地域の活動熱量

書いてみる

新着の記事一覧

文化庁 文化観光高付加価値化リサーチ 第三章〜第六章 全考察・インタビュー目次

坂口修一郎(BAGN Inc.代表 / リバーバンク代表理事) - 価値観で共鳴したコミュニティが熱量を高めていく

山出淳也(BEPPU PROJECT代表理事 / アーティスト) - 継続的な組織運営と関係性の蓄積が、経済循環を生み出す

北村志帆(佐賀県職員) - 「デザイン」を通じた外部の目線/声によって、地元に自信を持てる環境をつくる

小林新也(シーラカンス食堂 / MUJUN / 里山インストール代表社員) - 里山再生と後継者育成を結ぶ

荒尾浩之(温泉津焼 椿窯)- 使い手を想像し対話から生まれる作品と、新しい関係性

松村和典(大田市役所) - 地域の方々が輝けるようにサポートをする行政の役割

臼井泉 / 臼井ふみ(島根県大田市温泉津町日祖在住) - 私たちがいなくなっても、地域文化を守ってくれる人がここにいてほしい

近江雅子(HÏSOM / WATOWAオーナー) - 暮らしの良さを体感する中長期滞在

内田徹(漆琳堂代表取締役社長 / 伝統工芸士) - 顧客との接点を増やすことが、産地にもたらす価値