ぶつぶつ語ってスミマセン

掌編「エルゴォの不思議なマッチ。」|植木まみすけ(漫画,イラスト,文章) #note https://note.com/rk666/n/nebec009a75ca

エルゴォはとても真面目で優しくて

一生懸命まっとうに生きてる姿が可愛くて可愛くて

ぼうちゃんを絡ませてしまいました…

エルゴォはもしかすると小さいのかもしれない

とか思ったんですけど。

子供の目線に合わせて屈んでお話してく

もっとみる
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
17

掌編「エルゴォの不思議なマッチ。」

****

星語《ホシガタ》掌編集*15葉目

(4500字/読み切り)

****

****

「マッチだよ。マッチはいかが?」

月夜にシャンシャンと結晶降り積む、白く染まった”銀の町”。慌ただしい年末、今日はクリスマス。どこか遠く、コーディのブンチャカ言う音色に合わせ、不器用な縦笛の夜想曲が響く、がたがたの煉瓦道。

シルクハットの隅の埃を払い、袖も裾も引きずるほど長い煤けた外套には、た

もっとみる

掌編「慧ちゃんがいなくったって」

****

星語《ホシガタ》掌編集*14葉目

(731字/読み切り)

****

「ドーナツとか、食べてないよ?」
電話口で、口をもごもごやりながら。

「今日は空がピーコックグリーンだったよ!」
曇り空の下、遠くの町から変顔の自撮りが送られてくる。

俺の彼女はすぐにバレる嘘をつく。バレる。というより、隠す気がないのだ。

そして彼女に視える今日の空はたしかにピーコックグリーンなんだろう。

もっとみる

掌編「最後の竜、ディディ・クー」

****

星語《ホシガタ》掌編集*13葉目

(2033字/読み切り)

****

いつから逃げ続けている。何から逃げ続けている。

賭けて駆けて架けた先には、何があるのか、道はあるのか、続いているのか、ここはどこだ。そうだここは旅の途中───。

 ────水没した”ビルヂング”遠く立ち並ぶ中、ギザギザにアスファルト折れた、橋脚《きょうきゃく》の背の上。

昔々”コォソクドーロ”って呼ばれ

もっとみる

掌編「西からの使者、空に。」

****

星語《ホシガタ》掌編集*12葉目

(4352字/読み切り)

****

空は夜でもなく昼でもなく、なんというか“灰”だった。

遠くの方で、ゴゴ…と不穏な音が響く。

西の空だけがまるで大きな蛍光灯を消し忘れたような、うるうると不気味な白さのまま、ずっと沈みもせず、満ちもせず、欠けもせず、ただ往来のわたしたち、虚無、空っぽの横顔を薄暗く照らしていた。

───買い出し用のリュック

もっとみる

掌編「歪なクッション」

****

星語《ホシガタ》掌編集*11葉目

(3355字/読み切り)

****

チクチクチク、チクタクチク…。

気づけば、どこかの寒々しい暗闇の中、肩にショールもかけず、小さな蝋燭の灯りに目を凝らしながら、───何かを必死で縫っていた。やたらとちいさな…10㎝あるかないか。ぐらいのなにか。

今様色…?紅色…?いや、もっと彩度が高い……猩々緋《しょうじょうひ》色…?の何か、一部が丸かっ

もっとみる

掌編「世界は愛すに満ちてない?」

****

星語《ホシガタ》掌編集*10葉目

(4000字/読み切り)

****

「ミカちん❤️行ってきます」

犬ころ──わたしの長年連れ添った腐れ縁の彼氏──が寝てるわたしのおでこやらほっぺたにチューしまくって、起こさないように出て行ったのは覚えてる。

バイトが休みの朝。起きると、今日から梅雨明けだというのにやたらとひんやりしてて…部屋の壁が…?なにこれ。オフホワイトで、ざらりとめく

もっとみる

掌編「庭師は地平に林檎の苗を」

****

星語《ホシガタ》掌編集*9葉目

(2728字/読み切り/キャラデザ付)

****

線原《せんのはら》地区は、その名の通り、延々と地平線が続く区域で、神の一筆。という通り名がついているぐらい、だだっ広く、単調だった。

わたしは小包を抱え、隣丘の大ペリカンのところまで、”お使い”にでているところだった。歩くたびローブの襟から三つ編みがぴょこぴょこと生き物みたいに反り、西日が弾けた

もっとみる

掌編「鳩目町仕様ネイビーモデル67」

****

星語《ホシガタ》掌編集*8葉目

(2662字/読み切り/挿絵付)

****

****

陽炎の中、ゆらり、青い屋根連なる白ばんだちいさな町、霞んで揺れた。

──ここはどこだ?

これは残像?それとも────

ふと気づくと、わたしは、光の爆発の中、坂の上から遠く水平線が見渡せる、どこかの町の只中に突っ立って、ノースリーブのワンピースをなびかせ、眼下に広がる青を見ていた。

もっとみる

掌編「そんなところも?どんなところも」

****

星語《ホシガタ》掌編集*7葉目

(1141字/読み切り)

****

****

「なに読んでるの?」

色の薄い板張りのダイニングに、東からの白い光。くっきりと窓の影が描きだされていた。今日の空は何色だろう。

継ぎの当たった二人掛けソファから巨体をはみ出し寝そべりながら、日曜の朝からスマホをだらだらと読み耽る、わたしの………恋人?いやなんかもうそういうのではない。家族?腐れ縁

もっとみる