タズネテキマシタ… | 個人的印象に残ってるほんとにあった怖い話

タズネテキマシタ… | 個人的印象に残ってるほんとにあった怖い話

1. 真夜中の徘徊者主演: 阿部寛、2003年9月放送 2. 死者のゆく場所主演: 真木よう子、2004年12月放送 3. 訪問者主演: 本仮屋ユイカ、2004年10月放送 4. 心霊スポット主演: 小池栄子、2005年3月放送 5. 幽惑ドライブ主演: 増田貴久、2007年8月放送 6. 叫ぶ廃病院主演: 溝端淳平、2010年8月放送 7. 顔の道主演: 佐藤健、2009年8月放送 8. 折れた護符主演: 蒼井優、2004年2月放送 9. S銅山の女主演:

霊園散策 レポート
+4

霊園散策 レポート

都内某所の『T霊園』に行ってきました! T霊園は、2つの市にまたがる巨大な霊園です。広大な敷地の中には、歴史上の偉人のお墓も点在しているとか...。 日中は散歩をする人たちもかなりいてのんびりとした雰囲気ですが、夜になるとまさに異空間。奥の方に入ると街灯は全く無くなり、辺りは闇に包まれます。周囲が明るい街中ということもあり、霊園の中と外とのギャップが恐怖感をいっそう引き立てます。 今回は、そんなT霊園に行ってみました!!上級生2名と、今年入会してくれた一年生2名で、大雨

スキ
12
深夜に歌うひとは誰?
+1

深夜に歌うひとは誰?

こんばんは。 パンツがない!事件の1年ほどたったお話です。 (こちらも以前にアメブロに投稿した記事を修正したものになります。) 当時、神戸舞子の奥にある、丘陵地帯にできた新しい団地の4階に住んでいました。 小学6年生、夏休みに入ったばかりのある日。 深夜、なにかの音で目が覚めました。 それは誰かの歌声。 女性が歌っている声でした。   はじめは「外で誰か歌ってんのかな〜」って思ったんですが、近い。 リビングから聞こえてくるんです。 「ル~~ル~~ル~~」と

スキ
10
神戸市まつこの部屋 スピリチュアルママと行くパワースポット!
再生

神戸市まつこの部屋 スピリチュアルママと行くパワースポット!

個人的に良いと思った神社・パワースポットの360VR動画での代理参拝です。分かる方には分かると思います。 今回は兵庫県丹波市に有る、柏原八幡宮にスピリチュアルなママ!松子ママと参拝してきました!ここから続く五社稲荷の不思議も近日アップしますのでお楽しみに!松子ママはやっぱり一味違う!!! ここの御祭神は・誉田別命(応神天皇) ・息長足姫命(神功皇后) ・比賣三柱命 (多紀理比賣命・多紀都比賣命・市杵島比賣命) ただ、参拝した日には鳳凰が見えました!僕が思ってたのとは違うようでもの凄く良い神社で、又一人で来ると松子ママは言われていました。 出雲連が始まりのこの神社には、八幡宮という名前になっていますが、元々は素戔嗚尊が始まりで、松子ママ曰く、神戸の生田神社は北側にある、生田の森の神功皇后と同じ神様がおられるようです。 ここの神社の空気感は本当に一度お参りしてご自身で感じて欲しいです! 素晴らしい神社でした! VRゴーグルでご覧になると場所の雰囲気も感じられますので、是非お試しください。

幽霊、みたことあります?
+1

幽霊、みたことあります?

こんばんわ。 太助です。 わっはっは、まぁ、なんですね。明るくいきましょう!わっはっは。 で、幽霊、見たことあります? ここのところ、CLIP STUDIO っていうお絵描きソフトをダウンロードしたので、使い方を体に叩き込もうと、ひたすら「落書き」を描いていたのですが、無意識に「お化け」や「幽霊」を描いているんですね。 それで、思い出したんですけど、 わたくし、2回、みてるんですよね。はい。 いやいや、これまた、季節外れな話題で、ほんとーにすみませんが、 でも

スキ
55
死んでも行きたい温泉宿

死んでも行きたい温泉宿

この前、友人と2人で千葉の下の方へ一泊2日の旅行に行った。 一人暮らしするなら畳の部屋がいい!という私は古くからある温泉宿を予約。 レビューはまあまあ良い。到着すればスタッフが暖かいし、地魚は美味しい。大好きなビールと一緒に生魚克服ができた。 確かに古臭いけれど掃除はしっかりとされていて昭和の雰囲気漂う素敵な宿だ。 友人とおばあちゃんちの匂いがするね、と盛り上がった。おばあちゃんちの匂いって全国共通なのかもしれない。匂いの元とは一体、、おばあちゃんの体臭か。。?あまり

スキ
3
近世百物語・第四十七夜「水の話」

近世百物語・第四十七夜「水の話」

 もう秋だと言うのに毎日が真夏のような気温です。熱い日は水の事故が多くなるので注意したいものです。  私はかなりの確率で雨男です。だからと言って、いつも雨が降っていると言う訳ではありません。ですが、重要な時はいつでも雨が降っています。また、祈りなどの儀式を行った後はほとんど雨です。  高山病で死にかけた時は、インドの乾季の季節に土砂降りのスコールに見舞われたこともありました。それも、外出しようとする度に雨が降るのです。  地元のインフォメーションで雨についてたずねると、 「大

スキ
8
近世百物語・第四十三夜「デパートの怪」

近世百物語・第四十三夜「デパートの怪」

 高校生くらいの時のことです。市内のデパートへ遊びに行くと、たしか呉服売り場でしたが、 「番頭さん、番頭さん」  と、しきりに叫ぶ老夫婦を目撃しました。  デパートで〈番頭さん〉とは、もう、そんな時代でもないのですが、ひたすら叫んでいました。しかし、誰も老夫婦に対応することすらないのです。それを見ていて不思議に感じました。老夫婦は着物を着ていて、時代劇で見るような、ちょっと古風な髪形をしていました。祖母が、日本髪を結っていたので不自然には感じませんでした。しかし、まわりの人が

スキ
9
近世百物語・第四十一夜「防空壕」

近世百物語・第四十一夜「防空壕」

 子供の頃、近所に大きな防空壕がありました。防空壕は戦争中に空爆の避難に使った施設です。私の故郷は〈軍都〉と呼ばれていましたので、大きな防空壕が市内にいくつも残っていました。  そんな関係もあり、子供の頃に住んでいた家の近所に大きな物が残っていたのです。防空壕は、建物と言うより岡に埋もれた入り口だけの感じでした。半地下の広場のような造りだったのです。軍の施設ですので、デザイン的な考慮もなく、無愛想な入り口だけが土から出ていて、もちろん窓はありません。  私はそこで人魂を見ま

スキ
9
嘘みたいな本当にあった怖い話①
+4

嘘みたいな本当にあった怖い話①

会話の流れで生霊がどうのこうのって話になって思い出したことがある(どんな会話だよ) わたしは霊感はありませんが、いくつか不思議な体験をしたことがあります。今回はそのことについて書いていこうと思います。 さて、皆さんは死にたいと思ったことはありますか?ありませんか?本当ですか?普通ありますよね?普通が普通ではないかもしれないって?すみませんでした。 あれは中学三年の秋のことでした。理由は割愛しますが、人生で初めてジサツについて考えたことがありました。誰にも内緒でまゆ毛用の

スキ
6