北条早雲

北条早雲を大河ドラマにしてほしい

日本三大梟雄といえば、北条早雲・斎藤道三・松永久秀と言われています。うち、斉藤道三と松永久秀は今年の大河ドラマ『麒麟がくる』で登場しており、悪人とは言えないような人間味溢れるイメージで魅力的なキャラクターに仕上がっています。

捏造された乱世の梟雄イメージ

斎藤道三にしても松永久秀にしても、後世に創作された軍記物などの影響で悪役として描かれており、それらが近年の古文書研究が進むにしたがって違った

もっとみる

応仁の乱の勝者とは誰か

ゴールデンウィークはひたすら来るべき乱世に向けて、歴史から学ぶべく読書をしていました。そして、乱世と言えばこの本を取り上げないわけにはいきません。

曖昧な東軍と西軍の境界

応仁の乱は、1467年から京都を中心に11年も続いた大乱です。よく、京都の人が「先の戦争で~」と言うときは応仁の乱のことを指すといった笑い話がありますが、実際に京都市中が戦場となったのは後にも先にもこの応仁の乱だけでしょう。

もっとみる
Have a にゃース day !!
12

『後北条氏』関連書籍:「図説 戦国北条氏と合戦」

リンク→「図説 戦国北条氏と合戦」

後北条氏5代の治世を当主各々について詳述します。
軍事面で合戦の一覧が収録されており、合戦を時系列で
追うことができます。内容もオールカラーでわかりやすく
文字も最低限になっており、視覚的に理解できます。
後北条氏についての入門書としては最適です。

個人的には、五代の当主だけでなく、一門の氏照、氏邦、氏規が
小さいながらも取り上げられて、とてもよかったです。

もっとみる

『後北条氏』関連書籍:「戦国北条記 」

リンク→「戦国北条記 」

北条五代の事績をたどることで、関東の戦国史を概観します。
内容は早雲の伊豆平定から始まり小田原合戦で終わります。
合戦を中心としたストーリーになっており、わかりやすい内容です。

例えば、国府台合戦や、河越野戦、三増峠の戦いなどは
通史の中では存在感が薄くなってしまいがちですが、
後北条氏が主人公の本書では各々が一大テーマであり、
読者にとって新しい発見があるはずです。

もっとみる

武田信玄と北条早雲にみる「書」の活かし方

今の時代、人の若い頃は勉学を励むように社会の仕組みができあがっています。

それは戦国時代も同じで、(全ての人ではないにしろ)寺などで幼少期の教育が行われていました。

当時使われていたものは中国の古典が多く、四書五経といった、9冊の書などが使われていました。

ところで武田信玄の幼少期のエピソードでこういったものがあります。

教育がはじまった当初、師匠の和尚が一般常識の書を渡したら、数日で読ん

もっとみる
ありがとうございます!
1

興国寺城。駿河の守護大名今川義忠が不慮の死を遂げる。甥にあたる竜王丸の補佐を小鹿範満が。家督代行に就くが、竜王丸が成人しても、家督を戻そうとしない。北条早雲は奇襲し、駿府館の小鹿を討った。報償に興国寺城を与えられる。伊豆の喉元といえる地にあった。

スキありがとうございます!!これを励みに頑張ります。
4

斎藤道三は2人いた? 油売りから美濃守護代重臣になった父・松波庄五郎の実像とは

NHK大河ドラマ『麒麟がくる』で本木雅弘さんが好演している梟雄(きょうゆう)斎藤道三。先日は同じくNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』で、本木さんが悩みながらも役に取り組んでいる側面が描かれ、話題を呼びました。

さて、この斎藤道三、従来は一介の油売りから下剋上(げこくじょう)の末に美濃(現、岐阜県)国主にまで成り上がったと語られてきましたが、実はそれは一人でやったことではなく、父親と道三の

もっとみる
スキ、大変嬉しいですm(_ _)m
11

生きることを、追い求めた。「北条早雲TERAKOYA」(2019.11.9)

北条早雲
彼は戦国時代の先駆けといわれ、下克上の代名詞というイメージがある。
果たして真実の彼はどうだったのかー。

早雲にまつわるもので、現代でも使われているものがある。

それは”ハンコ”
そのハンコは代々北条家に受け継がれ、
のちの戦国大名も早雲に倣ってつくらせた。

1518年、伊豆国 韮山城
早雲が亡くなる一年前のこと、領内の百姓から訴えがあった
「年貢が厳しくて辛い」と。

北条の領内

もっとみる

第四巻 第二章 戦国大名の誕生

〇室町御所
伊勢盛時(五十六歳、幕府奉行衆、北条早雲)が八代将軍・義尚(二十三歳)に謁見している。
義尚「駿河の今川が、家督相続でモメておる。今川義忠の嫡子・龍王丸が成人したにも関わらず、小鹿範満が家督を返そうとせぬのじゃ」
盛時「『足利絶えれば吉良が継ぎ、吉良が絶えれば今川が継ぐ』……今川の一大事、放置してはおけませぬな」
義尚「先の大乱(応仁の乱)以来、下剋上が流行しておる。君臣の理をないが

もっとみる

北条早雲と北条五代 【歴史奉行通信】第五十号

こんばんは。
あっという間に夏も終わり、
一年のうちで最も過ごしやすい季節が
やってきました。

それでも今年の九月は暑いです。
これを書いているのが9/11なのですが、
9/9と10の暑さは異常でしたね。

というわけで、今夜もアツさでは負けない
「歴史奉行通信」第五十号を
お届けいたします。

〓〓今週の歴史奉行通信目次〓〓〓〓〓〓〓

1. 第五十号の御礼と現在連載中の
 『北条五代』につい

もっとみる
逆境上等!
5