卵アレルギー

それアレルギーかも?

こんにちは、
プロフィールで書かせていただきましたが、
現在7歳になる娘
1歳の頃にアレルギーが発覚。
小麦、卵、乳アレルギーと診断。
発覚した理由、それは
離乳食でうどんを食べさせた時。
みるみるうちにクチビルが腫れていき
気づいたのは妻のお友達、
「ちょっと!〇〇ちゃんのクチ腫れてない?」
急いで妻が病院に連れて行き
治療をしてもらった。

時をさかのぼると
・・・
乳飲み子だった頃の話
妻は

もっとみる
Thank you if you can follow me
1

はじめまして。

はじめての投稿です。

まずは自己紹介をさせて頂きます。

私はささと申します。

フルタイムで仕事をしながら、2人の娘を子育て中のワーママです。

なぜnoteを書き始めたのかといいますと、

うちの娘達にはそれぞれ持病があり、持病と向き合う毎日を書きたいと思ったからです。

何の持病かと言いますと、

1人はネフローゼ症候群。

腎臓の病気です。

もう1人は、卵アレルギーです。

持病がある

もっとみる
嬉しいです♡
26

IgG遅延型アレルギーの反応を下げるために1年間やったこと

こんにちは。カズです。

IgG遅延型アレルギーの検査を受けて、食事の改善に1年間取り組みました。

その成果がこちらです。

▼1年前

▼1年後

▼1年前

▼1年後

見事に数値が下がっていますね!!!!!

そこで今回、

「どのようなことをしてアレルギー反応を下げたのか?」

ということをお話したいと思います。

実際の経験談なので、今、IgG遅延型アレルギーの検査をした人や、これから

もっとみる
ありがとうございます!

善意という名の半熟卵|日記

正午。リーダーから作業中断の合図が出た。

周りが😋や🤗な顔をして「どこそこのカレー屋にいこう」だの「今日はパスタにしよう」だの待ちに待ったランチタイムに声を弾ませる中、私は😔だった。

当時私は二十歳だった。大学を中退し、都内のゲーム会社でテスター(ゲームの動作確認をする仕事)のアルバイトをしていた。

会社の建物を出ると人波から外れるように遠くへ向かった。やがて路地の奥の目立たないところ

もっとみる
大大大の吉
3

次女、卵アレルギー発症(21/4/6 ハチトウパパの在宅勤務奮闘記)

事件発生

ハチトウパパです。入園式が終わった6時間後に事件は起きました。

新しい保育園では離乳食進捗表なるものがあり、アレルギー食材を事前にチェックして全て埋まらないと離乳食が提供されません。

チェック表を埋めなければという焦りでチェック食材を次女に食べさせたところ、卵でアレルギーが出てしまったという流れになります。

卵黄は何度か食べさせて特にアレルギー反応がなかった事もあり、少々油断した

もっとみる
宜しければ拡散お願いします!!
2

食医ママを目指すようになったワケ【MY STORY #2】

心とカラダを
芯から癒す食医ママ
米一慶子(よねいちけいこ)です。

『食医ママ』とは
❝食べ物でカラダの不調や
病気の治りをサポートする
ママのこと❞です。

前回は、『仕事』に対して
最悪な印象になってしまった
社会人時代の話を書きました。

今回は、食医ママを目指すようになった
きっかけをお話しようと思います。

娘の卵アレルギーが発覚

「お子さんはかなり強い卵アレルギーですね。」

「や

もっとみる
ありがとうございます♡嬉しいです^^
13

長男に次男のアレルギーを理解してもらいたいけど…

いや、理解はしてくれてる。
長男は次男のアレルギーを理解はしてくれているんだけれど…。

卵が大大大好きな長男。
次男と歳が3つ離れている事もあり、3歳まで毎日卵を食べていた。
というのも、彼は肉や魚をあまり好まず(今は食べるようになったけど)、牛乳と卵が大好き!ママが作るオムライスが世界一美味しい!と言ってくれていたし、彼のその頃のタンパク源は牛乳と卵に頼っていた。ちなみに豆腐と納豆は未だに嫌い

もっとみる
ありがとうございます!
7

食物アレルギーのある娘との生活③

こんにちは。

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

前回、前々回と娘の食物アレルギーについて書いてきて
今回で最後になります。

その後の経過

その後も
専門のクリニックでの負荷テストと血液検査を定期的に受けていました。


少しずつ食べられるものも増えてきて、血液検査の結果に改善傾向が出た頃
そこのクリニックのDrから、

園でも全ての食材を食べて良いことにします。

もっとみる
励みになります♡
2

2020年 アレルギーっ子の成長を振り返り

2020年は息子の小麦アレルギーに大きな変化があった1年でした。備忘録も兼ねて成長を記録したいと思います。

今までの経過

小麦アレルギーが分かってからは
毎年数値が増加傾向で、
1年に1度血液検査をしては、
「また数値上がってるねー」を
数年繰り返していました。

そして、
3年前に数値が少し下がったのをきっかけに、
1年に1度入院による負荷試験をスタート。
同時期に富山県に転勤となりました。

もっとみる
嬉しいです♡ありがとうございます!
2

食物アレルギーのある娘との生活②

こんにちは

言語聴覚士で子どもの発達アドバイザーのタグチトモコです。

娘がヨーグルト食べてアレルギー反応が出てしまい、親としてすっかり撃沈してしまったところまで、前回の記事で書きました。

娘にアレルギーがあったことだけではなくて、私にはもう一つ撃沈してしまう理由がありました。



受け入れることのむずかしさ


私は長い間、発達障害のあるお子さんの療育に言語聴覚士として携わってきま

もっとみる
励みになります♡
4