中国版GPS 北斗システムとは

このタイトルの北斗システムでご覧になられたかたは、既にご存じなはなので、スルーで構わないと思います(笑)

で、

中国にも独自のGPSシステム北斗システムというのが、既に出来上がって運用されています。

そもそも独自のシステムが必要になった理由があれなのですが・・・

簡単に言えば、台湾に軍事介入しようとしていて、中米対決状態になってかなり気合が入っていた際に、米国が中国向けのGPS情報を遮断し

もっとみる
お金がザクザクと届きますように!

都々逸

梅田と書いて
バイデンと読む
いよっ!うまいね
大統領!!    喰粋
#都々逸

11/24 トレードと日経平均そろそろ警戒した方が良いかな?!

こんにちは
上げましたね〜久しぶりの爆上げでしたね。
という訳で今日は個別を買っておきました。
1887 日本国土開発
2301 学情
3082 きちりホールディングス
3667 enish

と。で以前から持ってる4599 ステムリムが本日のポジションです。
さぁーどうなりますかね。

そして日経平均ですが、そろそろ警戒した方が良いと思います。

警戒した方が良い理由
① ○○証券のアナリストた

もっとみる

(41)民意が如実に結果に反映されるアメリカ大統領選挙

こんばんは、たなです。今日のテーマはアメリカ大統領選挙についてのお話です。

ここ数世代の大統領選挙の結果は非常に分かりやすく民意が反映される結果となっているため、その事についてそれぞれの世代に分けてお話ししていきます。

2009年のオバマ大統領就任(民主党)

この時は、インターネットの普及、グローバル化の流れが加熱といった世界がひとつになっていく気質の強い時世だったように思います。そんな風潮

もっとみる

アメリカ大統領選挙の開票報道のひどさ(3)

これは(3)です。まだの方は(1)から読むのをおすすめします。

(1)、(2)では、メディアの開票状況の分析力の欠如について論じてきたが、ここからは、開票番組などでされていたおかしな解説について、いくつか取り上げることにする。

おかしな解説 ―州ごとの総取りのシステムのメリット―

 アメリカ大統領選は、ご存じの通り、全米の両候補の得票数で大統領を決めるのではなく、州ごとの(選挙人の)総取りシ

もっとみる
どうもありがとうございます。気に入っていただけてうれしいです。
1

ヒマなので大統領選挙💙

大手メディアはバイデン確定させてるけど、確定ではないのですね♥

バイデンちゃんの不正で、

バイバイ、デ〜ンになるかも♥

流行語大賞2021

「バイバイ、デ〜ン♥」

(⌐■-■)あると思います♥🐜

しみじみしみいる尿である 種田山頭火
10

アメリカ🇺🇸のゆくえ

なぜ、大統領が決まらないのか。

11/3に行われた選挙。それから2週間以上経っているのに。
全然、大統領が決まる気配がない。

トランプはTwitter中毒のアホな大統領だったのか?

今回の選挙だが、なぜか日本のメディア含めてトランプの言い分を
全くと言っていいほど取り上げない。まるで駄々っ子扱いである。
もしかしたら、4年前の就任直後から大規模なネガティブキャンペーンを
メディア全体に展開さ

もっとみる
数量限定で販売中
残り 10 / 10

TRADER VAL RCI SALON Vol.38. 大統領選挙の行方と為替相場の値動き予想

みなさまこんにちは
もうすぐ12月というにも関わらず、日中はTシャツ1枚で過ごせるぐらい
暖かい日々が続いていますね。
相場に関しては、為替はレンジ相場のため10月に資金の50%を失いましたが、
ここ2週間にて漸く損を取り戻すことが出来、一安心しています。

さて大統領選挙ですが、正式にまだ大統領が決まっていない状況です。
トランプ大統領も選挙のプロセスにおいて不正があったと各州において
裁判を起

もっとみる
スキをありがとうございます!!
1

アメリカの大統領選挙をみんなで見る。マットレスを敷いて夜通し、、、私は寝てしまったが。

「トランプ氏は『make America great again』と、言っているがアメリカがグレートだったことは一度もない!」とUS studiesのアメリカ人の先生が言う。そんな中、US大統領選挙に興味を持つ学生が集まって、大画面で選挙速報を夜通し見ると言うイベントが開催されて集まった。マットレスを敷き、寝ても良いような服装と毛布、距離を保ち、暖炉では薪が煌々と燃えていた。

すでに結果が出てい

もっとみる

11月20日 いま私たちは何を見せられているのか/クーデター、未遂に終わる

19日、校了作業が佳境に入り、数時間、ニュースを見ないで放置していたときに、かかってきた電話に対応しながらTwitterを開くと、いきなりジュリアーニの額から黒茶色い液体が筋となって流れている画像が登場してぎょっとした。ミシガン州の「不正」訴訟にしゃしゃり出たジュリアーニが記者会見を開いていたのだが、次に目についたのは、同僚のシンディ・パウウェル弁護士が壇上に立っている間に、横にいるジュリアーニが

もっとみる