採点競技

ぴょんちゃんおりんぴっく、終わりましたね。imasara

なんだかんだ、冬のオリンピックをしっかりみたのは生まれて初めてだったかもしれません。
トリノとバンクーバーはフィギュアだけみた気がするけど、ソチってほとんど記憶にない。羽生のゆづるんが金とって帰ってきたのはなんとなく知ってたけど、どんな演技したかとか、全然知らない。覚えてない。

でも今年はちょこちょこ他の競技も観たんです。ビッグエアって

もっとみる
わたしは何番目ですか?
30

オリンピックを観ると疲れる。

私は冬季五輪が大好きだ。
夏季のオリンピックはそんなでもない。
なぜか、冬季のオリンピックがとてもとても好きなのだ。
特に好きなのはフィギュアスケートとカーリングとスノーボードだが、他の競技も好きなので、五輪中はなるべくまんべんなく観るようにしている。

なぜ、私はこんなに冬季五輪が好きなのだろう。

私は福岡県北九州市出身で在住なのだが、北九州市にはあまり雪が降らない。スノーボードやスキーをやろ

もっとみる

20180218社説から見る現代日本

おはようございます。
本日のオススメは毎日の二つの社説両方です。

①「藤井五段が永世7冠に勝利 将棋史の塗り替えが続く」/②「羽生選手が金、宇野選手が銀 心から快挙をたたえたい」

若い力で日本と世界を盛り上げていって欲しいです。

以下、社説からの引用です。

①「藤井聡太五段(15)が、朝日杯オープン戦に優勝した。15歳6カ月での優勝はもちろん史上最年少だ。準決勝では、「永世7冠」の羽生(は

もっとみる

我が家の嫁が述べました【8】

羽生結弦選手が見事に金メダルを獲得し、その演技に酔いしれたといっても過言ではないでしょうね。

https://youtu.be/ju39IAaLzWM

それに輪をかけて、ですよ。こんな風に愛国心を表現できることに敬服いたします、という感じ。

すごいのは演技だけじゃなかった…羽生選手が演技後のインタビューで「国旗だけは下に置けないので誰か持って下さい」とのお願いに称賛の声が集まる

これは並大

もっとみる
軽い気持ちで押しました?それが嬉しい!
2

ジンクスという名の思い込み

やっほーわたしですヽ(*´∀`)ノ
一行目からこれってふざけてんのか、ホント自由だなw

そんな前置きを踏み越えてすっごく自分的に残念なジンクスの話。

実は数年前に妹がフィギュアの高橋大輔が好きでよくフィギュア中継を見てるって聞いてからなんとなく気になりだしてみていたんですよね。
それから少ししてはにゅーくんの情報やらも入ってきて初めて見た印象は「やったらきれいな子だなー」でした。

フィギュア

もっとみる
ポチッとなヽ(*´∀`)ノアリガトー
9

他国選手、漢字名の読み方について。

中国の金博洋(Boyang Jin)選手。
中継でアナウンサーが何度も何度も
『キンハクヨウ』って呼ぶのにものすげえ違和感があった。

中国読みだとしてもジンボーヤン。
英語表記にするならBoyang Jin。

本当の読み方(発音)がわからなくて知人同士で『あの、中国の選手…きんはくよう?って読むの?』などと話すのはまだしも、公共の電波でわざわざ(間違っているのに)日本語読みにするからには、それ

もっとみる

歯について少し。

盛り上がってるみたいですね、オリンピック(←低め)

「ピョンチャンでチャンピョンに、俺はなる!!」

って誰も言いそうで言わないから、自分から言っちゃいましたよ山本です。
そんなわけで今回は歯医者の話です(ぇ)

歯医者は、選べる時代へ。

引越しという軽いライフイベントを挟んだせいで、ちょっとタイミングを失っていたけれど、そろそろ歯医者に定期健診に行くべき時期を迎えていたのでした、自分。

もっとみる
ぼ、僕もスキ…(〃▽〃)ポッ
8

そんなに皆五輪興味ある?
日頃スキーもスケートも全く興味ないのに。イナバウアーが背を反らすことだと思っているのに?
相撲や天皇関係みたいに、ネタが無いからマスコミが取り上げてるだけな気がする。
そうでなければ、日頃興味ないのにその時だけ騒げる軽薄さ、羨ましい。

ここで盛大に自白します

もうね、どんだけ自分時事に疎いんだと。
ニュースくらい見ようよってほんと何年振りかに自分に盛大にツッコミ入れた。

ネタは今現在氷雪が解けるほどに世界中の人の心を熱くしている平昌冬季五輪のお話。
っていうかすっごい今更感バリバリですし、もう自分あほの子でいいやって思っての告白なんですけどね、そういや告白って平井堅が歌ってましたよね、あれ好きでカラオケで歌ってるんですが、なに?ああうん、わかってるよ

もっとみる
わーい!スキありがとう!
10

0088-20180211【ビジネスパーソン必読の主要ニュース解説】

今週の振り返り、時事ポイントは以下のとおりです。

1.世界同時株安 2.平昌冬季五輪開幕 3.沖縄県名護市長選 4.ペンス副大統領来日 5.ドイツ政治情勢 6.EU議会改革

1.世界同時株安

2月2日(金)から米株式市場で下落が始まりました。

同日、米株式市場が前日比665ドル安の2万5520ドルと、9年2カ月ぶりの大きな下落幅を記録。

1月の米雇用統計で民間部門の平均時給が前年同月比2

もっとみる