吉田式マーケティングメソッド

新型コロナウィルス収束後の行動経済スタイル

富士通が国内オフィス半減へ

富士通がグループ会社を含め、
「国内オフィススペース」を3年後をめどに半減させると発表しました。
現在、富士通では、
新型コロナウイルスの感染拡大を抑える為に、
オフィス出社する従業員を、
最大でも25%程度に抑えているそうです。
そこで、
緊急事態宣言解除後も在宅勤務を基本とする方針を打ち出しました。
これは、
固定的なオフィスの削減と言う意味ですので、
実質家賃負

もっとみる
ありがとうございます(^^)
3

地域観光経済の起爆剤×行動経済

朝ごはんフェスティバル

日本全国の宿泊施設がこだわりの朝ごはんを競い合う
白熱の料理コンテスト【朝ごはんフェスティバル】
これは…
全国の旅館やホテルなどの宿泊施設が自慢の朝ごはんを競い合うと言う、
年に一度の料理コンテストです。
旅先で食べる「おいしい朝ごはんの魅力」はもちろん、
各地域の食文化なども広く紹介するイベントとなっています。
楽天トラベルが行っている、
国内の登録宿泊施設の中から日

もっとみる
ありがとうございます(^^)
2

同調圧力と行動経済その②

前日のおさらい

昨日記事を書かせて頂いた、
同調圧力と行動経済その①では、
日本人は他人と自分を比べすぎると言う点と、
人と同じ事で安心すると言うバンドワゴン効果
嫌われたくないと言うプロスペクト理論
そして…
同調圧力と行動経済の具体例として、
催促しても年会費を払わなかった方が払うようになった訳と、
なぜ行政が行動経済を学ぶのか?について、
書かせて頂きました。

行政側が外出要請を掛けたい

もっとみる
ありがとうございます(^^)
2

同調圧力と行動経済その①

人と自分を比べてしまうこと

日本人は諸外国と比べて…
「隣の人」と「自分自身」を比べがちである人種です。
これは「意識レベル」だけじゃなく、
「外見レベル」に関してもかなり根深く根強い考えがあるのだと感じます。
自分が周囲からどう見られているか気になって仕方がないとか、
自分に対して自信が無いと思っている人が多いのです。
これは他人との競争となり、
お金を使う競争となってしまいがちです。
どうい

もっとみる
ありがとうございます(^^)
1

ナッジと経世済民と行動経済

ナッジの使い方

ここ最近、
ナッジの事について日々書かせて頂いております。
ナッジとは、
「正しい行動を上手く取れない人を支援」する目的で運用されるべきと言う前提があります。
「特定の目的を達成したいという気持ちをもっている人の行動を促進」
「そのような理想的な目的をもっていない人に理想をもたせて行動させる」
と言う観点があります。
だからこそ、各行政の省庁が国民の為になる事を、
低コスト×スピ

もっとみる
ありがとうございます(^^)
5

コロナ自粛下アンケート(ふくおか経済特集)

コロナ自粛下、ネット購入は月一回が32%!16%が5,000円以上!

ステイホーム中の全国生活アンケート(吉田行動経済研究所調べ)
弊社のアンケート記事が2020年7月号の「ふくおか経済」に特集されました!
以下、記事全文
今般のコロナ禍の外出自粛期間中にネット経由での商品購入頻度が
「1カ月に1回以上」と答えた人が32・2%にのぼることがわかった。
一方で、
「ネット経由で購入しない」との回答

もっとみる
ありがとうございます(^^)
6

健康経営とナッジと行動経済戦略へ

METIナッジユニットの設立概要

現在、
我が国の行政機関も行動経済学の展開を少しずつ広げようとしています。
以下は経済産業省が立ち上げた「METIナッジユニット」の概要です。
経済産業省は政策の施策効果の向上を図るため、
行動経済学の知見に基づく新たな政策手法である
「ナッジ」の活用に向けて、
省内に新たなプロジェクトチームとなる、
「METIナッジユニット」を設置しています。
今後、METI

もっとみる
ありがとうございます(^^)
14

コロナ禍とナッジと行動経済

コロナ禍による制限を考える

ナッジ理論を日々深めていると…
街を歩いているだけでも、
様々なナッジを見ることが出来ます。
コロナ禍によって多くの生活制限が出ていますが、
ナッジは「禁止や命令ではなく、お客側の態度が自然に良い方向に変わるように誘導できる」のが理想的です。
コロナ禍から増えたのが、
並ぶ場所を床に示したサインです。
社会的距離と言われるソーシャルディタンスですね。
最近ではスーパー

もっとみる
ありがとうございます(^^)
2

経済リスクとロスと行動経済

経済の考え方その①「2者択一」

経営を行っていると前年比○○%UPと言う表現があります。
これは前年度からどれだけ上がったのか?
と言う指標です。
私も会社に属していた時は、
中期的に5年毎の事業計画書を立てるのですが、
前年度からの売り上げや経費を組み立てて作成するので、
その指標は活用していました。
しかし…
コロナ禍となった今、
単純に前年比と計れなくなってきました。
コロナ禍の影響はまだ

もっとみる
ありがとうございます(^^)
4

心の持ち方と行動経済

従業員の心の持ち方で企業業績は確実に変わる

会社を経営していると…
企業の業績は従業員の心の持ち方一つで、
大きく変わる事が殆んどと言われています。
これは確実に言える事です。
その為に会社は社員教育に投資を行い、
常に改善策を練りながら
成長しようと努力を行うのです。
単純な話ですが…
利益を上げる方程式は、
様々な外的要因は抜きにして、
売上を上げて経費を抑える事です。
あえて当たり前の事を

もっとみる
ありがとうございます(^^)
5