君が僕らを悪魔と呼んだ頃

衝撃作!記憶喪失の童貞男子高校生が、実はリンチ・レイプ・拷問なんでもしてきた真性の「鬼畜」だったら?『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

衝撃作!記憶喪失の童貞男子高校生が、実はリンチ・レイプ・拷問なんでもしてきた真性の「鬼畜」だったら?『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

※本記事は、「マンガ新聞」にて過去に掲載されたレビューを転載したものです。(編集部) 【レビュアー/堀江貴文】 『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』は衝撃作だ。 どこにでもいるうだつの上がらない高校生の主人公・斉藤悠介。童貞で、初めてできた彼女にどう接していいのかわからない。そんな彼は、自分さえも知らない秘密を抱えていた。主人公は記憶喪失なのだが、記憶を失う直前まで、彼は真性の「鬼畜」だったのであった。 私は刑務所にいたことがある。事実は小説よりも奇なり。 刑務所には本当の

2
【考察】人のうわさ話って信じますか?

【考察】人のうわさ話って信じますか?

1. 漫画の説明 昨日の夜、おすすめの漫画を紹介しているYouTubeの動画を見た。 その動画の中で、おすすめランキング一位の漫画は、『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』というものだった。 僕は気になって読み始めた。 23時から読み始めたのだが、ストーリーを把握できる速度で流し読みした結果、全154話を1時に読み終えた。 前半は特に超サスペンスで、グロいし目を背けたくなるほど胸糞悪い印象を受けた。イジメの程度が現実味ないほど過激なのだ。 まず、この漫画のあらすじを紹介をして

24
【漫画感想1】「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」 完結済

【漫画感想1】「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」 完結済

完結した漫画を読んで出てきた感想を書きなぐって気持ちを整理するために始めました。当然ネタバレあり 第一回は「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」 1~14巻 完結済。全154話。 中学まで極悪人だった主人公のその後(高校生編と更に10年後編がある)を描いた漫画。 あんまこういう拷問なり強女女女の話は好きじゃないんですけどなぜか惹かれちゃった。 キャラはかわいい(重要) 中盤の主人公が味方か敵かわからない展開がすごくよかった。気になりすぎて一気に読み切っちゃったよ。 最終回

2
漫画紹介⑤

漫画紹介⑤

 今回もおすすめのマンガについて紹介します。 その作品は、 「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」という作品です。  あらすじは、主人公・斉藤悠介は一見、普通の高校生で明るく頼もしい好感を持たれる人物です。しかし、彼には記憶喪失で過去の記憶が全くありません。  過去の彼に『何か』が起きて記憶を失っています。 そんな中、彼の友人の言葉に絶句します。  『お前は記憶を無くす前は悪魔だった』と。   この作品は、2つの謎を追っていくのが魅力です。  ①悠介の戦慄する過去とは一体何

19
オススメ漫画【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】

オススメ漫画【君が僕らを悪魔と呼んだ頃】

こんにちは。ストレスフリーダイエット配信者KEITAと申します。メインはインスタなのでnoteでは思考を深めたいことやアウトプットしたいことジャンル問わず配信して行きます。 いきなり暗めの投稿で恐縮ですが...笑 投稿せずにはいられない良作と出会ったので、 宜しくお願いします。 君が僕らを悪魔と呼んだ頃という漫画を読み終えました。 感想を一言でまとめるのは非常に難しく、深く考えさせられる良作でした。 この作品は「過去の罪は清算はできるのか?」という問いに関しての物

8
人の目を気にする自分を救う方法

人の目を気にする自分を救う方法

今25歳の僕は22歳くらいの頃に人の目を気にすることをやめた。 今思えば22歳までの人生は本当に人の目を気にしてばかりの人生だった。 自分が何をするにしても人の目が気になった。授業中、自分が今手を挙げたら『なんやあいつ授業にめっちゃ積極的やん(笑)』と誰かが言ってる気がする。 友達と出かけてるときもみんなが楽しそうにしてるのに誰かが自分を見ている気がしてハメを外しきれない。 キモいと思われてるんじゃないか関わりたくないと思われてるんじゃないか。 立っていると周りから

5
マンガ感想 さの隆さん『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

マンガ感想 さの隆さん『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

まんが王国で読みました。 主人公が中学生の頃に極悪非道な行いをしていて、その報いを受け続けていくような内容です。 しかし、この主人公は逮捕もされていなければ、もちろん起訴もされていなく、前科があるわけでもないのです。 そもそも中学生では、頑張っても少年院でしょうけれど。 その後に主人公に絡んでくる昔の仲間が今も悪いことし続けているという部分は、年齢的にもアウトなのでうまくすれば排除できたのではないかと思ってしまいました。 主人公の死後、20年経ったあとの話でタイトルの

リンチ、拷問、レイプ……記憶喪失した自分の罪とどう向き合う?『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

リンチ、拷問、レイプ……記憶喪失した自分の罪とどう向き合う?『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』

私は昔から本屋めぐりが好きで、まったく名前を知らない作家さんの本を「表紙買い」することも多かったのですが、最近では電子書籍のストア欄で同じような事をしています。本作に関しても、まず最初に目を引いたのは表紙の絵からでした。 「自分」が女の子の首を絞めている光景。しかも彼女はなぜか笑みを浮かべている……? この異常な「光景」が気になって、読んでみる事にしました。どこにでもいそうな能天気な高校生、斉藤悠介。最近はついにガールフレンドとの初キスに成功し、まさに幸福の毎日。しかしそ

10