和歌山県白浜町

DXとSCはやらないと先は厳しい…🏙

DXとSCはやらないと先は厳しい…🏙

桜も咲く別れの多いこの季節、常駐先の人でも定年退職者が多く出ており、かつ新卒は内定辞退者が続出したってことで、いよいよ人手不足も本格化しそうな勢いです。 実際のところとして定年でスッパリ退職する人はそんなに多くはなくて、再雇用で雇われる人が多いです。そんな状況を見た常駐先の人は「職場が老人ホーム化するわ」と言っていましたが、ともあれ常駐先が少子高齢化の日本を象徴する職場となりました。 この先も人口は減り続ける以上、若い世代の新規採用も減り、いよいよ本格的に仕事や暮らしの在り方

5
Xperia同士でも意外と写真写りは違う📱

Xperia同士でも意外と写真写りは違う📱

Android4.4でテザリングが出来なくなったため(原因がOSじゃない可能性もあるけど)楽天モバイルを解約し、月間30GB使えるLibmoに替え、スマートフォンもSOー03Jへと変更しました。 元々のXperiaはSOー04Eですが、白浜旅行をするにあたり、ちょっと撮り比べしてみたくなったのです。 方やSOー04Eは1300万画素。一方、SOー03Jは1920万画素あります。L判プリントなら500万画素でも十分なのですが、改めてXperia同士ので2013年モデルと2017

2
白浜町…楽しかったで🏝また行くわ🚈

白浜町…楽しかったで🏝また行くわ🚈

駅メモとJRのコラボ、和歌山・南紀イベントに参加(?)してきました。 和歌山県の特急くろしお停車駅にて位置登録をすると、駅メモ内で鉄道むすめ、黒潮しららが加入してきます。 元々紀伊田辺のゲストハウスに宿泊予定でしたが、予定変更して白浜のグランパスinnへ変えたため、失敗することなく目的を達成することができました。 白浜町では三段壁(さんだんべき)と円月島、アドベンチャーワールド入口がミッションに入っていたのですが、明光バス102系統を使うことで、アドベンチャーワールドは下車す

マルチリンガルが語る~南方熊楠~

マルチリンガルが語る~南方熊楠~

こんばんは、しょうごです^^ 今日のテーマは、南方熊楠 (1867-1941)です。 そう、我らが和歌山県が世界に誇る博物学者(粘菌研究で有名)、生物学者、民俗学者であります。 学閥に属さなかったこともあり、あまり世の中で知られておりません。もっと上手く功績を遺せていたらと、悔しさすら覚えさせる人物です。 幼少の頃より、博覧強記(はくらんきょうき=凄まじい記憶力)で知られ、近所のお家で見た本を覚えて帰り(多分何度も通った)、同じ内容の本を自分で作ったことは伝説の一つ。

37
和歌山、ひと夏の記憶 その14

和歌山、ひと夏の記憶 その14

和歌山の観光ホテルで住み込みバイトを始めて1週間がたった頃、京都組のサチとサヤカはせっかく慣れた客室係を外されて、レストランと夕食バイキング担当になった。 2人が抜けた分、翌日には新しく福岡組のリゾートバイトが来るという。それまでは私と学生バイトの4人体制。平日だったので余裕ではある。 客のチェックインを待っている間、学生バイトの多部ちゃん(多部未華子似)から恋愛相談を受けた。多部ちゃんは高校2年生。3年生に好きな人がいて、先輩が卒業するまでに告白すべきかどうか、みたいな

4
和歌山、ひと夏の記憶 その13

和歌山、ひと夏の記憶 その13

寮のルームメイトのリナが、部屋に帰ってこなくなった。日中、下着や服を取りにちょこちょこと戻っている形跡はあるので、生きているのは間違いない。しかし、一体どこで寝泊まりしているのか。ホテル周辺は宿や民家など一切なく、あるのは1軒のローソンと広い道路だけだ。 私は私で忙しい日々を過ごしていたある日、昼休憩で寮に戻ると、下駄箱の上にリナの手帳が置いてあった。8月のマンスリーページが開かれていて、そばにはボールペンが転がっている。何かをメモして、そのまま忘れて行ったのだろうか。

1
和歌山、ひと夏の記憶 その12

和歌山、ひと夏の記憶 その12

深夜を過ぎても戻らない寮のルームメイトのリナ。私は心配しながらも疲労でうとうとし、気づいたら朝になっていた。すると、リナがいつの間にか横ですやすやと眠っている。何時に帰ってきたのだろう、、、。よっぽど疲れているのか、私が家を出るまで起きず、昨日は何をしていたのか聞くことができなかった。 私はその日も、朝食の配膳、チェックアウト後の客室の備品補充、客室案内、日の入りイベント対応に従事した。途中、客から大浴場の場所を聞かれたので、案内することに。前にも説明したが、物理的には地下

2
「死にたい」「居なくなりたい」って思ったことはありませんか?

「死にたい」「居なくなりたい」って思ったことはありませんか?

自殺防止サポーター 瑚心すくい 私は平成バブル崩壊から自殺者が増え、その要因となっているのが「うつ病」ということを知り、それ以来毎年統計を取って「うつ病」や「うつ症状」、またそれに自分自身が気づいていない方々の話を聞いているうちに 「自殺防止サポータ―研修」を受けることにしました。 研修は、すごく為になるもので、しかも内容が毎年違うので2年続けて受けさせてもらいました。私も参考書籍や記事などを見るようになって、自分が自殺未遂したことが切っ掛けだったと思います。 コロナ禍

8
日帰り白浜

日帰り白浜

4
WorkとVacationの両立に最適!顔認証&ワーケーションの先端事例@和歌山県白浜町

WorkとVacationの両立に最適!顔認証&ワーケーションの先端事例@和歌山県白浜町

和歌山県の白浜町に行ってきました。 NECの顔認証プロジェクトの実証実験を体験。国内では最先端の取り組みの一つとして、白浜町とNECが町を上げて実験をしています。 南紀白浜エアポートでのウェルカムボードに始まり、シーモアホテルや併設のお寿司屋さんすし八咫、いけす円座、白浜ビーチ、フィッシャーマンズ・ワーフでの顔認証決済体験、さらには人気のレジャースポット・アドベンチャーワールドでの顔認証決済と街全体での顔認証実験が行われています。 事前にwebアプリで顔登録を済ませてお

2