写真_2018-05-13_8_10_04_0

掌編「花唄屋」

****

星語《ホシガタ》掌編集*6葉目

(696字/読み切り)

****

****

「コイツに話しかけると”はじまりのたね”をいい声で唄うってんで、
地球《あおやね》町、人気の苗でさァ」「お兄さんなら、どの苗だろうね」

柄にもなく花唄屋の口車に乗って、三色すみれを、ひと鉢、連れて帰ることにした。

確かに花唄屋は繁盛しているようで、路地や軒先のそこかしこ、住人が植えた花だらけの町だった。

花唄屋の話をまるっと信じたわけではないけど

「俺は音痴だから羨ましいなぁ」と一言ぼそり。鉢の上の何の変哲もないような黄色の花と目が合った。


地球《あおやね》町は、電車で通りがかってはいたけど、初めて降りる町だった。昼下がりの陽が頬を照らした。

今日は休日出勤で、散らかった6畳間にそのまま帰るのも癪に障るから、ひと駅前で降りた。土手の遊歩道をたどり、そのままとなり駅まで歩いて帰ろうという、冴えない俺の小さな抵抗だった。

大樂《おおら》川の表面を、風が払って駆けていく。眼下には揺れる花々。若草の香りが鼻先をスゥと抜けていった。なんだか手を広げたら飛べそうな午後だった。

(すみれの花、咲く頃…)

なんとはなしにガキの頃の思い出。台所からリズミカルな包丁の音を引き連れながら響く、あたたかなソプラノの唄声が胸いっぱい広がった。

(おふくろは達者でやってるだろうか)

そういえば、長らく帰ってなかった。今年いくつになるだろう。

首の後ろから、南南西の風が、俺のただでさえボサボサな髪を散らかし、空の青を指して吹きぬけた。鉢の上の黄色い花ともう一回目があった。

「いくかァ…」

俺は苗を手に持ったまま、久しぶりに実家に顔を見せることにした。

何故そんな気分になったのかは、わからないけれど。

藍晶月13の日のことだった。



*了*


母の日のプレゼントとして書きおろしたもの。

(c)mamisuke-ueki/2018
≪7葉目へ≫
≪5葉目へ≫

お母さんに自作のハーバリウムをプレゼントしたら、とんでもなくオシャンティなのではないか…。という試みで今年の母の日は、このようなものを作った。花材詰めるの難しすぎて、結局思ったようには全然作れなかった。

ちいさな頃、「パンジーって、和名は三色すみれなんよ」という話をお母さんからよく聞いた。

高校の頃、合唱部だったお母さんは、唱歌ばかり台所で歌っていたので、「すみれの花咲くころ」はサビばかりやたら聴いた。(※サビ以外歌ってくれない)晩御飯の支度の音とともにサビが流れるたび(パンジーは三色すみれっていうんだっけ…)と何回も思いだしたりしていたので、じゃあ、贈るなら三色すみれのハーバリウムと、それになぞらえた詩かSSにしよう。と

この話をすると「まぁお母さんはいつもフンフンよく歌ってるからねぇ」と、三色すみれの話は、いまいち覚えてなさそうだった。SSは首をかしげつつも、「あんたのセカイはちょっと不思議なとこがいいねぇ」と笑った。

お母さんいつもありがとう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いつもありがとうございます。サポートの収益金は画材や取材費などの必要経費にあてさせていただいております。全力で作品でお返ししますので、どうぞよろしくお願いします。

*中吉*20m程先のお姉さんがいい匂いだった
18
noteでは仕事以外の文章や交流がメイン活動になっています、ご理解の上フォローを。*Thank you for not reposting without permission! *自己紹介と仕事受付窓口→https://note.mu/rk666/n/nee97e3f536da

こちらでもピックアップされています

星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
星語掌編集《ホシガタショウヘンシュウ》
  • 32本

地球町《あおやねちょう》の道端で拾った、ちょっと不思議な掌篇を収録。短編や読み切りばかり載ります。

コメント (2)
SSはもちろん、お母さんとまみすけさんの会話もいいなあ。今回のSSは作中に「すみれ」と出ているからかもしれないのですが、地球町の空の色、ピンクがかったラベンダーの色を想像して、いつもまみすけさんの作品には色があふれてるなあと思いました。
やっと返しにこれました。今回のお話は地球《あおやね》町の住人以外が出てくる話なので、不思議度抑え気味で、退屈な方もいらしたのでは…と思うんですが、お母さん業の方が何人か反応くださって、書いてよかった…と思いました。文は色を連想できる単語をいくつか配置するだけで、読者さまがセカイに美しい色を塗りながら読んで下さるとこが、書いていてとても好きです。茉莉花さんありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。