普通が一番

普通

久しぶりに橋本紡の小説を読んだ。
やっぱりこの人の書くお話が好き。

私は普通のお話が好き。

戦争もタイムスリップもない。
宇宙にも行かないし魔法も使えない。
海賊王を目指すこともしない。
本能寺で自害もしない。

何の変哲もないお話。
どこにでもいる普通の人のお話。

そういうお話が読みたい。

恋や苦悩や青春。
誰も気に留めないような小さなもの。
でも誰もが一度は経験するもの。

ちっぽけで

もっとみる
貴方にはアイスの当たりくらいの幸せを。
6

散策と外食と雑感【刈谷PA下り】

お疲れ様です。

皆様、暑い日が続いてます。熱中症には気を付けましょう。

シンプルな動画🔽

シンプルな私の取り組み。

仕事をする→シャワーを浴びる→感謝の食事→体調管理(常備薬で対応)→趣味の充実化→寝る→休息

普通の事が大切だと感じてます。

有難う御座いました。

もっとみる
_(..)_私も好きだな❗️
6

5月になりましたね。

おはようございます。茅ケ崎ドライヘッド専門店頭庵~zuan~です。

今日から5月ですね。

いつもなら5月病とか聞くけど、今年の5月は普段と違った5月になりそうですね・・・。

時間に余裕が出来たのに、お店も開いてない。

だからこそ 気づくこともたくさんあるとおもいます。

先日、サロンにみえたお客様は、【人が、入れてくれるコーヒーってこんなに美味しかったんだ。】と。。。

今コーヒーショップ

もっとみる

つみたてNISA解除【普通貯金】が無難と本能が知らせる。倹約創発の原点回帰がお薦め。

おはようございます。ウルファンです。

皆様は

つみたてNISAをしてますか?

私は今日、つみたてNISAを解除しました。

いい勉強になりました。

経済よりも日々の暮らしのちいさな幸せに気づける生活努力にこころを向けようと思いました。

評価損益はリッチな焼き肉二人前を食べ損なったかんじです。

私の理念の3本柱

投資信託を普通貯金に修正しました。

また、普通預金から倹約創発に修正しま

もっとみる
_(..)_お風呂でリフレッシュしてね❗️
5

【日本のこころ】食文化を信じる【自ずと免疫力UP】

おはようございます、ウルファンです。

昨今、新型コロナウィルスの話題で持ちきりですね。

手洗い、うがい、トイレ掃除(アルコールスプレー等は良いと感じます。)をしっかりとすれば取り敢えずOKと感じます。

日本の食文化、普通が一番だと感じます。

自ずと免疫力がアップする気がしました。

以下の動画は私が普通が一番だと感じて料理しました。

私は濃口で最後に味付海苔を醤油に浸してそのまま食べるの

もっとみる
_(..)_お風呂でリフレッシュしてね❗️
6

特別な日を”普通”で過ごせる幸せ

誕生日って

いつの間にか友達同士で【おめでとう】のやりとりをしなくなるし、

しなくなる頃には「もうこれ以上年とりたくないなぁ」ってなるけれど、

やっぱり祝ってもらえると嬉しいですよね。

もちろん「1年頑張ったね」って自分自身で、自分のこといつもより甘やかしてみたり。

今日の私は、

派手に遊んだりするわけではないけれど、

好きなことをして、好きなものを食べて過ごす。

とても最高だけど

もっとみる
ありがとうございます♪
2

今だから振り返る事ができる 其の1

写真を掲載して良いのか考えた‥
だけど!これが全て!ここから始まったのだと‥
今の息子を知ってる方々にも‥
見て頂きたいのです‼️
半端ない想いで今に至る事を‼️

やっと‥写真が見れる様になりました‥💧
植物状態の息子をちょっとでも意識が出たら!
ちょっとでも変化あれば先生に伝えないと!
でも悲しくて苦しくて‥シャッター押せない💧
数日撮る事が精一杯でした💧
撮っててよかったのか‥も

もっとみる
嬉し過ぎます❤️ありがとうございました✨
24

誰もが気にするよね。第一印象ってこうなってるんだよ。

人と初めて会った時、
誰しもが気になってしまうもの。

第一印象。

大抵の人は第一印象を良くしたいと、
考えているはず。

私もその内の一人でした。

しかし、気付いてしまった。

相手がどういう印象を持つのか、

自分には決められない

ということに。

「印象」というのは、自分では決められない。
他己からの一つの評価項目に過ぎず、
自分では手の届かないところにある。

例えば、
「落ち着きが

もっとみる
心からうれしいです!
6

ようこそ、ユーシャルホテルへ!

『力が制御できず恋人も抱けない?触れるだけ人が凍ってしまう?大丈夫!ここでは貴方が“普通”で居られる!』

「本当だな?」

 私は職員に尋ねた。

「本当ですよ、強力な解呪魔法が働いてますから。それでは、ゆっくり目を開けてくださいね」

 七歳の時、私は邪眼が開き、灼熱の視線が家族を町ごと燃やしてしまった。

 私は魔女の婆さんに拾われ、心で視る方法と魔法を学び、邪眼を取り除く方法を求め、25年

もっとみる

「いいこと」について

続。

「いいこと」に属す、様々な事象そのものが、
比較的限定的なのかもしれないな、というのは、以前から感じてはいた。

何を以て「いい」「いいこと」とするのか、という部分を
他者と共通認識が持てるものが、減るばかりで。

そういう意味あいなのかな。

それもあって私は、あえて他者にわかるような
「いい」「いいこと」の表現工夫はせず、
なるべく色をつけず、シンプルにしてる気はする。

ただ、
いい

もっとみる
Hope come true.
2