仮想戦記

第一章の続き 2つめ

10月18日。午前7時45分。弾道弾発射30分後 朝鮮半島38度線

 朝鮮人民軍の多くは徒歩で38度線を越えていた。今の文政権になってから親北融和路線に転じており、国境地帯の地雷や歩兵哨所であるGPが撤去されている、そのため韓国軍の防御陣地の多くは塹壕に土嚢の簡易陣地だ。
しかも今は、反撃は禁じられている。韓国軍の多くの将兵は命令に従い、武器や弾薬を持って退却を始めていた。
 朝鮮人民軍は、韓国

もっとみる

第三次世界大戦(Crazy red dragon)

第1章「美麗島 その1」

航空自衛隊警戒航空団第603飛行隊に所属するE-2C早期警戒機は与那国島上空の日本領空内で警戒監視活動を行っていた。
主な監視対象は福建省にある中共軍航空基地であるが、無論それだけではない。機の背中に乗った巨大なレドーム内にはAN/APS-145と呼ばれる強力なレーダーが装備されており、戦闘機程の大きさの航空機であれば560km先まで探知可能だ。
その上、地上の車輛や海

もっとみる

大陸軍は歴史の暗部と化す。過去のナポレオン1世の如く____

過ぎた過去の事さえ持ち出され扇情的に書き立てられた新聞記事は、当然彼らの意中のものでは無かった。だが、もう既に一種の倦怠感がそこにあったのも否めない。

そもそも、だ。1914年のあの時から果てしない”戦闘”を続けてきたのは紛れもなく彼らと独軍の2通りしか存在してはいなかった。

イギリス軍はBEFを派遣したが本格的に国力を費やしたのはそれから数ヶ月先のことであったし、ロシア軍は中途で完全に崩壊し

もっとみる

我、未ダ沈マズ−戦艦長門海戦記異聞−

戦後、アメリカによる核実験で爆沈処理されるはずだった長門だが、その実験直前に、海底から出現した謎の戦艦群に襲われてしまう。

ハーケンクロイツをはためかせる謎の艦隊に、次々と殲滅される米国艦隊。
偶然の経緯で長門麾下の日本海軍も応戦を余儀なくされる。
長門も相当に被弾を受けるが、敵艦隊の撃滅に成功。

日本海軍司令部からの打電で、世界各地の軍隊がその謎の敵戦力との戦闘で甚大な被害を被っていると知ら

もっとみる

真珠湾を防衛せよっ!!

202X年の夏。日米海上戦力による合同演習が開催される。場所はハワイ沖100キロの洋上。停泊地にはハワイ、パールハーバーが選ばれた。しかし、謎の組織によるハッキングで、米海軍、海上自衛隊は電子操作一切が不能な緊急事態に陥ってしまい、敵の海上戦力の支配下に置かれてしまう。敵の狙いは戦艦ミズーリを稼働させて、アメリカ本土に対する核攻撃を行うことであった。太平洋戦争当時に設置され、現在では使われることが

もっとみる