人生ゲーム令和版×AR技術

✅一味違う『令和』の価値観

これは、さすがに笑った。人生ゲームというとのは本来、お金を集めて、土地を買収したり、株を買ったりでお金を増やすゲームだった・・・が❕❕
なんと令和で集めて価値を競うモノは、ずばりフォロワーの数で決まるらしい(笑)

ガチである(笑)しかも、よーく見ると、真ん中に有吉さんやヒカキンさん(?)トランプ大統領らしき人までいる。さすが、時代の長者といったところだろうか。

もっとみる
誠に感謝しております💦フォローもお願いします❕
4

愛され続けるコンテンツの正体

✅消費の空洞化

ブログの書き方教えますやオンラインサロンので『○○万稼げます』『できなければ全額返金』という謳い文句の記事は数あれど、じゃあ一体、誰が何に消費をして、どの層が誰にお金を使うの❔という具体的な話は、まったく見えて来ない。要は『種のない実』を売られている(伸びしろが明確でない)ような気がしたので、今、改めて、日本の人口と消費層のお金の使い方について考えてみたい。

✅個性が最大のコン

もっとみる
誠に感謝しております💦フォローもお願いします❕
9

90年代の興奮が今、よみがえる

・まえがき

ちょっとこのニュースは興奮しました・・・1980年代、ファミコン、スーファミ世代には、どストライクの懐かしい。よく宿題やらずに、やってたらお母さんに『コンセント抜くよ』なんて言われてたやつですね(笑)

もう、効果音のピコピコ音聞いてるだけで、アラフォーおじさんが、童心に返ったように興奮してしまうのは、きっと私だけではないはず‼

・9月の配信タイトル一覧

スーパーマリオ1~3、ゼ

もっとみる
誠に感謝しております💦フォローもお願いします❕
8

モノが消費される時代の終焉

・モノが消費される時代から、
コンテンツ至上主義の時代へ・・・

私も、社内SEや建築業、果ては水商売まで、いろんな業種を渡り歩いて来ましたが、ずっと思ってたことがあって『ゲーム業界で課金や消費するのは労働者のお金じゃないのか?』って、思ってたんですけど、最近、その考えを改め始めました。もう、キャッシュフローのサイクルの中に、営業とか労働者(非IT産業)とかの利益(課金)を含まなくても、『eスポー

もっとみる
誠に感謝しております💦フォローもお願いします❕
4

37:それぞれ違った男の魅力を描きたい

【→チャレンジャー過ぎる創作活動の記録:もくじ】

<前の記事→36:ルート選択ならではのネタで遊ばないなんて勿体ない!>

pixivさんに投稿している乙女ゲーム風小説「選帝のアリス」には攻略対象となる“皇帝候補”が7人(+隠し攻略キャラ)がいます。

この7人のキャラクターを作る上で目標としているのが「それぞれ違った男の魅力を描きたい」ということです。
 
7人もいるので、「正統派王子様タイプ

もっとみる

36:ルート選択ならではのネタで遊ばないなんて勿体ない!

【→チャレンジャー過ぎる創作活動の記録:もくじ】

<前の記事→35:投稿小説ですら多機能にしてしまう…>

昔から、SLGやノベルゲームのルートを完全制覇するのが好きなタイプでした(そういう所もコンプ厨)。
 
何が楽しいかと言うと、選択肢を変えることにより、前のルートでは見られなかった“IFの世界”が見られるのが良いのです。
 
同じ時間軸を、前回のルートとは違う人と、違う場所で、違う行動で過

もっとみる

パワポケを恋愛シミュレーションゲームと捉えていいなら初めてじゃないけど、それ以外の恋愛シミュレーションゲームはやったことない僕が、勇者一行シリーズで恋愛シミュレーションゲーム風の何かを作ろうとしてるのは滑稽なことだね。好感度の概念がある勇者一行シリーズ(ファンタジーRPG)。

道士の見透かしたような言葉。

その言葉の意味を考える暇もない。

既に彼方の視界に騎馬隊の姿が見える。

早く逃げないと谷底に弾き飛ばされてしまいそうだ。

しかし、山手側は荊棘が茂り容易に雪酔を引き込めそうにない。

躊躇っていると、先頭の馬上の武将が見えるほどに近づいて来た。

 「あっ!」

赤兎だ。遠目にも分かる赤茶の毛並み。

普通の馬より一回り大きい。

そして、馬上の武将は錦繍の戦

もっとみる
大吉!!(*^▽^)/★*☆♪

緑樹

馬蹄の響きが山々に反響する。

早朝の空に飛び立つカラス。 

張繍の元から逃げ出したものの、これからどこへ向かえばいいのか。

すでに長安は遥か遠く、戦いの音も聞こえない。

ようやく乗り馴れた雪酔のスピードを緩め、辺りを見回す。

谷間に立ち込めていた朝霧が、ゆっくりと天へ還っていく。

刻々と強くなる朝日は、朝露に煌めく木々を照らし、肌寒かった大気を温め始めた。

歌うような小鳥の声が聞こえ

もっとみる
(*゜д゜*)!!
1

夜の街を移動する。

背後に過る影を感じながら、賈詡は先を急いでいた。

 気づかれたか、面倒だな。

賈詡は歩を早める。目的地まで、そう遠くない。

 あいつ、こんな所で何をしているんだ。

背後に意識を向けながら、路地を曲がった。

小さな公園につきあたる。

広場に一人の青年がいた。

穏やかな眼差しで、南西の空を見上げている。

見れば、朧な月が雲間から光を落とし、その下の空は赤く焼けてい

もっとみる
スーパーレア★★★★★!!
1