSAIDs、ARB、シクロスポリン、タクロリムス、造影剤など

【腎性(尿細管毒性)】アミノグリコシド、造影剤、シスプラチン、アムホテリシンB、タクロリムス、カルバマゼピン、γグロブリン製剤、ゾレドロン酸、アデホビル、マンニトール

【腎性(横紋筋融解症)】ロバスタチン、ジアゼパム

【腎性(アレルギー間質炎症)】ペニシリン、アンピシリン、リファンピシン、シメチジン、フェニトイ

もっとみる
スキありがとうございます。学んだことをアウトプットしていきます。

ビタミンCを多く含む食べものベスト10👑

こんにちはーーー!

知って得するみんなの健康チャンネル・ユウマです🙋‍♀️

それでは今日も元気よく、健康について学んでいきましょう👏

今日のテーマはこれですね。
「ビタミンCを多く含む食べ物ベスト10👑」

こういうテーマでお話していきたいと思います。

ビタミンCと言われてみなさん、何を想像しますか?

レモンとか、酸っぱそうとか、そんなところですか?

ビタミンCの主な働きは抗酸化

もっとみる
ありがとうございます😆
5