見出し画像

臼井泉 / 臼井ふみ(島根県大田市温泉津町日祖在住) - 私たちがいなくなっても、地域文化を守ってくれる人がここにいてほしい

editor's note
臼井泉さんとふみさんはHÏSOMのある集落日祖に住むご夫妻。最初は集落に宿ができることに反対していましたが、宿に滞在することで新しく集落に住む人がやがて現れることで地域の文化を守っていってくれることを見据え、宿にとって心強いサポートをしてくれる存在となりました。その詳しい経緯を伺いました。
かつて反対していた理由もよくわかるし、今では協力的になってくれている理由にも感動するのです。タイミングが合えば、宿を訪れるお客さんに魚や野菜の差し入れをしてくれます。ご夫婦の暮らしの延長線上に、外から来た訪問者がまぎれこませてもらえる。暮らしのついでだから無理がなく、観光のパッケージ化できないことの良さがそこにはあります。そしてそれが確かな価値になっています。

臼井ふみ:私は松江に生まれて、主人の実家に帰ってきた20年前から日祖に暮らしていますが、当時の日祖は海で岩海苔やワカメ、山で山菜を採り、江戸時代の人もこういう生活をしていたのかなというのが見えるような、そんなところでした。

臼井泉:まだ大正生まれの人が多くいて、戦前の生活をみんな経験していましたから。いまこの集落は11軒で、総勢22人です。そうした集落の中に外の人が入ってくるということは、とても大きな影響があります。だからここにゲストハウスを作るという話があがってきたとき、最初私は反対していました。

臼井ふみ:私も反対でした。ゲストハウスというと、安っぽい宿に外国の方が出入りしているというイメージがあったんです。

臼井泉:騒音やごみ、治安の問題が起こると思っていました。平和に静かに暮らしているのに、知らない人がたくさん来たら大変だと。けれど近江さんが孤軍奮闘で頑張っていたし、何度も説明会をやってくれました。

臼井ふみ:集落でのお話し合いには、普段は男性しか出ないのです。でもその時は「私も出てもいい?」と言って参加しました。他の家の女性も出てこられて意見を言われていて、性が集落のあり方に関われるということは、この集落にとっては画期的なことで大進歩だったんです。説明会ではとにかく近江さんが、一つひとつの質問に真摯に答えていました。私も結構きついことを言ったのですが、それでもすごく一生懸命に答えてくれました。そうした近江さんの人柄も大いに関係しています。

臼井泉:がらりと気持ちが変わった出来事がありました。近江さんが「この地域、この土地がとてもいいところだから、『住んでみたい』という人が出るようになればいいな」と言ったんです。
私たち夫婦は子どもは女の子1人しかいなくてお嫁に出してしまったから、私たちが亡くなった後はどうなるかというと、臼井家はもうなくなります。そういう家がたくさんあります。ここは住むのにいいところだし、特産の岩海苔もワカメもあります。今はどんどんつくる人がいなくなっていますが、板ワカメという島根や鳥取の海岸で作られる独特の産品もおいしいと喜ばれます。私はそういうものが文化遺産だと思っているのです。私たちがいなくなっても、そんな文化を守っていってくれる人がここにいればと思います。
だから、「泊まったお客さんの中から、『いい所だな』『ここに住んでみたいな』と思うような人が出てきてほしい。そのためにここをつくります」と近江さんが言ったとき、そういうことなら協力しようと思いました。臼井家はそのうちなくなるけれども、ここに住み着く人が出てきて、大切な岩海苔やワカメを守っていってくれたらと思います。

臼井ふみ:私としては住むということはなかなかハードルが高いから、とりあえずいろいろな人が来てくれたらいいなと。その先に、誰か住む人も出てくればと思います。お客さんを選ぶというと変ですが、近江さんはその辺をきちんとされていて、あまり変な人が来ないように宿泊料金を少し高く設定しています。
彼女が地元に住んでいる人だということも大きかったです。よそから来て企画だけしてどこかに行ってしまうような人ではなくて、彼女はずっと地元に住んでいると思ったら、やはり信用できるでしょう。
HÏSOMができて実際にいろいろな方がここに来るようになって、人に会えることがとても楽しいです。自宅に居ながら、世界を飛び回っている女性や起業している女性など、絶対に会うことのできなかったような人が向こうからやってくるのですから。うれしいのは、来てくれた人が一度だけではなくまた帰ってこられることです。
WATOWAにも料理人が変わるのでしょっちゅう行きます。各地から来た料理人の方々が温泉津の食材を使っていろいろな料理を作ってくれるのが、とてもおいしかったです。HÏSOMやWATOWAがなかったら会う機会のなかった方々と自身の趣味(野花のフラワーアレンジ、郷土料理)を生かしながらお付き合いできる。人生とは何歳になっても思いがけない展開をするものだと驚いています。

臼井泉 / 臼井ふみ(島根県大田市温泉津町日祖在住)

第五章 地域の活動熱量・関わり人口 - 考察
地域の活動熱量 
地域内に地域の魅力を向上させる主体的な活動を起こすリーダーやコミュニティがあること

関わり人口 能動的に地域を行き来する訪問者と、地域住民の双方向に良好な関係があること

第五章 地域の活動熱量・関わり人口 - インタビュー
地域の資源を見つけ、磨いて、価値化することで、創造的な産地をつくる
新山直広(TSUGI代表 / RENEWディレクター)

行政は黒子に徹し、「めがねのまちさばえ」をプロデュース/発信していく
髙崎則章(鯖江市役所)

産地の未来が「持続可能な地域産業」となる世界を思い描いて
谷口康彦(RENEW実行委員長 / 谷口眼鏡代表取締役)

ものをつくるだけではなく広める/売るまで担う新時代の職人
戸谷祐次(タケフナイフビレッジ / 伝統工芸士)

顧客との接点を増やすことが、産地にもたらす価値
内田徹(漆琳堂代表取締役社長 / 伝統工芸士)

暮らしの良さを体感する中長期滞在
近江雅子(HÏSOM / WATOWAオーナー)

私たちがいなくなっても、地域文化を守ってくれる人がここにいてほしい
臼井泉 / 臼井ふみ(島根県大田市温泉津町日祖在住)

地域の方々が輝けるようにサポートをする行政の役割
松村和典(大田市役所)

使い手を想像し対話から生まれる作品と、新しい関係性
荒尾浩之(温泉津焼 椿窯)

里山再生と後継者育成を結ぶ
小林新也(シーラカンス食堂 / MUJUN / 里山インストール代表社員)

「デザイン」を通じた外部の目線/声によって、地元に自信を持てる環境をつくる
北村志帆(佐賀県職員)

継続的な組織運営と関係性の蓄積が、経済循環を生み出す
山出淳也(BEPPU PROJECT代表理事 / アーティスト)

価値観で共鳴したコミュニティが熱量を高めていく
坂口修一郎(BAGN Inc.代表 / リバーバンク代表理事)

文化庁ホームページ「文化観光 文化資源の高付加価値化」
https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/93694501.html

レポート「令和3年度 文化観光高付加価値化リサーチ 文化・観光・まちづくりの関係性について」
https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/pdf/93705701_01.pdf(PDFへの直通リンク)
これからの文化観光施策が目指す「高付加価値化」のあり方について、大切にしたい5つの視点を導きだしての考察、その視点の元となった37名の方々のインタビューが掲載されたレポートです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!