masumi

物書き、元スピリチュアルカウンセラー。 ★ブログ https://s-masumi.com ★旧ブログ https://beats-and-love.hatenablog.com

masumi

物書き、元スピリチュアルカウンセラー。 ★ブログ https://s-masumi.com ★旧ブログ https://beats-and-love.hatenablog.com

最近の記事

秋の美しさと新ブログ、古くなった自己像を着替えること。

毎年のことながら外の空気がキンモクセイの香りに満ちて、ここら近隣一帯を席巻している。独特の甘さ漂う空気は家の中にも忍び込み、すみずみまで完全に広がり、まるでキンモクセイの香りの海の中を泳ぎ暮らしているようだ。 夜は灯りを消してじっと横になっていると、虫たちの澄んだ音が本当に美しく、キンモクセイの香りに加えてすっぽりとその音色に包まれる。ほうぼうに重なり合う繊細な響きを聴いていると、おのずと紺碧の空の星々の情景が浮かぶ。宇宙空間にいるように、星空にぐるりと囲まれている気持ちに

スキ
1
    • インスピレーションを遮る「メリット」?【ひとつ否定するのは全体を否定するのと同じ】

      こうした文章を含め、私が長く「自分の思いついたことを形にする仕事」をしながら実感し、常に覚えておきたいものだと思ったことがある。この種の作業ではそれが特に顕著に実感できるのだが、実は、日々のすべての事柄にまったく同じことが言えるのだ。 「自分の受け取ったインスピレーションを否定すると、必ず滞る」と。 これは、あからさまにアイディアを拒絶するのではなく、「留保し続ける」という態度をとるときでも同じ。 流れるはずだった水が淀んで濁るように、その一個を積んだ後でないと次が積めない

      スキ
      2
      有料
      880
      • 体外離脱明晰夢で「地球の月」への思いがけない言及【とある構造からの拡大】

        数日前、2022年9月25日に体験した体外離脱と明晰夢は、私の近頃の「総合的な流れ」を浮かび上がらせ、その内容を意識化させてくれた。 就寝中の私はそのとき室温などが原因で寝心地が悪く、睡眠状態と覚醒状態(起きている状態)のはざまにあった。 そして、自分自身で「寝心地の悪さを感じていること」を意識していた。 そのような状態で「体にフォーカスし続けること」が心地よくなかったので、ふと「出ようかな」と思った。そう、俗に言う体外離脱である。 そんな発想になる? と思う人もいるか

        スキ
        3
        有料
        950
        • 素爪ロングをアレンジ【そのまま生かすファッション部発足】

          外観をどのように表現するか。これは私たちにとって無意識的にであれ意識的にであれ切っても切れないテーマだ。 たとえば「無頓着」というのもひとつのスタイルだし、「無頓着風」なんていうスタイルだってあるだろう。 私個人に関していえば、いわば、お洋服が好き! メイクが好き! などのファッションへの関心が強い方ではないのだが、美や調和、バランス、各々の個性を生かした独自のスタイルといったものには関心を抱いてやまない。 共通の流行を追いかけるよりも、ある人が持つその人らしさの完全な調和と

          スキ
          5

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 創造のマスターとして生きる
          masumi
        • ネイチャーコミュニケーション(生き物たちとの交流)
          masumi
        • 日常生活
          masumi
        • うちゅうじんず・あいと夢
          masumi
        • そのまま生かすファッション部
          masumi
        • 体、人間関係、恋愛等に表れる心のはなしセレクション
          masumi

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2022年9月中旬の近況、形から入ることはできないんだねって順序の話、そしてカラス

          やー、どもども、水面下の作業をポソポソ進めているうち、すっかり季節が巡ってしまったい。作業が終わるのを待ってるとなかなか記事の更新ができないので、ここらで近況を差し挟む。 先月のはじめに◇「今を満喫する・new phaseにおすすめの記事」でふれたことなんだけど、 私の中で決定的に終わってしまったこと、そしてすでに新しいスタートを切っていることの形態的な象徴として、これまでずっと運営していたブログが挙げられる。 そのブログは2011年の夏から続けており、途中改題したり、ブ

          スキ
          8

          逆向きに見えて進んでいるということ【あなたの生きたい人生と観念】

          あなたが生きている中で、著しく成長を感じたり、何かをぐんぐん吸収して学んでいるな、とわかる時期というのがきっとあると思う。一方で、あなたにとっては停滞や後退と感じるような状態もあるだろう。 私たちの経験の中で「ずっと何も変わらない」ということはありえないわけで、常に起きている変化の様子を何らかの基準で評価付けすれば、それらが良いことや悪いこと、前進や後退に感じられる。 しかし、ここで「何を基準に評価しているか」という本来当然問うべき質問の答えが、あまり真剣に吟味されていない

          スキ
          4
          有料
          1,200

          ヘナ卒業【観念を無効にすると、変化は祝福】

          五年以上、継続してヘナをしていたのだが、卒業することにした。 具体的な理由を挙げれば複数あるのだが、総括すると、現在の自分のライフスタイルや好みと、ヘナをすることとがすでに合わなくなっていたのだ。 この記事では、セルフヘナをするようになった私の背景と、なぜやめたのか、今後のヴィジョンなどの具体的トピックと、意識が現実を創造しているという自覚をもって観念を見つめ、今の自分に調和した状態へと戻るための話をする。 他の状況にも相通ずる点があるので、ヘナや白髪や美容といった話題に焦

          スキ
          7
          有料
          1,300

          今を満喫する・new phaseにおすすめの記事

          毎日が夏休み、のような気持ちで日々過ごすようになって長いが、この夏は特に「夏休み」の気分を満喫している。 個人的に、この2022年の夏が始まった頃にはもう、何か決定的に「前とは違う」「すでに新しいスタートを切っている」感覚があり、それに伴って物理的にできることの内容も考えていた。 8月が終わるまでにはこれを形にできるだろうと踏んでいるのだが、そのように先に、内で「もう新しいフェーズが始まっている」と認識し、と同時に具体的には何が展開していくのかの詳細をわかっていない状態になる

          スキ
          9

          意識の使い方、I, I, I編【創造の固定源】

          意識の使い方を学ぶのに必要なこととして、まずは自分が意識を使っていると気づくこと、そしてその内容の理解、それから使いたいように使っていくという実践がある。 「理解」まではこうした記事や講座を通して、ある程度は身につけてもらうことができる。ある程度というのは、完全な理解に至るには、自分で使う・経験することが不可欠だからだ。 意識について語るとき、覚えておきたいのは、私たちはすでにそれを使っているが、不随意に、無意識に、あるいは意識的に用いた場合ですらあたかも「思う通りにならな

          スキ
          6
          有料
          1,200

          現実創造のスキル、修得チェック【地球ゲームクリアー】

          自分の現実は、自分が創っている。 このシンプルな原理が何かほかのもののように複雑に、そしてまた否定され得るもののように見えるのがこの世界だ。 地球ゲームで遊んでいるあなたはすでに、このゲームの特徴を理解しているだろうか。自分とは何であるかがわからなくなり、反映を実体と錯覚していると、反映に囚われて、思考を反映の方に合わせようとしてしまう。これはまるで鏡を眺めているうちに、鏡に映っている像の方こそが自律性を持つと思い込んでしまった者のようだ。 結果と原因が逆になっていることが

          スキ
          6
          有料
          1,200

          参加しないで動かすこと・夢の選別

          物理的に「何にも参加しないでいる」ということは難しい。生命活動を営むこと自体が何らかの形でこの世界に参加し、影響を及ぼし合うことに見える。 では、物理的活動においてではなく意識の上で「参加しないでいる」ことについてはどうか。これが、今回の話題である。 まず、何かに参加することにポジティブな意味合いを見出している人は多くいるだろう。それによって一体感を得たり、繋がりを感じたり、やり甲斐や貢献しているという感覚を得たり、活力や生きる意義をも味わう。そのような場合、逆に、心理的に

          スキ
          7
          有料
          1,200

          何をやりたいかよりも、どんな内的状態でありたいか【あなたの価値について】

          「自分らしく」「個性を生かして」などの言葉をよく聞くようになり、たとえば子どもに対する大人の姿勢も「本人の好きなことをやらせてあげたい」「興味のあることをサポートしたい」という風に変わってきて久しいように思う。 かつてよりも「これを目指すべき」「これが成功」というモデルが固定されず自由が広がったかのような側面はありつつ、一方で「私のやりたいことは何だろう?」「自分らしさって?」と悩む人も出ているのではないだろうか。あるいは「これだ!」と強く思うことがあったのに、やってみたら違

          スキ
          7
          有料
          950

          価値判断と、混乱した創造者であることをやめる

          人間として世界を体験していると、9割5分、いやもしかすると99パーセント以上のものが見えていない。それは海面だけを見て「海を知っている」と思うことと似ている。海中や海の底はもちろん、海の中での広大な営みが見えているわけではない。あるいは、航空写真を見て、地上で起こっているあれこれを知っていると考えることにも似ている。 そんな風に多くのことを「わかっているつもり」になって生きている上に、たとえ表層だけでも「正確に」見えていればいいのだが、人間は歪める能力、自分の思いの通りに事実

          スキ
          4
          有料
          1,200

          クサギカメムシさん、いらっしゃぁい

          好き、なんかじゃない。だけど総合するとけっこう多くの時間をカメムシ情報のサーチに費やしている私だ。だって家に出るんだもの。知りたいことを知りたくて、手がかりはないかとネット上のカメムシ画像を丁寧に眺める。そんな時間が蓄積されていく。 ウェルカムではない中でのウェルカムという体験がある。 望んでいるわけではないが、選べるならばこちらを、という自分の気持ちに気づくことがある。私にとって、クサギカメムシがそんな存在であることを知った。 昨年の秋は家で毎日、キマダラカメムシと顔を

          スキ
          6

          花粉症にならなかった報告2022年【体への見方、おすすめ記事の紹介】

          長年のひどい花粉症がなくなった2020年、私は4月下旬まで待って◆「今年の春は花粉症にならなかった【健康と、体】」という記事を公開した。 内容は特定の症状、つまり花粉症のみに限らず、すべてに共通の本質的な姿勢、「体の捉え方」や「癒し」について説明したのだったが(概要や目次は本記事の下部に掲載)、一応その後の具体的な経過を知りたい方もいるかもしれないと思い、翌2021年の春にも◆「今年の春も、花粉症になっていない。」という記事上で様子を報告した。 そして今年、2022年春も花

          スキ
          6

          世界よりも、宇宙よりも大きなあなた【ひとつの目的を知る】

          単刀直入に、こう尋ねられたら――あなたは、自分の生きる「目的」とは何だと思っているだろうか。 時に沿って物理的に生きていると思っているときの私たちは、細切れのたくさんの目的を見る。それらは次々と移り変わる。自分を「体」と見なしていると、一見「体としての生命を維持することにまつわる大同小異の目的」を作り、それらを時に入れ替えつつ優先する。そこには、実は「体のため」という表層上の目的の奥に「別の目的」があるのだが。 先に明かしてしまうと、「別の目的」とは「普遍の真実に対抗するた

          スキ
          7
          有料
          1,100