松の司

松の司 純米大吟醸 JAL original

松の司 純米大吟醸 JAL original

今回紹介するのは 2020年度採用 JAL国際線ビジネスクラス搭載酒🛩 通常ですと空の上でしか飲めないお酒をコロナウイルスの影響で搭載前に数量限定で先行発売‼️ ということで大変珍しいお酒を頂きました✨ 味はフレッシュな果実を思わせる上品な吟醸香が漂い 口当たりは、ほのかな甘味を穏やかな酸味が引き締め、透明感のある味わいです! 松瀬酒造さん! 美味しくいただきました♪ありがとうございます♪ https://www.instagram.com/kchocoy/

2
【男酒の定番!大自然のような力強さを感じます】根強いファンが多い松の司AZOLLA /唎酒師コメント/販売リンクまとめ

【男酒の定番!大自然のような力強さを感じます】根強いファンが多い松の司AZOLLA /唎酒師コメント/販売リンクまとめ

流行りのフルーティーな日本酒にとらわれることなく、常に自分たちの酒造りにこだわりを持っている松瀬酒造から「松の司AZOLLA」を紹介します!今回は蔵元の思いやこだわりに焦点を当てながら解説していきます! 蔵元のエピソード 松の司の醸造元である松瀬酒造は、「日本酒の本質とは何かを常に考え、美味しい以上に大事なことを求めていきたい」というこだわりをもっています。「このお米を使いたい!」や「フルーティーな日本酒を造りたい!」といったような造り手側の自我を抑えて、その地域特有の酒

1
For you:日本酒における酵母の役割を知りたい貴方に①

For you:日本酒における酵母の役割を知りたい貴方に①

アルコール飲料である日本酒がアルコールを含んでいるのは、酵母菌が糖を分解した時のアルコールを蓄えているからです(分解時には炭酸ガスも出来て、その分解過程をキープすれば活性酒)。発酵ですね。 そのような、発酵という演劇舞台においては、酵母の存在は言わば主役であり、主役がいない演劇舞台は在り得ない訳です。そして、一部の例外を除いて、演劇舞台の監督である造り手、昔からの酒造りの役職名でいえば杜氏が、造ろうとする日本酒の酒質設計をする、例えるなら演劇舞台の演目を決める際に、だれをを

3
500
緑に囲まれた安らげる場所

緑に囲まれた安らげる場所

広尾にある研ぎ澄まされた日本料理を出す ミシュラン二つ星 青草窠 (せいそうか) 青草窠の意味は今回の題名である 六本木の有名な日本料理 松川の大将がオープン時は料理長を務めていた 青草窠の現料理長はナンバー2として煮方を務めていた山井氏 もともと二人は滋賀の料亭招福樓(しょうふくろう)からこちらに その後松川氏は独立、今や日本一予約の取れない料理屋に 山井氏は寡黙に店の看板を守り続ける それでは当日の流れを 【料理】 先付 岡山渡り蟹、出汁ジュレ、菊の花

6
松の司と日本料理との考察

松の司と日本料理との考察

この何ヶ月間ずーっと悩んでいたことがあった。 弊社とも長年取引のある 滋賀県 松の司 松瀬酒造 松瀬社長、石田杜氏から料理と日本酒のペアリングの勉強会を組んで欲しい、と大変光栄なご依頼を頂いた。 テーマは料理に合う酒、合わない酒。 しかし、相手は全員日本酒のプロフェッショナル、あきらかに濁ったもの、酸味が強いもの、甘いものを選んでも意味がない そうだ 松の司 VS 日本酒のトップを料理に合わせてディスカッションすることにしよう 料理は、研ぎ澄まされた料理を

11
おさけ日和!

#大津 #お酒日和 #日本酒のイベント #松の司

おさけ日和! #大津 #お酒日和 #日本酒のイベント #松の司