環境対策

エネルギーシステムと建築の関係(攻めのエネルギー対策をしよう)

これまで見てきたように、エネルギー問題に関しては、これまでとは状況が大きく変わってきている。

エネルギー対策がすごく身近なものになってきている。

生活者がより自分ごととして捉える様になってきているし、株式市場なども環境銘柄への期待値が高くなってきている。

けれども、まだまだ建築業界にいる人たちには、まだまだ現実的なものに感じられていないという状況ではないかと思う。

新築重視の業界・システム

もっとみる
有難うございます。更に頑張っていきます!
1

空気は吸うだけでなく、「飲む」「食べる」ものに変化する?

人間が生きていくうえで必要なものは色々ありますが、一番に思いつくのは空気ですよね?

ダイキンさんによると、体重50kgの人が一日に呼吸している量は、14,400リットル!約20kgで、ごはんにすると約100杯分になるそうです。

リットルとか、ごはん何杯分とか、飲み物や食べ物の様な感じがしますが、実際に空気を飲んだり食べたりする時代が、実はもうすぐ来るかもしれません。

酸素O2、水素H2、二酸

もっとみる

「水を大切にせよ」

3月22日は世界水の日である。

今年世界水の日のテーマは、「水を大切にせよ」である。

自然と人間に必須のきれいな水資源を保護、管理し正しく利用することは、今人類の生存と発展において非常に差し迫った問題として提起されている。

朝鮮では水資源を保護し、効果的に利用するための活動を国家の一貫した政策とし経済発展と人民生活に必要な水を十分に供給するようにはからっている。

「朝鮮民主主義人民共和国上

もっとみる

海外の先進的な環境対策に学ぶ「SDGs」と「グリーンウォッシング」

2021年に入ってから、テレビや新聞などで、「SDGs」という言葉をよく目にするようになったと思いませんか?

コンビニで自分で袋詰めをするようになり、ちょっと面倒だな~と感じてしまう「レジ袋の有料化」もその流れの一つとも言えますが、2030年までの達成を目指した「持続可能な開発目標」がSDGsです。

トランプさんとやり合っていたグレタさんが有名ですが、欧米では環境に対する意識が、日本とは比較に

もっとみる

ハワイの環境対策

昨年はエネルギー関係の打ち合わせで10回ハワイに行ったけど、今年は2月に行ったきりです。
COVID-19の影響でまだしばらくは行けそうもないですが、日本むけのオンラインセミナーでは、ハワイの進んだ環境対策を毎回説明しています。
その原点になったのは、ハワイにおける海水面上昇の危機です。
写真の遊歩道は、ハワイに行くとほぼ毎晩行くビーチバーの前ですが、海水面上昇の影響で閉鎖になって通れなくなってい

もっとみる

そろそろエコバッグの準備を

7月から開始されるレジ袋の有料化に先駆けて、4月から無料配布を終了する小売店が増えているようです。

レジ袋を買う前提なら手ぶらで買い物に行けますが、本来の目的である環境問題改善にはつながらない。2020年度はエコバッグデビューの年ですよ!

というわけで(だいぶ前の話ですが)エコバッグを買ってきました。

自分が東急ハンズさんで購入したのはreisenthel(ライゼンタール)というメーカーさん

もっとみる
これからも読んでいただける記事を書きたいです
7
どうもありがとうございます。

モリンガは地球を救えるのか

モーゼの十戒にも登場したモリンガ、ようやく見つけた水が濁って飲めなかったものがモリンガの根を水に入れると浄水されたというもの。地球上の可食植物では最高の栄養素、そして”奇跡の木”として全く捨てるところもないといわれているモリンガは地球を救えるのでしょうか。

国際連合世界食糧計画(United Nations World Food Programme /WFP)は、食糧欠乏国への食糧援助と天災など

もっとみる
ありがとうございます フォローも是非お願いします
3

主な生育障害の発生要因と対策

トマト

品種によっても変わりますが、茎の太さを10㎜に維持する栽培方法が最も一品率が高く、収量も高いといわれています。トマトの果実の生理障害は非常に多く、花器の発育ステージによって生理障害が異なります。一般的に花芽分化期の阻害は乱形果、蕾期の阻害は空洞果、開花期の阻害はほうずき果もしくは未発達果、幼果期の阻害はすじ腐れ果もしくは知りぐされ果、肥大後期の阻害は裂果もしくは日焼け果を誘因します。

もっとみる