初めての履帯!!「HGUCガンタンク」の履帯を砂漠仕様に汚してみた!!

今回は、「HGUCガンタンク」の 履帯部分(キャタピラ) を「成型色を活かしたウェザリング仕上げ」で作っていきたいと思います。

筆者は、戦車などのミリタリーモデルは一切作ったことがないため、「履帯」という物に全く馴染みがありません!!

「戦車は敷居が高くてなかなか手が出せないけど、ガンタンクなら!!」ということで、「HGUCガンタンク」で 履帯制作デビュー です。

とは言っても、「HG」シリ

もっとみる
よろしければフォローもお願いします!!

戦車好きと言いたいなら最低限覚えておくべき知識

戦車の部品

・履帯(キャタピラ)
・主砲(大砲)
・砲閉鎖機(砲弾詰めるところ)
・砲塔(回るところ)
・ターレットリング(砲塔を旋回させる装置)
・ラジエーター(砲弾を当てるとたまに爆発する)
・弾薬庫(砲弾がいっぱいあるとこ、誘爆しやすい)
・装甲(乗員を守る鉄板)
主にこれくらい

主要国家の戦車の特徴(戦中)

アメリカ
・全体的に標準的な性能。
・砲弾の炸薬が多め
・砲精度は悪め
日本

もっとみる
ありがとうございます。
2

『不思議の国のアリス』巨大な子犬

『不思議の国のアリス』第4章で、アリスが巨大な子犬(enormous puppy)と対峙する場面。

タロット

この場面はタロット(大アルカナ)の寓意では11番の「strength」ですね。
「力」のカードはライオンが乙女の膝の上に乗っているデザインです。
「柔よく剛を制す」とか「愛は暴力に勝る」とか、大体そんな感じ。

というわけで、アリスが子犬を翻弄する場面も「力」を象徴するのです。

また

もっとみる
スキありがとうございます。感謝。

夢百夜(6) 戦車で夜道をはしる。

戦車で夜道をはしる。

戦車といっても小型で、軽自動車とおなじくらい。

キャタピラーなので、ゴツゴツした振動がひびく。

車内は快適ではない。

都内の住宅街の夜道を時速30km以上だして走っていく。

戦車のすすむ道のさきのT字路に一台の小型戦車がとまっている。

ギリギリすれちがえるか、のスペースしかない。

ぼくののる戦車はなんとかそこを通ろうとする。

が、接触のおそれがあるため、どうし

もっとみる
うれしいウットリ,,,
3

見えても見えなくても

意外と知られてない話だけど、ポケットの中身は写らない。どんなにハイスペックなカメラを使っても見えないところを写真に撮ることはできない。

だよね。その人のポケットに何が入ってるのかなんて、透視能力を使わなければ見える訳がないんだよ。財布が入ってるのかキーホルダーなのか。もうひとつの鍵は実家の鍵なのかガールフレンドの部屋の合鍵なのか... なんて。

だけど何があるかを知ってて撮る写真はすこし違う。

もっとみる

モケイ写真を撮る その2

旅先の集合写真みたいに模型を撮らない。そう思うことにしてます。

みんな横並びに観光地で撮った写真を友人から見せられても、ちょっと困ってしまうことがあります。「正月にハワイに行ってきた」ことは分かっても、それしか写ってない... 本人は楽しかった記憶があるからいいけど。

模型写真だと、完成した時に撮るアレです。模型を中心に据えてフレームにきっちりと全体を納めて隅から隅まで照明を当てて撮る写真です

もっとみる

極私的タロット考(7)勇ましいけど、そっち真顔かよ?(7番「戦車」)

さて6番の恋人もインパクトのあるカードでしたが、この7番は「戦車」です。もう単語を聞いただけで、猪突猛進のパワーを感じてしまいます。

パットンやロンメルではなく、ベン・ハーの方

カードの絵柄を見ると「どこが戦車?」という感じですが、これはだいぶ昔の「戦車」になります。よく見ると、戦車を引く馬の位置にはスフィンクスが陣取っています。

スフィンクスに引っ張らせて戦場を駆ける、というわけでしょう。

もっとみる
次の一歩を具体的に!
1

【7】「戦車」意味+α「シンプルシルエットタロット」大アルカナ

こんにちは。さいはてりとです。タロットカードの意味を書いていきます。画像はオリジナルタロット「シンプルシルエットタロット」です。

「戦車」とは

若い王様が戦車に乗り、目的の為に新たな一歩を踏み出し前進している姿。又は凱旋。又は出陣。戦車を引く黒と白のスフィンクスは相反する物を表す。黒は物質、本能、悪。白は精神、理念、善、など。

「戦車」正位置意味

物質も精神も克服。心身とエネルギーのコント

もっとみる
すごく嬉しいです!ありがとうございます!!
2

TAMIYA TIGERⅠ製作記

こんにちは!今回はタミヤ1/35タイガーⅠの製作です。タミヤのエッチンググリル、AFVクラブの稼働履帯を使用しました。
今回はヘアスプレーチッピングを多用して装甲表面に表情を入れていきます。

↑ひとまずサフを。

↑シャドーを吹きました。

↑濃いめのグレーで基本色を塗装。

↑エッジにメタリック塗料を。これは後でヘアスプレーチッピングをした時に金属地を露出させる為です。

↑ヘアスプレー塗装後

もっとみる

アレクセイ・シドロフ監督「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」はマニアが泣いて喜ぶハズ。

時は、第二次世界大戦末期。
舞台はドイツ軍に防衛線を破られ、撤退を余儀なくされたソ連軍の最前線。

主人公は、新米士官イヴシュキン。
真っ白に雪が降り積もった大平原の中、
彼は、軍用トラックで前線基地へ物資を届けるところです。

イヴシュキンが、作業をしていると
行く手を阻むように、前方から
ドイツ軍の重戦車パンツァーがヌッと現れます。
もう、戦車好きが、泣いて喜ぶ最高の登場シーンです。

もっとみる