緒方監督

Kindle月替わりセール!緒方孝市 『赤の継承~カープ三連覇の軌跡~』約68%OFF!499円【2021年6月】

Kindle月替わりセール!緒方孝市 『赤の継承~カープ三連覇の軌跡~』約68%OFF!499円【2021年6月】

こんにちは。光文社電子書籍担当の佐藤です。 本日はKindle月替わりセールのお知らせです。 2021年6月、kindle月替わりセールで 緒方孝市 『赤の継承~カープ三連覇の軌跡~』が 通常時1,584円(税込)→ 約68%OFFの499円(税込)! 1か月限定の特別価格です! 勝ちにこだわった初年度の失敗から25年ぶりの優勝と黄金期を実現――タナ・キク・マルの確立、誠也の四番抜擢、新人・西川龍馬の起用をはじめとするお家芸の育成論、寝食を削っての徹底的な戦力分析や一球

スキ
10
「あの真っ赤に燃える日々を、もう一度追いかける旅に出よう。」――緒方孝市著『赤の継承 カープ三連覇の軌跡』より

「あの真っ赤に燃える日々を、もう一度追いかける旅に出よう。」――緒方孝市著『赤の継承 カープ三連覇の軌跡』より

光文社三宅です。広島東洋カープ前監督・緒方孝市さんの『赤の継承 カープ三連覇の軌跡』が発売になりました。私はセ・リーグの別の球団のファンですが、本書は野球本として抜群に面白かった。対戦相手としては憎たらしいほど強くて、監督初年度の2015年を除けば一方的にやられた記憶しかありませんが、その裏にこれほどの緻密さと苦悩があるとは想像していませんでした。野球ファン必読の一冊といっても過言ではありません。野球ファンに限らず、何かを成し遂げようとする人、あらゆる組織のリーダーも必読です

スキ
21
赤の継承 カープ三連覇の軌跡 感想

赤の継承 カープ三連覇の軌跡 感想

前カープ監督緒方さんの著書が発売されました。 在任中は、あまり、マスコミに本音部分語られること少ないタイプだったので、 裏側うかがえたのが良かったです。 印象に残ったのは、 2015年ホーム最終戦の裏側、 監督としての考え方、 そして愛犬優勝くんとの秘話には 思わず涙してしまいました。 2016年は、社会人一年目、 仕事で打ちのめされる度にカープの躍進に励まされたの思い出してうるっとしました。 今年も優勝目指して頑張ってほしいです!

スキ
4
カープの基本通貨はお金ではなく男気

カープの基本通貨はお金ではなく男気

タイトル以上にいうことはないのですが。 今回の會澤にしても、かつての新井黒田、そして緒方なんかをみてくれれば、そんなこと自ずと分かるだろうということだろうと思います。 札束で頬を叩くようなチームがあるかもしれないが、そんな金で優勝を買うようなチームに負けてたまるか。

緒方監督の退任決まる?

緒方監督の退任決まる?

きのうは久しぶりにズムスタでカープ対スワローズを取材観戦。 もちろんチケットを持っていたわけではなく、拙著の読者であるTさんが1枚余ったのでどうかと誘ってくれてのこと。 Tさんは、この観戦までに「ズムスタ、本日も満員御礼!」を読了して感想をひとこと伝えたかったらしいが、8割までしか読めなかったという。 それでもいいから感想を、とオネダリすると、 「あのSって、鈴木本部長ですか?」と、逆に質問してきた。 よほどあの部分(チケット販売について球団サイドに確認したところ)が

スキ
6
「鉄拳制裁事件」の妄想かも的解釈

「鉄拳制裁事件」の妄想かも的解釈

カープ緒方監督の選手への鉄拳制裁事件。 その騒動の伏線となった週刊新潮を入手して、さっそく当該記事を読んでみた。 この記事を読むまではと、事件のいたずらな推測は控えていたのだが、読んでみてもなお、それまで感じていた違和感は払拭されることはなく、疑問はさらに深まってしまった。 まず、新潮の記事の意図がよくわからない。 緒方監督暴行事件を非難するスクープ記事なのだろうと予想していたのだが、そんな勇ましいものではなかった。 『広島「緒方監督」の鉄拳制裁は是か非か』 まる

スキ
2
「緒方監督暴力事件」のキナ臭さ

「緒方監督暴力事件」のキナ臭さ

カープは昨日のズムスタでの対ドラゴンズ戦に11対4と快勝。これで連勝を6に伸ばして勝率を5割にもどした。 今シーズンは長期の連敗と連勝とを繰り返して出入りの激しい戦いをしているカーブだが、その裏ではどうやらベンチの雰囲気が作用していたようだ。 この24日に緒方監督が、チームの野間選手に鉄拳制裁したことが発覚して、それが知れるようになった。 この「事件」。ネットのスポーツニュースのネタになっていることは知ってはいたが、全国のテレビニュースにもなっていたらしく、野球にはあま

スキ
2
変わりそうにない、体罰という体育会系の指導癖

変わりそうにない、体罰という体育会系の指導癖

 広島の緒方監督が叩いてた、と聞いてため息が出ましたね。ヤッパリ、指導を受けた側の体験から思わず手が出てしまったんだろう、と。  でも、私自身も部活などでやめる原因になってますが体罰は恐怖でしかありません。確かに、そうした恐怖心からそうしないと怖いな、そうせざるを得ないな、といったやらせることには成功するかもしれない。でも、そこには自主性はない。仮にそのあとで正しかったと分ったとしても、です。  そもそも、こうした体罰が横行してきた本当の原因を考えた方が良い。教育する側の

スキ
1
どうした?広島カープ

どうした?広島カープ

私は東京ヤクルトスワローズのファンです。2019年開幕からのヤクルトの快進撃は、ファンとしてとても嬉しく思っております。 そして2019年、ある球団がちょっと心配です。 プロ野球セ・リーグ3連覇の広島カープが見るも無残な成績に陥っております。 昨日の時点で4勝12敗で、借金8。 開幕から5カード連続負け越し=全球団に負け越しという球団ワースト記録を更新中です。 ということは、かつて弱小球団であったときにさえ経験していなかったような負け方をしているということです。 い

スキ
3
投げたいと言ってるなら投げさせれば良いのか?

投げたいと言ってるなら投げさせれば良いのか?

本日の登板により、フランスアが月間18登板となり日本記録に並びました。 全くもって名誉な記録ではありませんが。 むしろ特定投手に依存しまくるという、運用することを放棄した顛末を示した超絶不名誉な記録でしょう。 その酷使の影響からか、昨日までの東京ドームでの2登板は球速がガタ落ちしており、今後がかなり心配されます。 本日の登板では平均で147キロと多少持ち直したようですが、それでもこれまでに比べたらかなり遅いですね。 東京ドームのガンが左投手に対してスピードが出づらい

スキ
2