社労士試験独学

社労士試験を働きながら合格するポイント

こんばんは。
税理士・社労士のDJです。

私は、社労士試験を働きながら独学・4か月で合格することができました。
働きながら資格試験勉強を行うことは大変ですが、中々、仕事を辞めて勉強に集中する環境を作ることは難しいと思いますので、私が実践した働きながら社労士試験を合格するためのポイントをご紹介します。

そのポイントは勉強時間を確保すること、勉強を習慣化することと効率的な勉強法で勉強することの3点

もっとみる

【番外編】講師の先生あれこれ

受験生時代、大変お世話になった講師の先生の話です。

私は1年目に通信講座を利用しただけなので、通学講座のように受験生仲間も身近にいなかったし、講師の先生とも直接お知り合いにはなりませんでした。が、画面の向こうで毎回見る講師の顔には、勝手に親しみがわきます。

しかし、講師の先生も色々ですね。
私が受講した通信講座の講師は、すごく優しい先生で、

「受験生の皆さんお疲れ様、色々大変ですね~。悩みが

もっとみる

6-1.直前期①~模試について~

ここからは直前期にまつわるアドバイスです。
直前期とは、私の感覚で6月頃から試験前の8月とします。

私は合格した3年目のこの時期、模試を2種類受けました。TACの公開模試(全2回)と、自宅で受ける「月間社労士受験」のネット模試全3回です。

この2つは問題が良質なのと、解説も丁寧なのでお勧めします。できれば雰囲気になれるため、可能なら1度は会場で受けてみてください。模試は1日がかりなので、終わる

もっとみる

社労士試験は独学で合格できる?

こんにちは。
税理士・社労士のDJです。

社労士試験の受験を考えているが、独学でも合格できるの?予備校に通わないと合格できないの?と疑問に思っている方へ向けて、働きながら・独学で社労士試験に合格した私がご回答します。

まず、結論から申し上げると予備校に通わず、独学で合格することは十分可能です。
確かに、予備校で勉強するに越したことはありませんが、費用面は倍以上かかりますので、なるべく少ない経費

もっとみる

5-6.振り返って思う、厳選テキスト

この記事のつづきです。

今、テキスト買い過ぎた反省に基づいて、本当に必要な参考書類を書き出すとこんな感じです。

①基本テキスト
文章ベースの一通りの法律解説書。資格学校のものがあればそれでいいし、市販のものであれば大抵「社会保険分野」と「労働保険分野」の2冊に分かれているものが多いので、両方揃えます。

基本テキストは、法改正により1年で速やかに内容が古くなるため、合格できるまでは毎年新しいも

もっとみる

5-5.テキスト買い過ぎ問題

本屋の資格本コーナーへ行けば、「社労士合格!」みたいな参考書が、目移りするくらいたくさん並んでいます。勉強しなきゃと焦っていればいるほど、つい引き寄せられて、参考書を買いたくなってしまうものです。

出版社の方も、上手いタイトルをつけたり、受験生の不安のツボをついた心憎いタイトルの本を次から次へと出版するんですよね。
「複雑な年金二法の似ている部分を比較して覚える」とか、支給要件や罰則や時効などを

もっとみる

5-4.独学者が太刀打ちできないもの

法改正がやっかいですね、この試験は。
あとは一般常識。
範囲が広く散らかっていて、最新の統計とか聞かれるので困惑します。

法改正と一般常識は、独学者は資格学校の単発講座を頼るべきです。1回~数回の講義で頭に入るし、要点をまとめたテキストが手に入りますので。

私は、法改正については購読していた「月間社労士受験」で対応できたのですが、一般常識はやはり資格学校の通信講座を受けました。
これがとてもよ

もっとみる

5-3.過去問について

下の記事で、4月から過去問や模試を受けよう!と書きました。
ですが、法律の勉強の合間に余裕がある人は、9月から意識して過去問に目を通すとよいです。

ただし初学者は、過去問を見ても解答するのは難しいでしょう。9月の時点では、問題が解けなくても当たり前くらいの気持ちでいてください。
この時点で解けなくても落ち込まず、慣れるために問題を読むくらいの気持ちでよいかと思います。

本屋に行けば、市販の過去

もっとみる

5-2.語呂合わせは必要?

5-2. 語呂合わせは必要?

語呂合わせについてこれから否定的な意見を述べますが、語呂合わせが好きな人や、使った方が覚えやすいという人も、もちろんいるでしょう。
ここでは語呂合わせの是非は問いません。自分に合う人は大いに活用すればいいと思います。ここに書くのは、あくまでも私個人の意見ですので。

さて、年金法だったり、語呂合わせで暗記しようという参考書がありますが、私はおかしな語呂合わせは必要な

もっとみる

5-1.【学習アイテム】単語カードのメリット

ここからは、学習アイテムについて、いくつか思いつくことを書いてみたいと思います。

まず、前回の記事(4-5.お世話になった受験雑誌)にある「月間社労士受験」についている、単語カード式一問一答ですが、これ、古くて新しいというか、古いけど捨てたものではない勉強法です。

最近は何でもスマホやタブレットのアプリでできる時代。市販の参考書でも、単語カードみたいなデータをダウンロードできるものもあります。

もっとみる