本日は、久々の和髪dayでした。
正式な場でしたので、単衣・付下げの着物です👘
今日涼しくて助かった💦💦

入門してすぐの挫折

平成18年に入門してすぐに

「花のお七」歌舞伎でも有名な

八百屋お七の台本で

浪曲のお稽古がスタート!!

しかし、和の音に触れるのは

ほぼほぼ初めての私にとり

お三味線の音が取れず…

いったいぜんたい

どこの音から出せば良いか

サッパリだった。

1番最初の私の調子は

師匠澤孝子と同じ

三下りの3の3で

お稽古をしていた。

ICレコーダーに録音して

常に聴きながら歩き

もっとみる
マジ嬉しい!
2

ビリーズ・ブートキャンプで筋トレ

もう何年前になるのかなぁ?

ビリーズ・ブートキャンプの筋トレを

本気で1ヶ月やったら

48kg→43kgに体重が減り

めっちゃムキムキになって笑笑

自分でも驚いた((´∀`*))ヶラヶラ

そんな時

浪曲の発声は

地声を出すために

腹式呼吸でなければ

声帯を痛めてしまう。

なので必要不可欠な技術

しかし!!

ムキムキに腹筋も割れて

私のお腹には

空気が入りづらくなり

もっとみる
マジ嬉しい!

言葉を丁寧に!!

入門当初、師匠澤孝子より

注意されていた事。

言葉を丁寧に話す様に!!

当時は、覚えた事をスタスタ話してしまう

クセがあり師匠から早口にならない事!!と

よく注意されていた。

言葉をぞんざいに扱わない様に!

一言ひとこと丁寧に話す事!

鼻濁音をちゃんと使う事!

もうもうそれはそれは一つ一つ

丁寧に教えてもらっていた。

しかも注意された事をすぐに

直さないと師匠も冷たいもので

もっとみる
嬉しゅうござりまする
9

嶋原太夫 京町家 撮影会

舞の撮影が大好きな京都在住のカメラマンの佐々木です。
京町家で島原太夫さんの撮影会があるということで参加してきました!

※京都島原太夫って何?!舞妓さん?!という方は↓こちら↓をご覧ください
『新選組がご贔屓さん!京都「島原太夫」の未来とは』

双子の禿・美羽ちゃんと里音ちゃんも参加と豪華な撮影会。

まず最初は「かしの式」。
置屋が揚屋に太夫を貸すためのお客様との顔見せの儀式です。
盃に顔を映

もっとみる

自分がいくら頑張っても

先日の師匠澤孝子との会話で

どんなに自分自身が頑張っても

台本とお三味線が良くなければ

今の自分はない!

私も同感!!

やはり台本の力は大きいし

お三味線の力も大きい!!

春日局の台本を読むたびに

ホントに日本語の美しさや

作家の先生の表現力は大きい!!

言葉で表現するのは難しいけど

そこに居た歴史の人物ひとり1人の

気持ちを汲み取っていると感じるし

実際、大西信行先生の

もっとみる
嬉しゅうござりまする
2

今日は春日局のご命日

春日局の今日はご命日!

これは行かねば!

先月、紀伊國屋ホール終演後に

師匠澤孝子のご贔屓さんに連れて行って

頂いた天ぷらやさんの道中に

ハッと見えた春日局の銅像に

胸が熱くなりタクシーだった為

一瞬しか見られず…。

これは行かねば!!っとずーっと

思っていた。

一瞬だけ見た春日局の銅像がこちら↓

そしてなんと!!

行こうと思って調べたら

今日はご命日ではないか!!

もっとみる
嬉しゅうござりまする
1

通い弟子になって

通い弟子として師匠澤孝子の自宅へ

いく様になって早14年が経つなんて

驚いちゃう(´⊙ω⊙`)

内弟子の場合、3度の食事が付いて

お稽古をして師匠宅の掃除をして

師匠の後見へ毎日出かける。

が日課だけど何故、内弟子になるのか

それは師匠と寝食を共にして

師匠の芸と師匠の人間性も垣間見える

そのことでより弟子として継承していくに

あたり精神面で全てを受継ぐと言う事

なんだと解釈

もっとみる
嬉しゅうござりまする
6

黒いGの話

苦手な人はそっと閉じて下さい。

今日、創作日本舞踊を見に行った。
芸術的素養0の私の感想は
楽しそうに踊るなぁ…
身のこなしが綺麗だなぁ…

だったのだが、
公演終盤、着物の上に黒い羽織を来てサングラスをかけた人が、摩訶不思議な動きをしはじめた。

Gである。
真夏に元気なアイツ。
沖縄で、デカイアイツ。
インドネシアではさらにデカイアイツ。
遭遇すると、高確率で女子が悲鳴を上げるアイツ。

もっとみる
ありがとうございますm(_ _)m
1

師弟関係って!?

早いもので師匠澤孝子と出会ってから

14年と言う時が流れた。

ふと振り返ると師匠澤孝子との関係の方が

母親より深い関係だと感じている。

内弟子ではないけれど澤門下は

師匠との関係性はとても深い。

誰かから何か頂いたりちょっとした事でも

必ず師匠へ報告して、師匠からお礼の

連絡をしてもらうので親そのもの。

そして師匠澤孝子は毎朝、弟子の無事を

願っている。

ふとした時に師匠から

もっとみる
スキ!をしてくれてありがとうございます!
4