【今日は見ないで!】見てほしくない”たった1つの理由”

「失敗の学び屋」のモトナオです。

て、言われると押したくなっちゃうのが人間です。
「ダメだよ」と言われると、ついついやりたくなっちゃうことありますよね?

小中学生のときに言われた「火災報知器を押すな!」みたいな。
押すとどうなるか分かっている、押すと先生たちにメチャ怒られるのも分かっている…でも、その誘惑に抗えず火災報知器を押してしまう人が年に数人いるんですよね。
(職員室の前を通ると押した犯

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。興味を持ったところはありますか?
12

行動心理学で不満の多いICUスタッフを動かした話

これは僕がネガティブスタッフの多いICU(集中治療室)で行ったプロジェクトの紹介です。

使えそうな心理学を組み込んだ結果、ムーブメントを起きたので紹介しようと思いました。(自分が勝手に思いこんでいるだけかも、、、、)

別に病院だけでなく、他の業種やプライベートでも使えると思うので興味ある方は読んでいただけると嬉しいです。(ちなみに看護師です)

不満ばかりのスタッフ、、どうしよう

当時、僕の

もっとみる
あなたに幸福が訪れますように
34

~自己紹介の巻~ 2人でnote更新!

りさこです!ありさです!
ふたりのnote 、はじめました。

題して『ふたりごと。』

ロゴも作ってみました。

このふたりの正体は、小・中・高 が一緒な 兵庫県出身、24歳(女)です。

友人歴は、6歳からなので18年目!!長い。

noteのコンセプトは

〈インプットしたことをアウトプットする場をつくろう!〉

スキルを 自ら学んで、学びを note に共有
ひとりじゃ続かないなら、ふたり

もっとみる

公衆衛生と行動経済学から考えるアフターコロナ【前】

行動経済学と公衆衛生を対立構造だけで論じるのはもったいない

コロナ対策は経済vs公衆衛生の対立軸の文脈で語られることも多い。実は行動経済学と公衆衛生は「いかに人を動かして、幸福度を最大化するか」という共通のテーマを持ち、とても相性が良いことはあまり知られていない(注1)。両者は切り口やアプローチが違うので、途中では離れた道を歩むことも多い。実際にコロナの渦中では経済と公衆衛生のトレードオフは発生

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです!
23

どんなに機能や価値を提示しても、解決できないたった1つの疑問や心配があれば顧客は買ってくれない。むしろ疑問と心配に対して答えていれば顧客の心は「買う」に傾く。人はメリットよりも不安に弱い、分からないことはとにかく大嫌いなようです。

いいことありますように🙏
12

我々は2つの道具で物事を考えている(2)

こんにちは。Taiyoです。
今回の記事では前回に引き続き、我々のモノの考え方を考察していきましょう。

前回の記事で我々は、「速い思考」と「遅い思考」という2つの道具で物事を考えていることを学びました。前回の記事をまだご覧になっていない方は下のリンクからぜひ目を通してみて下さい!

「遅い思考」は限られた燃料で行われる

いきなりですが、あなたにはこんな経験がありませんか?

食事制限を軸とした

もっとみる

我々は2つの道具で物事を考えている(1)

こんにちは。Taiyoです。
今回の記事では我々のモノの考え方を考えていきましょう。

「速い思考」と「遅い思考」

いきなりですが下の画像を見てください。

この写真を見た時、この男性のひげが生えているのに気づくと同時に、彼が腹を立てていることに気付くでしょう。

それに加え、この男性の怒りの声をあげていて、これからどんな行動をするのかの予想が、何の努力も必要とせず自動的に頭に浮かんできただろう

もっとみる

家事にはお金を払わない方が良い?[読書メモ]

少し前まで、私が1回お弁当を作るごとに夫から500円送金される仕組みを導入していました。(今は在宅勤務なのでやっていない)

私は自分のお小遣いが増えるし、なにより自分がしたことの対価が目に見えて気分が良く、夫も忘れずに感謝を伝えられます。
私たち夫婦はとても気に入っているシステムだったので、友達にもこの話をしていました。

すると、ある友達から「えお金送るの…?」
という反応がありました。
おそ

もっとみる

【なぜ限定品を買ってしまうのか?】欲しくなる3つの限定と3つの対策

「失敗の学び屋」のモトナオです。

「限定」という言葉にを思わずひかれて買ってしまい、家に着いてから、または宅配便で届いてから「なんで買っちゃったんだろ…?」

と思ったことはありませんか?

これに思い当たる方もいることでしょう。このまま、分かっているのに買って失敗を続けても本当にいいのでしょうか?

なぜ、このようなことが起こるのか?次からお話をしていきます。

「少ない」という【価値】

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。良かった点はありますか?
6

歯科医院のブランド化②

前回は歯科医院のブランド化①で書きましたが、医院のこだわり=ブランドの欠片について更に詳しく説明していきたいと思います。

このブランドの欠片ですが、意外と皆さん気づいていない事が多いです。極論誰かの「真似」や誰かが「言っていたこと」などや「成功事例を真似するだけの人」が多いです。

もちろん、成功事例から学ぶことは大切です。歯科医院自体は医療技術は進歩したとはいえ、江戸時代から存在するものです。

もっとみる