内向的直観

或るINFJ的、全人類共存のすゝめ

我ながら壮大なタイトルをつけてしまった。
どうしよう。
普段の私はこんな肝っ玉してない。本当に。

INFJ(提唱者)の「提唱力」の凄さについて。〜提唱だけしたっていいじゃないか〜|ら
らさん、本当に勇気をありがとうございます...♪*゚


はじめに

こんなテーマにした目的は、
“いちINFJの人生哲学を書き残す”こと。

noteを始めてからも、やっぱり何か怖くて言い出せなかった。私の考

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます...♪
10

INFJと偶発的学習

最近、業務上の話で偶発的学習の話が出てきました。

背景として、同じような学歴で入社して、同じような集合教育を受けて、同じようなキャリア形成により経験を積んでいても、数年後には大きな違いになるケースが多いという話から派生して偶発的学習の話に展開しました。

偶発的学習自体は、人である限り程度の差はあれ経験はすると思います。例えば好きな音楽を聴いてたら自然に覚えることもあれば、字幕付き映画を見ていた

もっとみる

過去との対峙

過去の私は、INFJだったのか。
もしかしたら違うタイプだったのかも。

そんな疑問を持ってから、やっぱり止まらなくなる私の思考。
過去の私、という点で、まるで自分の原点を探す旅のよう。

過去の私といっても、実は、1年とちょっと前、それよりも前の自分こと。
それは、この1年とちょっと前の時期に、私はうつの経験して、価値観ががらりと変わったから。
(私が初めてMBTI診断をしたのもこれ以降で、IN

もっとみる
嬉しいです。ありがとうございます...♪
10

ヒトカラで好きな歌を思いっきり歌ってると、頭の中がこれから歌う歌詞を勝手に先取りするから、現実で歌う歌詞と頭で考える歌詞がズレるの。あぁこれ、内向直観の未来志向だ!って気づいた頃合に、私は盛大に歌詞を噛む。
いくら主機能とはいえ、推しの歌くらいはちゃんと歌えるようになりたい。

嬉しいです。ありがとうございます...♪
1

痛みと精神

肉体的な痛みは精神に何を及ぼすのか。

四十肩らしき症状から、一週間くらい腕が上がらず、服を着るのも難儀していました。夜寝る時も痛みがあり、寝返りなどもうてず、眠りも浅い状態でした。また、歩いたり座る姿勢が悪くなり、腰も少し痛めてしまったようです。

痛みがあると、物事に集中することが難しくなります。思考をしたいときでも、痛みで現実に引き戻され、痛みに集中してしまうとますます痛みが増幅される悪循環

もっとみる

事実は小説より奇なり

半沢直樹が流行ってるみたいですね。

会社の雑談などを聞いていると、ちらほらと話しが聞こえてきます。視聴率も20%超えをしているようですし、スレも結構立っていてリアルタイムでチャットがなされているようですし、人気もあるのでしょうね。

私自身は、テレビはほとんど見ないですし、情報収集はもっぱらインターネットか本を読むところからです。半沢シリーズも読んだことはないですが、池井戸さんの著書は『空飛ぶタ

もっとみる

INTJの内向的直観と外向的思考における具体的な例

ビジョンを持つINTJは,新しく得た知識と経験をビジョンに足してみて,危険か危険でないか判断し,危険であれば取り消し,危険でなければ足す.例えると,ビジョンはパズルの完成絵であり,知識や経験はピースであり,パズルにピースを組む.この時,パズルの完成絵が内向的直観であり,ピースが外向的思考である.

抽象的で分かりにくいかもしれないが,具体的な例を示そう.

寮の玄関は土足禁止だが,それを破る人が多

もっとみる

RAW(生身)の直感をたまには使ったほうがいい

あまりに、デジタルに、

知識に、

頼りすぎると、

 

生まれながらにして持っている、

生の直感力、 

一番元のやつが、

怠けてしまい、

衰えてしまう。

 

たまに、勘だけで、  

先を読む、ってことも、

合わせてしています。

  

思考と直感の組み合わせと、 

さらに観察をすることと、

感情をうまく使うこと。

ユングのタイプ論、

全ての心理機能を

使い尽くしま

もっとみる
次もまた見てね、ありがとう。(⌒▽⌒)
3

INTJとINFJ、進化の鍵

ダッ!ダッ!ダーン!

ついに、禁断の比較論INTJとINFJをやる時が来た。いま、開けてはいけない扉を開く。クッ…扉が重い…!鋼鉄製だ!こっ…これは危険かもしれない!だけど、それは君が開けるんだ!え?僕は後ろから見てるよ。

じゃ、両者に共通する"信仰心=意志力"の議論を前提に、両者の違いとどうやったら意志力をうまく制御できるかについて勉強していこう。

もっとみる

内向的直観を感じるとき

「うめぼしを見たら、よだれが出てきてすっぱくなる」

これは、よく言われているけど、私にはそれが、不意に、何にでも起こる。

 写真でも、見ている風景でも、物でも。本当に体験しているように五感を通して思い出す?感覚がする。

 部屋の明るさが眼に刺さるようにバチバチするとき、人込みが自分に覆いかぶさるように響いて重たくて、目が回る時。

 イタリアの写真を見て、海のにおいがしたり、読んでいる文章や

もっとみる