採用学

〈感想〉伊達洋駆著「オンライン採用」新時代と自社にフィットした人材の求め方を読みました。

 先日、ビジネスリサーチラボ代表の伊達洋駆さんから、「オンライン採用」のご恵贈いただきました。

 ひとまず読んでから感想を……と思っていたら、すっかり日が経ってしましました。遅ればせながら、内容を紹介しつつ、個人的な感想を共有させてください。

 タイトル通り「オンライン採用」を進めるうえでのポイントが分かりやすく整理されています。採用学研究所の代表として多くのコンサルティングに携わってきた著者

もっとみる

【登壇告知】11/12 採用学7周年記念セミナー 2020年の採用活動を総括する」に代表の神谷が登壇します。

【この記事は、過去に株式会社エスノグラファーのHPに掲載されたものを転載しています。】

11/12採用学7周年記念セミナー「2020年の採用活動を総括する」に代表の神谷が登壇します。

採用学研究所が設立され7年が経過しました。採用学研究所では、毎年「記念イベント」として研究員4名が登壇するイベントを開催しています。

今年の記念イベントでは「2020年の採用活動を総括する」をテーマに進めます。

もっとみる

【採用】具体的にどう採用するのがいいのか?を考えてみました

前回、採用活動についての記事を書きました。

昨日、いったん結論づけた「採用のベースとなる考え方」は、以下の通りです。

【採用のベースとなる考え方】
・自社の優秀な社員と一般社員をあらゆる切り口から分析し、「優秀」の要素を定義する
・「変わりにくい要素」を持っている人を採用する
・「変わる能力」は、採用後に育成する

概要はこれでいいのかなと思ってはいるものの、これだけでは全体像しかわかっておら

もっとみる

「欲しい人材を手に入れる」人材採用を科学的にアプローチすると、、、

「マネーボール」という映画を見ました。

メジャーリーグの「アスレチックス」という球団が、限られた予算で選手を集め、リーグ優勝を目指す、という話です。

「採用学」という本を書かれた、横浜国立大学准教授の服部さんという方が、NewsPicks (ニュースアプリ) のなかで紹介されていたのをきっかけに見てみたのですが、めちゃくちゃおもしろかった。

ぼくは採用を担当したことがないので、あくまでイメー

もっとみる

「採用学」を読んでみた。

こんにちは。理系学生に特化した新卒採用のサービスを運営しているPOLで営業を担当しているまさしです!
今日は少し前に読んで、何度か読み直している神戸大学の服部先生が書いた「採用学」についてまとめていこうと思います。

・概要

神戸大学の服部准教授による採用を科学的に研究した結果についてまとめられた本。採用とはそもそもどういった活動なのか?という大きな話から、具体的な採用施策の事例紹介と、ひととお

もっとみる

勘違いしている!?攻める人事の資質とは!?

攻める人事というキーワード

​人事界隈で最近よくいわれているのが、攻める人事チームをつくることが採用のポイントいわれている。
しかし、リファラル採用がうまくいかない、人手不足、広告費、採用費用も高騰している。

現場は疲弊してしまい、長時間労働が問題視されるようになった。
そこででてきたのが攻める人事というキーワードだ。

最近の転職サイトのキャッチコピーとしても使われているものであるが実態とし

もっとみる

内定者フォローがファンベース採用のキッカケになる時代

内定者からはじまる新しい採用

昨日、一昨日とリファラル採用の方程式についてお話をいたしました。

社長と会社が大好きな社員と人事の小さなプロジェクトからスタートをして、小さなことからコツコツとやることをおすすめします。

いきなり社員全員に対して5人紹介をしてくれ!とか、紹介してくれたら3000円支給など、無茶苦茶なことを言い出すと会社への忠誠心がなくなり、社長は何を考えているんだよ!ということ

もっとみる
スキ!m(_ _)m
3

『人材開発研究大全』(中原淳編著)を実務目線で読み解く。 (7)採用学

2019年2月22日に梅田で行ったセッションでは採用を扱いました。『人材開発研究大全』の読書会はこれで一区切りです。歯応えのある(ありすぎる?)大著を編まれた中原淳先生には感謝あるばかりです。ありがとうございました。

採用を扱うためには、そもそもなぜ採用というアクションが必要なのか、という議論が必要です。端的にいえば採用か育成かという二つの観点での比較です。そこでセッションの冒頭ではキャペリを引

もっとみる
ありがとうございます!
3

中小企業の採用の未来➄【職場における非正規社員の役割変化】

多くの企業では採用担当者の業務ではないかもしれないが、非正規社員の採用も採用をポートフォリオとして考えた時に人材獲得の重要なルートとなる。特に、アルバイトなどの非正規社員がTwitterなどのSNSに不適切な投稿を行い、企業に多大なダメージを与えるニュースが連日流れ、非正規社員の質やマネジメントが経営課題となっている。また、アルバイトを募集しても、割に合わないと応募者が集まらず、マンパワーの不足に

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
8

中小企業の採用の未来④【幹部候補生は育成計画と連携させ個別採用する】

終身雇用や年功序列に代表されるように、日本企業における働き方には独自の文化や特徴が数多くある。そもそも、雇用関係や採用慣行、ワークスタイルは、文化や社会慣習、法規制からの影響を強く受けるため、国・地域の数だけ特殊性を持ちやすい。米国なら米国独自の特性があり、英国には英国独自の特性がある。そのような日本独自の特性として、採用や処遇といった人事施策の画一性がある。例えば、大学新卒の採用では「総合職」と

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
4