生きる道

数量限定で販売中
残り 50 / 50

適正化する

人ズレしてどうしようもなかった私は、20年間、病気と闘い、様々に人と関わり社会に適応しようともがき続けてきた。

出会いによって変わってきた自分は好きだ。元の自分は変わらないからだ。好きな食べ物や色などは、ひとつも変わっていない。

苦しみや、喜び、楽しさや、辛さの末に報われた私の気持ちは伝えて行きたい。

人付き合いが苦手でも、生きていける私の道を見つけることが出来た。

気持ちも、頭も、しっか

もっとみる
感謝致します( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )☁︎︎⋆。
4

言葉が生まれるということ

これだけ言葉にあふれているのに、本物の言葉を口にしている人は、とても少ないんだ。

僕はね、非言語なものを伝えられない言語は、言語じゃないと思っている。

非言語的な存在は、言語という存在を、本当の意味で裏付けるからだ。

だから、どんなにありえないフィクションであっても、現実以上に現実である感じをもって持ち上がることはあるし、たとえ現実に起きたことを伝えているのであっても、全くもって嘘のように聞

もっとみる
よろしければTwitterでシェアもお願いします!
8

僕はどこにでもいて、どこにもいない。

それを見たかい?
いいや、見ていない。

どっちへ行っても暗闇さ。
だけども僕は知っている。
一筋の道は、どこにでもあることを。

僕はどこにでもいて、どこにもいない。

それを見たかい?
いいや、見ていない。

ありがとうございます!!
3

報告

こんばんは。

そして明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

まずは、母校が新年早々、高校サッカー選手権で素晴らしい戦いを見せてくれて、感動をもらいました。同時に、私自身ももっと何かに熱中して物事に取り組む必要があるなと思いました。本気で取り組むことでのみ、得られる財産はその人にとってかけがえのないものにあります。結果がすべてではなく、そこまでの過程や仲間、環境を大切に

もっとみる

夢を追うという決意。

私はこのまま夢を追う道を進みます。

私の夢は

言語化できないけれど

伝えきれないけど

すごくニュアンス的になってしまうけれど

私はずっとクリエイターでいたい。

人生をアートで展開していきたい。

毎日毎日、自分の感性と生きていたい。

辛い時も苦しい時もある。

自分も道も見失って彷徨って

暗闇を歩く時もある。

だけど、

やっぱりこの生き方が好きだ。

私が私でいる感覚。

私が

もっとみる

自分の生きる道(未知)

もう一つ動く理由はあります。
疲れさせてます。
寝てないので状態としては高揚してテンションが少し上がっています。
それを少し下げなければ今日、薬を飲んだ時また効かない事にもなりかねません。

地道な努力です。
病気は努力の積重ねで管理するしかありません。
そうじゃなきゃ生きていけません。
精神病はいかに自分という存在を知っているかによって出来る事も変わって来ると思います。

自分が分析出来ればある

もっとみる

天の国を伝えなさい。

ヒトはどこから来て
どこへ行くのか
何のために生まれて
どのように生きていくのか・・・

仕事は自分の生活のため、という意味だけではありません。

なぜ自分はこの仕事に携わっているのか。

この仕事に携わることで何の役に立つのか。



ある時から、人の人生で一番大事なことは、お金儲けでもなく、やりがいのある仕事でもなく、「人間関係」をうまくしていくことじゃないかな、と気が付きました。
人間関係

もっとみる

自分の個性を乗りこなすお手伝い

〈マリオカートで思った事〉

久しぶりにマリオカートをした。
コースも知らない
キャラクターの特徴も知らない、
途中出てくるアイテムの使い方も
知らないから
1人で

ウオー!
ギャァー
なんじゃこりゃぁぁ〜
どうなってんね〜ん!
うわっ落ちた!
げっ!バナナ!!
お!無敵になった!

って大騒ぎしながら走ったけど、
隣で、同じく初めてなのに悠々と走る人がいた。

アイテムの形見ただけでピンときて

もっとみる

逆境を自ら乗り越えた時、
ひとは強くなるんだなと言うことを、
若いあいつがその身をもって教えてくれた。
ありがとう。
その姿に涙が出るほど胸を打たれました。

感謝の気持ちでいっぱいです♫

2019年1月-3月

備忘録 備忘録

本当にヒトの頭と言うものはいい加減なもので, 自分に都合の良い体験記憶しか残さないように出来ておられるらしい,

もしかするとそれは私に限定された話であり, 私の脳みそがポンコツであるからそう言う出来栄えの体感値を持っている事を良いことにそれを全人類などという途方もない誇大妄想の行き着いた先にある発想から見つめて思われる発信であるのかもわからないのだけれども。

(という太宰治的

もっとみる