津籠睦月

自作サイトや投稿サイトなど、いろいろな所で小説を書いています。 新しいことに挑戦するのが好き過ぎて、気づけば実験的な小説ばかりになってしまっています…。 あと、8割方の小説に猫が出てきます。

津籠睦月

自作サイトや投稿サイトなど、いろいろな所で小説を書いています。 新しいことに挑戦するのが好き過ぎて、気づけば実験的な小説ばかりになってしまっています…。 あと、8割方の小説に猫が出てきます。

    マガジン

    • こんなこと考えながら小説書いてます~我流小説執筆法~

      小説を執筆する上で、どんなことに気をつけて書いているか、目標や、狙いについてetc…小説執筆活動の記録です。 他の方の参考になるかどうかは分かりません…。

    • チャレンジャー過ぎる創作活動の記録

      初めてのホームページで「今までにない小説サイト」を作ろうという野心を抱いてしまった管理人の、七転び八起きな創作活動の記録。

    • 小説の見つけ方・見つけられ方(web小説の検索方法研究)

      「小説投稿サイトで『小説を探す』のが大変!難しい!」と思ったことはありませんか? そんな小説検索の欠点・難点を「個人レベルでどうにか改善できないか」ゆるっと研究しています。 小説を「探す」方だけでなく、投稿している方も、検索方法をもっとよく知ることで役立つことがあるのではないかと。

    • Webサイト デザイン試行錯誤

      自作サイト(小説サイト)制作の、特にWebデザイン面での試行錯誤の記録です。素人が初めて作ったホームページですが、気づけば異常に多機能になっています。 (別マガジン「チャレンジャー過ぎる創作活動の記録」にも関連記事を載せています。)

      • こんなこと考えながら小説書いてます~我流小説執筆法~

      • チャレンジャー過ぎる創作活動の記録

      • 小説の見つけ方・見つけられ方(web小説の検索方法研究)

      • Webサイト デザイン試行錯誤

    最近の記事

    • 固定された記事

    チャレンジャー過ぎる創作活動の記録:もくじ

    <はじめに>アンダーラインの引かれた部分をクリック(タップ)すると、各記事へジャンプします。ナンバリングはあくまで目安で、順番はフワッとしていますので、お好きなものから読んでいただければ幸いです。 01:せっかく「ネット小説」なのにネットの特性を活かさないなんて、勿体ない サイト開設までの道のり(02~17)02:サイト制作は初心者だが、勝算はある(?) 03:ソフト選びは慎重に… 04:そうだ、著作権を勉強しよう。 05:サイト・コンセプトは「癒やしの森」 06

      • 歴史を「平面」ではなく「立体的」に捉える

        歴史小説を書く際に、個人的に大切にしていることがあります。 それは、歴史を「平面的」に見るのではなく、「立体的」に捉えるということです。 たとえば、日本の古代をモチーフにした小説を書く際、皆さんはどんな資料を探しますか? 有名どころの歴史書と言えば「古事記」「日本書紀」の、いわゆる「記紀」があります。 地方の歴史を扱ったもので言えば、いくつかの「風土記」が残されています。 しかし…公的に編纂された歴史書だけが「日本の歴史」でしょうか? 歴史は、歴史書以外にも、様々

        • 「です・ます調」一人称小説への初挑戦(初めての文体は短編やSSで試しながら)

          初めて使う文体で、いきなり長編小説を書くのは危険です。 その文体が、自分にとって書きづらい「苦手な文体」だった場合、筆が止まって、それ以上書けなくなるリスクがあるからです。 なので自分の場合、新しい文体にチャレンジする際には、短編やSS、長編の中の「1つの場面だけ切り取ったもの」などで「試し書き」のようなことをします。 「です・ます調」の一人称に初チャレンジした時もそうでした。 一般的な「小説」ではあまり見ない気がする「です・ます調」一人称ですが(←三人称なら児童文学

          • 読者の意識改革や投稿環境改善は、基本「長期戦」→今からやっておかないと間に合わない!

            過去記事などで、以前からちょこちょこ「埋もれた作品が見出されるには検索が大事」「読者と作品のマッチングがカギ」など、ウェブ小説の読者・作者双方が幸せになれるアイディアや改善策を考えてはUPしているわけですが… こういった記事をUPしたからと言って、即効果が現れるとは、正直思っていません。 なぜなら古今東西、こういう活動がすぐに報われた試しは、そうそう無いからです。 最初は誰からも見向きもされず、話も聞いてもらえないところからスタートして、徐々に耳を傾けてくれる人が増え、

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • こんなこと考えながら小説書いてます~我流小説執筆法~
            津籠睦月
          • チャレンジャー過ぎる創作活動の記録
            津籠睦月
          • 小説の見つけ方・見つけられ方(web小説の検索方法研究)
            津籠睦月
          • Webサイト デザイン試行錯誤
            津籠睦月

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            長めの休みには、普段はできない作業をします

            年末年始やGWなど、まとまった休みがある時、自分は「普段はできない作業」をすることが多いです。 小説投稿サイトで連載など抱えてしまうと、普段は執筆作業やアップロード作業に追われ、いっぱいいっぱいになってしまうのですが… まとまった休みがあり、多少の余裕が生まれると、普段はやりたくてもできない「時間のかかる作業」や「ゆとりがないとできないこと」をします。 (パンデミック以前は「たまの長期休暇に遠方の友人と会ったり」などもあったのですが、最近はそれもできず…😅) たとえば

            本業の忙しさを語っておくのは、更新不可時のための防衛策

            サイトにもよりますが、小説投稿サイトには「活動報告」や「近況ボード」という、作者が自由にコメントできるコーナーがあります。 また、そういったものが無くても、個人ブログを作って近況を報告することはできます。 自分は、そういう場で、ちょこちょこ「これから仕事(本業)が忙しくなりそうだ」といった報告をしているのですが… これ、べつにリア充ぶりをアピールしているわけではありません。 (…というか、地方民の残業代は法に引っかかりそうなレベルで低い上、実質的なサービス残業も相当あ

            他の作者はどんなタグを使っているのか?(タグを知れば、作品と読者のマッチングができる!)

            以前から小説投稿サイトの課題の1つは「作品と読者のマッチング」だと、たびたび語っていますが… 現状、個人的に「1番マッチングに『使える』」と思っているのが「タグ( タグ検索)」です。 (「タグ検索とは何か?」については、過去記事『小説投稿サイトの小説を探す7つの方法ー「不特定多数の好み」ではない「自分好み」の探し方ー』で語っていますので、そちらをご参照ください↓。) しかし、そんなタグを「本当に使える」ものにするためには、作者の側では「タグの最適化(最も「合った」タグを

            泣かせるつもりで書くのではなく、泣かせた時を思い出して書く

            「泣ける小説」というものがあります。 常々疑問に思っていたのですが…そんな「泣ける小説」、作者の方はどうやって書いているのでしょう? 他の方がどう書いているかは分からないのですが…自分の場合は「泣かせよう」とは思わないことにしています。 作為的になり過ぎたり、「あざとく」なるのが怖いからです。 代わりに、これまでの人生の中で、実際に自分が他人を「泣かせてしまった」時のことを思い出して書きます。 卒業前、サークルの「伝統」で、後輩たち一人一人にメッセージカードを贈った

            資料が見つからない時に重宝するウィキペディア(特に世界史関連で活用しています※日本語版でなく外国語版の方)

            近場にそうそう大きな書店の無い地方民にとって、ネットの事典・辞書類は非常にありがたいものです。 そもそも調べたいのがマニアックな人物だったり事件だったりすると「どの文献をあたったら良いのか?」…そこからして分からない場合もあります。 なので、そういう場合の「とっかかり」としても、ネットでの検索は便利なのです。 ただ、ネットの情報は玉石混交で「フェイク」や「勘違い」もあります。 なので「資料」として使うのは有名どころの(信頼性のある)サイトで、かつ情報ソース(参考文献な

            素材集はポイ活で「節約」しながら「目」で選ぶ

            自作サイトのWebデザインに、自分は市販の素材集を使っています。 この素材集、定価では普通に2000円以上して、そこそこのお値段なのですが… 自分の場合、各種ポイントをマメに貯めて「貯まったら素材集購入」という形をとってきました。 (なので、サイト開設当初は素材集も無く、ちまちまと自作素材(フォトショで作れる素材)だけでやっていました。) 特によく使うのが、クレジットカードのポイントです。 スマホの料金や定期購入しているモノの支払いは、基本的にクレジットカート払いに

            小説投稿サイトのTwitter連携比較

            大概の小説投稿サイトには、ツイッター連携して小説を宣伝する機能が付いています。 (だいたいの場合、小説ページにあるツイッターアイコンをクリックorタップすると、できます。) が、このツイッター連携、サイトによってだいぶ「見え方」が異なります。 サイトによって結構「個性」がありますので、今回はそのあたりを比較していこうと思います。 ※サイトは「あいうえお順」敬称略で並べています。 ※例として実際のツイート(過去ツイート)を貼り付けていますが、文言などはデフォルトと変え

            通信状況が悪い時には「ながらローディング」を使っています。

            モバイル端末などで、通信速度が低速になった時、小説投稿サイトのページがなかなか表示されず「小説が読めない!」となったことはありませんか? そういう時、自分はよく「ながらローディング」を使っています。 …テクニックと言うほどのモノでも何でもないのですが… 要するに、ブラウザで小説ページを開く操作をしておいて、ページがロードされている間、他のアプリを見たり、コーヒーを買いに行ったりと「別の作業をしながら待つ」のです。 通信速度が低速の時、ページが表示されるまでには、普段の

            自分の作品に対する「アンチテーゼ」を自分で書くのが好き

            なかなか理解を得られないことかも知れませんが… 自分の作品に対する「反対意見」を、自分で立てるのが好きです。 以前書いた作品とは「真逆」の作品を書くのが好きです。 いっそのこと、前作を「否定」する勢いで書くことすらあります。 なぜ、そんなことをして喜んでいるのかと言うと… どんな物でも意見でも「絶対的に正しい」「全て肯定される」ということは無いと思っているからです。 否定されない意見など無いし、否定されない物語も無い…   それなら、まず自分自身が、最初にソレを否

            各小説のページデザインは、小説の内容から決めています

            自作の小説サイトを作ろう…と思い立った時「各小説のWebデザインは、小説の内容に合ったものにしよう」と決めていました。 当初は「ピッタリな雰囲気のWeb素材が無いものか」と、素材サイトさんをいくつも巡っていたのですが… 「綺麗ではあるけれど、イメージと違う」「雰囲気的には似ているけれど、モチーフ的にいろいろ違う」など、なかなかピンと来るものに出会えませんでした。 そこで「それならもう、自分で作ってしまえ」と思いました。 当時、CG制作スキルもほぼゼロなら、素材集も持っ

            見出し画像は私物と100均を駆使して制作しています。

            noteさんのテキスト記事用「見出し画像」を自作している…と以前の記事に書きましたが… その「画像制作」は、私物と100均小物を駆使し、なるべく費用をかけずに行っています。 これはRPG世界が舞台のファンタジー小説に関する記事に使った見出し画像ですが ↓ 「小説」「執筆」に関連して「本」「ペン」「インク」、RPGに関連して「剣の形のキーホルダー」を入れてみました。 (キーホルダーの鎖とリングは上手い具合にネコチャンの下に隠しています。) ハードカバーのノートと手帳は

            記事更新のお知らせ(2022/10/29) 【考察】読者のタイプと傾向の分析 https://note.com/mutsuki_25mori/n/n9236309cbe1f に、1項目追加しました。 どんなタイプの読者がいるか考察することで、対策も立てやすくなると思いますので、これからも思いついたら追加していきます。