蒼い箱とすずめさん

掌編「蒼い箱とスズメさん」

****

星語《ホシガタ》掌編集*3葉目

(2031字/読み切り)

****


小さな蒼い箱に、白いリボン。暗闇の中、ポツン。ボクは"サミシイ"の箱。

それにしてもここはどこだろう。寒いなぁ。どうやらどこかのお屋敷の窓辺、作りもののとげとげの木の途中に、ひっかかってるみたいだ。

そうだ、ボクはプレゼントのカタチをしてるだけの小さな飾りモノ。明日は昔のエライ人が生まれた、お祭りの日なんだって。

イエスだかノーだか忘れたけど、たしかそんな名前の人。まぁどうだっていいけど。

ボクは"サミシイ"のぎゅうぎゅう詰め。この蒼い箱として生まれた時から、ずっとずっとこんなだ。慣れてしまった。

どうやらこの世界の、どこかの誰かが、捨てていった"サミシイ"。

ボクがサミシイでいっぱいに満たされてる時、捨てていったどこかの誰かは幸せであったかくって”ウレシイ”で満たされてるんだって。

ふぅん、そうかい。どうだっていいや、ボクは慣れてる。

「こんこんこんイブですよぉ!」かわいいあの子が窓の外。
窓の外、たまにちいさなスズメが遊びに来る。ボクは何しに来たの?と冷たく返す。

だってボクが満たされちゃったら"サミシイ"の箱の役割を果たせなくなる。まったくめんどくせぇ。


「蒼い箱さん、朗報です」

「"サミシイポイント"が1万ポイント貯まりましたぁ!

………?

なんだそれ…?外は雪が降り始めたみたいだった。青く遠く沈む町並。

「ポイントを引き換えて、"サミシイ"箱係を誰かと交替することもできますよぉ!」

考えたこともなかった…。代われるヤツだったんだこれ。しかしなんかもうボクは元々こういうモンだって思ってたから…。

「ポイントの使い方、他のは何かないの?」漠然と問い返す。
「ありますよぉ!」

スズメさんがだしてきたチラシの概要はこうだった。

1万ポイント「サミシイ箱交替券」
 8千ポイント「一日外出券」 
5千ポイント「ハワイごっこ券」 
4千ポイント「好きなコとチューする券」 
2千ポイント「牛丼5杯無料券」

なんだこの世俗的な展開は、冒頭で雰囲気出したのがアホみたいじゃないか。

「これは例えば2千のやつを5回使うとかいうのも出来るの?」
スズメさんは嬉しそうに「できますよぉ!」

このラインナップならフツーは一万のやつをみんな選ぶんだろうなぁ…。

「1万のやつは、選べばテキトーなヤツに代わってもらえんの?」
「指名しないとダメですね…」ちゅん…とうつむく。ちょっと可愛いなと思ってしまう。

代わらせるヤツを思いつかない。そして冒頭から何度も言ってるようにボクは"サミシイ"には慣れていた。

少し考えてボクは
「スズメさんと二回チューして牛丼でいいかな」「ボクのこと気にかけてくれるのキミだけだったから」

となげやりに言ってしまった。

スズメは、しばらくぽかんとして、ぽかんとして、急に真っ赤っかになった。

「あの…あの…あの…」
「それでは…たたた、大変お得なコースが…」


「ござござ、ございます…」

ほう…。

「まず…ハワイごっこ券を…使って…」

ほほう…。

「高飛びするところからです!」

スズメさんはバァンと窓をギャング映画よろしく叩きわって、くちばしで俺を窓辺からかっさらった。

「ハワイごっこ券の期限は半日…!それを2回使います…!それまでの間に時空の扉をぶっちぎれれば………逃げ…切れる…!」

雪に沈む街並みが、剛速球で後ろに逃げて飛んでいく。

≪come on Aloha `oe~!≫

スズメさんの号令ととも、景色が、気温が、本をめくるみたいにがらりと変化した。極彩色、碧い海、輝く南国、ぽっかり浮かぶ翠玉の島。ここはハワイ。南風切り裂いて飛ぶ。

「スズメさん…?」
「わたし、わたし、ずっと蒼い箱さんのこと…気になってて…!」スズメさんの顔が赤いのが、熱で伝わってくる。ボクがいる場所が、くちばしの先だから…。

「…ボクもだ」箱の一部が桃色になってしまった。生まれてずっと蒼い箱だったんだけども。

スズメさんはぎゅんぎゅん飛ばす。南のヤシ、めくるめく青、仰ぐパノラマ。眼前は、もう”ハワイごっこのセカイ”とかいうののはじっこの、お盆の上の海がざぁざぁこぼれて落ちる、世界の終り、宇宙の始まりの地点だった。

「ここからが正念場です…!」こいつははやぶさかなんかなのか、ほんとにスズメか?そうかこれが”恋”の魔力か。

両想いを乗せ、星々を切り割いて暖かい風。時空のうんたらに間に合うかどうかわからない。でもボクの中、初めて"ウレシイ"が満たされた。

ふぅんこんななんだ「うれしい」こーゆーのがウレシイってヤツか。すげぇな、こんないいモノだったのか、みんなもこんなだったらいいのにな。

スズメさんと蒼い箱は、飛んでった。時空を超え、着いた先、チューをまずは2回。

*。


——地球のどこか反対側、風邪っぴきの物書きが1人「今年のイブは最悪だなぁ…」へーくしょん!と真っ黒に焦げたさんまを落としそうになりながら、鼻を垂らした。

「なんだこりゃ、やたらサミシイな…」


数か月後、何故か物書きの家に、10杯分の牛丼の誤配達があったとか、なかったとか。

-了‐

書きおろし。メリークリスマス!
(c)mamisuke-ueki/2017

≪2葉目へ≫
≪4葉目へ≫


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートの収益金は画材や取材費などの必要経費にあてさせていただいております。全力で作品でお返ししますので、どうぞよろしくお願いします。

*凶*今日も服が裏返しだった
15
noteでは仕事以外の文章や交流がメイン活動になっています、ご理解の上フォローを。*Thank you for not reposting without permission! *自己紹介と仕事受付窓口→https://note.mu/rk666/n/nee97e3f536da

こちらでもピックアップされています

星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
  • 32本

地球町《あおやねちょう》の道端で拾った、ちょっと不思議な掌篇を収録。短編や読み切りばかり載ります。

コメント (2)
ツリーのオーナメントとすずめでこんなに可愛い恋の話になるとは……(°д°)
玉兎さん。ありがとうございます!なんかわたしの物語は種族関係なしに好き同士になるお話が多いんですが、うちの家財道具達の恋のお話を毎日横で見てるからだろうなぁって思います。ほんとうは”好き”に国境も、種族も偏見も、しがらみもないのだと思います。ただ好き同士ならそれで。自由に好きあいこ出来るセカイになればいいなぁって思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。