花譜不可解再

花譜不可解弐Q1 神椿にとってのバーチャルとは何か? 「魔女」と「言霊」

何が現実だとか何が幻だとか
もうどうでもいいじゃないか
私たちはここにいる
画面の裏側でわたしたちは繋がり続ける
ここでは願いが魂がないまま繋がる
ここでは誰かの心が魂がないから繋がる
1stワンマンライブ 不可解 「祭壇」より

『祭壇』は花譜自身の言葉で伝えられたように1stワンマンライブ不可解で『魔女』と対になるような、続編に位置付けられた曲として披露された。
不可解の『祭壇』、不可解再

もっとみる

xR.fm 第54回 「花譜不可解再」 Recap

xR.fmは、@ikkou と @nkjzm でお送りする『xRの最新情報や旬な情報を届けるポッドキャスト』です。

この note では xR.fm #54 で取り上げた内容をコメント付きでお伝えします。

Qiita のお話

エンジニアリングに関する知識を記録・共有するためのサービス Qiita でユーザーページのリニューアルに伴う一連の炎上話を取り上げました。

考え方は人それぞれですが、

もっとみる
スキ!ありがとうございます!
8

花譜にとって不可解再とはなにか?――花譜 1st ONE-MAN LIVE「不可解(再)」一万字レポート

2019年8月1日、僕は歴史の特異点にいた。
その日、花譜 1st ONE-MAN LIVE「不可解」が開催された。当時は現地だけではなく、全国でのライブビューイングに加えてyoutubeでの無料配信も行ったため、twitterトレンド世界一位を記録。

ライブ前に行ったこの宣言の通りに、花譜は世界を変えてしまった。このライブの直後、FictyのプロデューサーであるninoPさんはこのように回想し

もっとみる
スキありがとうございます!!
39

不可解(再)後の気持ち

正直、あんまり覚えてない。

後々振り返るため、そして #花譜不可解再 をトレンドに持っていくために必死にTwitter実況してましたが、限界化が酷くて今見ても何も伝わってきません。

でも、確かに画面の向こうには花譜ちゃんがいて、最高のライブを見せてくれた。
7000円以上の価値があの2時間半にありました。

色々な方の感想noteを拝見していますが、感じたことをよくそこまで言語化できるなぁと尊

もっとみる

「春の譜」 短編小説

 最前列で君に手を振る。

 モニターの中で歌う君に、僕は現実の世界から手振るんだ。
 ヴァーチャルの身体は、箱の中に隔離された空間で本物になる。

 君が歌うその一瞬、その場所は本物の光に輝き始める。

 僕が座っているこの場所は、君がそこにいる間だけ、仮想空間に同居して、君の最前列に行くことができる。
 鳥の名の衣装を着た君に連れられて、僕は少しの間だけ現実を離れることができるんだ。

 わけ

もっとみる
THANK YOU !!
10

花譜「不可解(再)」で、花譜と"神椿"が魅せた魔法。

━━━━━これは魔法だ。

3月23日、Zepp DiverCityにて、無観客ライブの生配信という形で開催された「不可解(再)」。
再び訪れた歴史的瞬間を、私はニコニコ生放送で無事に観測することができたので、その感想などを書いていこうと思う。
ただ感情垂れ流しただけの酷い文章なのでその辺はご容赦を...

まえがき

感想に入る前に少しだけ、開催にあたっての思いなどを。

正直私は、無観客ライブ

もっとみる

#花譜不可解(再) 感想

花譜に対して、はじめてその歌を聴き、その姿を見た私の印象は「正体のわからないもの」だった。

赤色と黄色の瞳、幼さを感じる姿には不釣り合いな大きさの衣装、そこに付き従う魚のような生き物、そしてその感情を震わせるような歌声。私にとって花譜というアーティストは素晴らしい歌手ではなく、初めて観測した時には「正体不明の存在」と映っていた。
だからこそ、去年の春、クラウドファンディングが始まった際にはそれま

もっとみる
ありがとうございましたー!!
11

不可解(再)-”再演”という名の脱構築と不完全で未完成な魔法-

 2020年3月23日、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大の状況に伴い無観客でZepp DiverCity TOKYOにて開催された”不可解(再)”。以下、そのライブレポートもどきになります。例によって個人的な備忘録として私の感じたことをつらつらと書き出しただけのものです。

はじめに

 前回の”不可解”では、CFに参加して”共犯者”とはなれたもののチケットを取ることはできず現地参戦は叶わなかっ

もっとみる

不可解(再)、7000円。

「7000円」

これを高いと感じるか、安いと感じるか。
人によるし、得られる対価による。
それでいて、地味に躊躇する金額。

飲み会2回、富士急1回、ゲーム1本、高速バス1回、カラオケ5回、、、

不可解、1回。

安いわバカ。
いやね、ライブとしては一般的な値段だし、時間も長いわけじゃない。
じゃあ何が違うか?

内容 ですよ

この値段でこれだけ満足できるコンテンツ、あるんなら教えて下さい。

もっとみる

不可解再、感想

不可解再はYouTube側の花譜オリジナルMVの通しからスタートした、現地に行けなかったこともあり、正直なかなか不可解再が始まるという実感が持てなかったけど公式ファンアートやこの放送のお陰で少しずつ気分は高まっていった。
改めて一から花譜の曲を聴いていくとそれぞれの曲に思い出があって、曲を聴きながら当時のことを振り返ることができた。

19時になって待機所公開、自分は新体感ライブconnectで見

もっとみる