明治史

『榎本武揚の実像から学ぶ』横浜黒船研究会 代表代行 中山昇一さん

榎本武揚を中心に幕末史・明治史の研究をされている中山昇一さんにお話を伺いました。

プロフィール
活動地域:横浜がベース
経歴:早稲田大学理工学部電気工学科卒業。古河電気工業株式会社を早期退職し、本格的に榎本武揚の研究に着手~現在にいたる。
現在の職業および活動:歴史研究家。現在の研究対象は明治5年から明治41年の榎本武揚と産業との関り。榎本を調査すると榎本の言動の動機を調べる必要が生じ、時代背景

もっとみる
スキありがとうございます!
81

書評:開拓使官有物払下げ事件、あなたは正しく理解していますか?-『明治史講義』を読む。

前回、『明治史講義【テーマ篇】』(ちくま新書、2018年)の書評という形で、日本の開国年について論じた。一般に、高校の歴史教科書などに書かれた、通説にしか触れてこなかった人にとっては、目から鱗が落ちるような感覚を味わった方も多いのではないか。

そこで今回は、筆者も『明治史講義』を読むまでは誤解していた「開拓使官有物払下げ事件」をめぐる事実関係について、整理してみたい。

開拓使官有物払下げ事件、

もっとみる

書評:日本の「開国」時期はいつか。-『明治史講義』を読む。

日本の開国年は1854年か?

27日夜、国賓として訪日したトランプ米大統領夫妻を歓迎する宮中晩さん会が開かれた。冒頭、天皇陛下とトランプ大統領がそれぞれ挨拶され、筆者もその様子を中継で観ていたが、天皇陛下のお言葉に気になる件(くだり)があった。

 我が国が、鎖国を終えて国際社会に足を踏み出したのは、今から百六十五年前の一八五四年に、貴国との間で日米和親条約を締結したことに始まります。それ以来、

もっとみる