水野暁子

vol.013 夢のたね

いつも丁寧に考え抜かれた企画で島の子供達に新しい体験を仕掛けてくれる「星のや竹富島」。

今回の企画では、O先生率いる娘のクラス5、6年生と星のや竹富島で働くエンジニアのAさんを繋いでくれた。キャリア教育の一環で、「島で働くとは?」をテーマにAさんが子供達へ向けてエンジニアの仕事について色々な話しを聞かせてくれた。 

Aさんの解説つき案内で、現在エンジニアとして取り組んでいる仕事の現場を一緒に歩

もっとみる
ありがとうございます!
18

vol.012 母の誕生日

先月、母が80歳になった。 

関東で一人暮らしをしている母は、週4〜5回ほど駅前のスポーツクラブで1キロほど泳ぎ、水中を歩く運動をしているので健康的で体力もある。

いつも前向きな母だが、新型コロナウイルス感染予防対策の為に半年以上一人で過ごさなくてはいけなくなった時期は、さすがに気を落としたようだった。お友達とお出かけをしたり、親戚と集まったりするのを楽しんでいた母は、一人で過ごす時間が増える

もっとみる
嬉しいです!
25

vol.011 ナナシカフェ

娘を連れて久しぶりに西表島に一泊してきた。大原港でレンタカーを借りてその日宿泊する宿に挨拶をしてから西部地区、白浜にある『ナナシカフェ』へと向かった。友人がお店の看板を作ったことで知ったそのカフェは、海と山を同時に望むことのできる素晴らしいロケーションにあり、アジア料理や飲み物を提供している。オーナーの江袋由賀(えたい ゆか)さんは、18年前に北海道から西表島へ移り住み、西表島で出会った旦那さんは

もっとみる
ぜひまた読んでくださいねー
25

vol.009 何もないに満たされる

朝一番の光に包まれる大潮の満潮の海が好き。

全てが満たされている状態とは、こういうことだな。と一人海に向かって頷きたくなる。

子育てをしながら、小さい島の小さいコミュニティの中で暮らしていると、案外と忙しい。

今年は、新型コロナウイルスの影響で祭事や行事が中止になったり、集落での集まりなどが減っているので通常の時ほど忙しくはないが、それでも仕事の合間にこなす子供会やPTAの活動、部活動の当番

もっとみる
嬉しいです!
29

vol.008 やまいとぅ工房

昨年から、縁あって与那国島へ何度も通っている。八重山に移住して二十年近く暮らしているけれど、与那国島を訪れたのは昨年の春が初めてだった。

与那国島は、日本の最西端に位置していて、晴れて空気が澄んでいる日は、濃い藍色の海の向こうに台湾が見えることもある。石垣島からは飛行機で約30分、フェリーで約4時間の孤島だ。

私が暮らす竹富町は石垣島からも近く、西表島、黒島、鳩間島や小浜島などの有人島9つから

もっとみる
ぜひまた読んでくださいねー
18

vol.007 天の川

今年は、台風到来が通常より遅かった。7月の台風発生数は観測史上初の0だったそうだ。私の暮らす八重山では、8月に入ってすぐに台風4号がその強い風で島々とそれを囲む海をかき混ぜていった。 

台風が八重山に接近すれば、石垣島と離島を結ぶ高速船や大型フェリーの運航は止まってしまう。離島の人々は台風が通り過ぎるまで家にこもって待つ。待つと言ってもそれぞれで、ひたすら眠る人もいれば、家仕事をする人、子供とゲ

もっとみる
ありがとうございます!
28

vol.006 波照間ブルー

波照間島と聞くと、ちょっと切なくなるような、胸の中で何かがキュとするような感覚を覚える。それは、ずっとこのまま夏が終わらないで欲しいと願った、おさないころの夏休みを思い出すときに似ている。娘が小学二年生の夏休みから、波照間島へ毎年訪れるようになった。

石垣島から高速船で約一時間、日帰りをしようと思えばできるけれど、私たちは必ず波照間島に宿泊する。日本最南端の島、南十字星が見える島、星空観測タワー

もっとみる
やったー!
28

vol.004 遠足は船に乗って隣の島へ

娘が小学一年生の時、お隣の黒島へ遠足に出かけた。

竹富島から黒島へ直接渡る船がないため、私たちは石垣島へ一度渡り、石垣島の離島ターミナルから黒島行きの高速船に乗り込んだ。船のエンジン音と波しぶきの音が響く中、竹富島を右手に眺めながら私たちは海を渡って黒島へ向かった。

黒島は、竹富島の南に位置し、 人口は約220人ほどで、周囲12.6kmの小さな島だ。牛の牧畜が盛んなことから、「牛のしま」とも呼

もっとみる
ぜひまた読んでくださいねー
31

【SQUA編集部日記】 7/6 「OZ TRIP」

こんにちは。SQUA主宰のセソコです。

明日発売の「OZ TRIP」夏号は特集「島への旅」。沖縄から小豆島、奄美大島に礼文島までたくさんの島情報が掲載された贅沢な一冊なわけですが、沖縄は関東から42Pというたっぷりのボリュームで、本島周辺の離島、那覇のグルメスポット、宮古島・来間島、石垣島と与那国島を紹介しています。今回はこの沖縄関連ページの制作を担当させていただきましたよ。

実を言うと制作期

もっとみる
やったー!
7

vol.003 家族写真

獣医さんのAちゃんとは、月に1、2回会って、運動をしたり、公園を歩いたり、ランチをしたり、隣島へ遊びに行ったりする仲だ。毎日忙しそうにお仕事をこなす、猫が好きな、普段は無口で物静かな人。私とは暮らしている環境も仕事の内容も全然違うから、かえって一緒にいると落ち着くし気が楽になる。

そんな彼女は数年前から未熟児で生まれた子ヤギを引き取り、ヤギ子さんと名付け、知り合いの牛舎の一角を借りて育て始めた。

もっとみる
にふぇーでーびる!
35