半生

39.コンサル時代のはなし(充実編後編)

充実感を得られた3件目の案件は、札幌市の栄町駅のバスターミナル開設に関するはなしです。

札幌の栄町駅は、地下鉄の終着駅の中で唯一バスターミナルがない駅でした。
地域の人たちから、地元選出の市議会議員を通じてバスターミナル開設の要望書が出されました。

札幌市はそれを受けて、バス会社に問い合わせたところ、地下鉄栄町駅の乗降客はその他の終着駅の半数ほどしかなく、バスターミナルを開設しても採算が取れな

もっとみる
スキありがとうございます!

60歳まででいい。

これは私の目標であり、ゴール。

60年、頑張って生きよう。そう思いながら日々、生きている。

60年を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれ。

1日があっと言う間に終わってしまうような人生を歩んでいる人は短いのかもしれない。

1日の終わりが果てし無く長く鬱々とした人生を歩んでいる人にはとてつもなく長いのかもしれない。

なぜ私が60年を目標とし生きているのか。

それは私が60歳になる頃

もっとみる

自己紹介

はじめまして。

涼(りょう)と申します。

涼は本名ではありません。私が名付けられる予定だった名前です。

このnoteは私の半生を綴るだけです。特にこれといってタメになるようなことは書いていません。こんな人生を歩んでいる人がいるんだ、それくらいの気持ちで読んでくださいね。

38.コンサル時代のはなし(充実編前編)

コンサル時代は充実感のあった案件3件と、理不尽な自治体の介入があってコンサルの限界を感じた案件と、トラブル対応に追われ退職を決意するきっかけになった案件のはなしをします。

まちづくりのコンサルタントは、小さな会社だったこともあり、比較的自分が考えたことを実践できる会社でした。
充実感を得られた3件は、いずれもエンドユーザーである関係者の方々から多くの感謝の言葉をいただき、仕事の成果をはっきり感じ

もっとみる
嬉しいです!
1

一生の半分程は生きた今までの人生を振り返り、良かったことと悪いことについて考えてみる

かなり個人的な話になりますが
私kyouこと、40近くになるおっさんが、今までの人生について振り返り
良いこと、悪かったことを振り返ってみます。
寿命が80歳としたら半分近く生きているわけで、おぼん休みでもあり、そういうことをしても良い頃なのではと思いました。

今現在の願いとしては、お金をかけずとも日常の小さなことに幸せを感じて、家族が大きな不幸にまきこまれることなく、自分自身も少しでも社会貢献

もっとみる
ありがとうございます!感謝m(_)m
3

痛風発作 大爆破 リアルを綴る!!

現在午前3時
痛い!!!本当に痛い!!
痛風が爆発した、発作だ!!
レバノンベイルートの爆撃をずっと受けている!!!

猛反省したい。何故だ!
水分補給を怠っていたのが原因だ。Fuck !!
ジムの時は水分を3Lは飲んでいたが、
肩を怪我してから休んで怠っていた。

忘れていたのだ、この悪魔の存在を。
右足、親指の付け根は剥き出しの神経と化した。
皮膚までが痛覚の権化だ。

人間が体験する痛みのト

もっとみる
あなたの記事も覗きに行きますね〜w
27

37.ニート時代が終わるときのはなし

2003年7月末にメーカーを辞めましたが、使う暇がなかった貯金は1,000万円を越えていました。
しかし、1年半にわたって旅行やお好み焼きパーティーを好き放題やり、研究室の後輩やバスケサークルの後輩におごるなどしているうちに、2004年の年末には貯金額が半分くらいになっていました。
そろそろ働かないといけないなと思って、ネットで求人を調べ始めていました。

メーカーに勤めた時のように、この仕事がし

もっとみる
スキありがとうございます!
5

はじめましてと自己紹介

まずは簡単な自己紹介を趣味は漫画、読書、TV、温泉巡り等です。広い公園でのんびりするのも好きです。

熱しやすく冷めやすい、人見知りで慣れるまで上手く話せません。台本のように話すことが決まっている方が楽に感じます。そして逆に仲良くなるとめちゃくちゃ話します、煩いって思われる方もいると思いますし、なにか失礼な事を言ってしまい嫌な気分になられる方もいると思います。

それは貴方のことが好きで、楽しくて

もっとみる

36.ニート時代のはなし(NZの旅 恋愛編)

Kiwiバスでニュージーランド南島を周遊し始めた2日目のことです。
シーカヤックをしたいがためにNelsonに2泊する予定でした。
ところが、次のKiwiバスに空席がなかったため、3泊することになってしまいました。
3泊もするとバスの仲間はガラリと入れ替わります。
そしてそのバスに乗っていたのが上海出身のSunny(イングリッシュネーム)でした。

Mahinapuaの海岸に写真を撮りに行ったら、

もっとみる
スキありがとうございます!
4

35.ニート時代のはなし(NZの旅 人物編)

約3週間の旅で、本当にたくさんの出会いがありました。

ニュージーランドへは仁川空港経由で行きました。
仁川空港まで隣に座っていたのは韓国の若い女性でした。
5年前にDuncanさんにそうしたように、
「Nice to meet you . Are you traveling now ?」と聞いてみました。

彼女の名前はマドンナ(イングリッシュネーム)。
『よくそんなイングリッシュネームにしたな

もっとみる
スキありがとうございます!
5