ほしがた02話jpg

掌編「何かがはじまるのは分かる」

****

星語《ホシガタ》掌編集*2葉目

****

「へーくしょん!」

ここは地球町《あおやねちょう》。木枯らしが吹き始める頃。

——俺は会社帰りぽつり一人。路地裏の屋根どもの隙間からチラとのぞく紅藤の雲、コートに肩すくめ目だけ遠い空を仰いでいた。暮れなずむ帰路。

「家、喰うもんあったかなぁ…」へーくしょん!

室外機から、寒々しく吐きだされる風に左右同時にぶおりと煽られ、先が濡れた赤い鼻をすする。朝剃ったはずの顎には、すでにばらばらと髭が復活していた。髪も朝よりもさっと伸びてるような気がするから困る。

『そこの冴えないお兄さん』

道端のどこかからふいに声。いかにも俺はプリンスオブ冴えないだけど、この声はいったい…?

『”去年の今日”も鼻が真っ赤だったね』
『いや、毎年か』

頭の上から降るようにくっくと響く笑い声。

「!?」

見上げると電信柱の天辺に、釣り目で色素の薄い端正な顔立ちの少年が、帳面を広げ座っていた。こげ茶と黒のグラデーションの芝居がかったマントを纏っており、まるで何か漫画の登場人物のようだった。

少年は目深にかぶった学帽をちょいとあげ、こう続けた。

『お兄さんは11月4日は、毎年風邪で、会社抜けて病院にいく癖があるね』


——物語でも始まるのだろうか。


『2年に一度、11月1日、星語《ほしがた》商店街、中央アーケードのひし形タイルの上に「眼鏡」を落とす癖があって…』

『そして11月28日は5年に一度、彗の橋交差点で、書類の束を風に飛ばす癖があるね』

少年は長めの前髪をかき上げながら、帳面をぺらぺらとめくる。


——俺は堂々と自慢してやるが、どうかすると今朝、飯を食ったかどうかの記憶も怪しくなるような頭脳の持ち主だ。そして今朝の飯も定かではなかった。


「…な、何なんだ?」


『ボクは”季”の書記』少年は薄く笑う。
『そして、今年の11月28日は、”5年目”だ』

次第次第に少年の周りを銀のオーラのようなものが、ぼわり包み始めた。

『その日は書類で”風”を引っ掻き回されるとちょっと困ることがあるんでね』

まるで小鳥でも指先に留まらせるように、枯葉をくるくるともてあそび操りながら、少年は続けた。

『今年はお兄さんに”邪魔”をさせないよう…』
『ボクが派遣されたってわけ』

雪のような表情で口の端だけで笑う。

指で印を切って寒空に向かって”合図”したかと思ったら 10mはあろうかという高さから、ふわり、木枯らしを纏い、降りてきた。

「ははぁ、わかった…」
——俺はこういう少年が出てくる物語を知ってる…。

「さてはお前…」

俺は灰色の脳細胞を目まぐるしく回転させ、自信満々で解答をはじきだし、言い放った。






「北風小僧だな?!」

少年は軽く転び、耐えられない様相で叫ぶ。

『もうちょっとラノベっぽいので頼む!!!』



—了—

《1119字》(c)mamisuke_ueki/2017

≪1葉目へ≫
≪3葉目へ≫

「小さな瓶の星ころ集」「昭和禁止」に加筆修正したもの。

おまけのキャラデザ。

****

”主人公”

この掌編はキャラの風貌の描写が結構キモだな。と思ったので、キャラデ決めてからリライトしました。ついでに載せておきます。キャラデ一緒に載ってると読者的にどうなんだろう。自由に空想する尺が減るよなぁって、載せるたび気にしているんですが。。

最初、モブにいそうな眼鏡かけたもやしみたいなキャラにしかけたんですが、そんなのが主人公で読みたい方がいるとは思えず却下。

****

”季”の書記。《きのしょき》

学帽の設定は後で考えたので描かれていません。こういう美少年キャラ描いたことなかったので、ツボ抑えられてるか?大丈夫か?ってなってますが…。

こいつは動いたり表情つけたら可愛いでしょうねー。

もともとnoteSSFにはこちらで参加しようかなぁと思ってたんですが、わたしの文章のPRでの参加でもありましたので、結局自分が一番気に入って書けたやつで参戦することにしました。


ではでは、ここまで読んでくださってありがとうございました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートの収益金は画材や取材費などの必要経費にあてさせていただいております。全力で作品でお返ししますので、どうぞよろしくお願いします。

*末吉*釣った川魚に「俺には妻も稚魚もいるんです」という顔をされた
25
noteでは仕事以外の文章や交流がメイン活動になっています、ご理解の上フォローを。*Thank you for not reposting without permission! *自己紹介と仕事受付窓口→https://note.mu/rk666/n/nee97e3f536da

こちらでもピックアップされています

星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
  • 32本

地球町《あおやねちょう》の道端で拾った、ちょっと不思議な掌篇を収録。短編や読み切りばかり載ります。

コメント (7)
皆さんありがとうございます!キャラデザ載っててうれしいやつと、装備設定すらいらないです。全部頭の中で補正します。みたいな系統のものがあるので、いまのとこ前者なのかなぁ。というコメが多いようですが、わたしは、自分で空想して描くから、公式設定は少なくていいですっていう性格なくせに、いざ自分で自分の描いたらみんなにみせたいぞーってなってしまう…!この件に関しては悩み続けるだろうなぁ。。重ねてありがとう。
【ぷらすさん】ありがとうございます!主人公こいつ、いち分野に突出した頭のよさはあるんですが、基本バカ設定なので、絡む人が可哀想になりますwキャラ的に気にいってるので何か違う物語に出てくるかもしれないですね!
【茉莉花さん】よかったー。ウケなかったらどうしようかと思ってupしました。ありがとうございます!この少年は、主人公と絡むと何故か素が出てしまう、根は素直なやつなので漫画で表情を描きこみたい感じのキャラなので、漫画で描きたいですねー!
【むいつさん】
マガジン入りありがとうございますー。なんか性格設定いっぱい字で書いてないと、どんな人か思いつかないので、出るまで書いてしまいます。むいつさんは面白いもの、楽しいものに敏感な方なので、書いたら絶対面白くなると思いますよ!お互い頑張りましょうー。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。