津籠睦月

自作サイトや投稿サイトなど、いろいろな所で小説を書いています。 新しいことに挑戦するの…

津籠睦月

自作サイトや投稿サイトなど、いろいろな所で小説を書いています。 新しいことに挑戦するのが好き過ぎて、気づけば実験的な小説ばかりになってしまっています…。 あと、8割方の小説に猫が出てきます。

マガジン

  • チャレンジャー過ぎる創作活動の記録

    初めてのホームページで「今までにない小説サイト」を作ろうという野心を抱いてしまった管理人の、七転び八起きな創作活動の記録。

  • 小説の見つけ方・見つけられ方(web小説の検索方法研究)

    「小説投稿サイトで『小説を探す』のが大変!難しい!」と思ったことはありませんか? そんな小説検索の欠点・難点を「個人レベルでどうにか改善できないか」ゆるっと研究しています。 小説を「探す」方だけでなく、投稿している方も、検索方法をもっとよく知ることで役立つことがあるのではないかと。

  • こんなこと考えながら小説書いてます~我流小説執筆法~

    小説を執筆する上で、どんなことに気をつけて書いているか、目標や、狙いについてetc…小説執筆活動の記録です。 他の方の参考になるかどうかは分かりません…。

  • Webサイト デザイン試行錯誤

    自作サイト(小説サイト)制作の、特にWebデザイン面での試行錯誤の記録です。素人が初めて作ったホームページですが、気づけば異常に多機能になっています。 (別マガジン「チャレンジャー過ぎる創作活動の記録」にも関連記事を載せています。)

    • チャレンジャー過ぎる創作活動の記録

    • 小説の見つけ方・見つけられ方(web小説の検索方法研究)

    • こんなこと考えながら小説書いてます~我流小説執筆法~

    • Webサイト デザイン試行錯誤

最近の記事

  • 固定された記事

チャレンジャー過ぎる創作活動の記録:もくじ

<はじめに>アンダーラインの引かれた部分をクリック(タップ)すると、各記事へジャンプします。ナンバリングはあくまで目安で、順番はフワッとしていますので、お好きなものから読んでいただければ幸いです。 01:せっかく「ネット小説」なのにネットの特性を活かさないなんて、勿体ない サイト開設までの道のり(02~17)02:サイト制作は初心者だが、勝算はある(?) 03:ソフト選びは慎重に… 04:そうだ、著作権を勉強しよう。 05:サイト・コンセプトは「癒やしの森」 06

    • 理想のレビューは「作品の愉しみ方」を教えてくれるレビュー

      他者の感想やレビューを「読者目線」でどう活用しているのか…↓ 「物書き目線」でどう役立てているのか…↓ というのは、過去記事で書いてきましたが… それを踏まえて、結局「理想のレビューとは何なのか?」――自分の中には、ぼんやりとした1つの答えがあります。 ■自分の知らない「独自視点」ほど面白く役立つものはない 実を言うと自分は「まだ読んだことのない本」の感想・レビューより、「既に読んだことのある本」の感想・レビューを読む方が好きです。 …と言うより、他の方の「考察」

      • 他者のレビューから「賢く」作品を選ぶコツ(役立つレビューとアテにならないレビュー)

        皆さん、他の読者のつけた評価やレビューを見て作品を選んだことはありますか? それで「ダマされた!」と思った経験はありませんか? 小説投稿サイトのみならず、Amaz○nさんなどの小説レビューを見ていても思うのですが… 他の読者の「高評価」に釣られて作品を読み、後悔したという読者さん、結構多いんですよね…。 また、逆に「低評価が付いていたけど、むしろ自分は良いと思う」という意見も結構よく見かけるんですよね…。 もしも小説に「絶対的な基準」というものがあり、皆がそれを元に

        • 「パクリ」と「カブリ」の違いって、気づけていますか?(「カブリ」の生まれるメカニズム)

          小説投稿サイトを巡る問題で「あるある」なのが「パクった」「パクられた」問題です。 ですが皆さん、「パクリ」とは何なのか、深く考えてみたことはありますか? 自分は以前から「パクリ」とは別に「カブリ」という言葉を使い、両者を区別しています。 ■「パクリ」は意図的な盗作、「カブリ」は偶然似てしまうこと そもそも「パクリ」という言葉は、創作以外でも「物を盗む」という意味で使われている言葉ですよね? なので自分は、創作の場における「パクリ」を「他人のアイディアやストーリー等を

        • 固定された記事

        チャレンジャー過ぎる創作活動の記録:もくじ

        • 理想のレビューは「作品の愉しみ方」を教えてくれるレビュー

        • 他者のレビューから「賢く」作品を選ぶコツ(役立つレビューとアテにならないレビュー)

        • 「パクリ」と「カブリ」の違いって、気づけていますか?(「カブリ」の生まれるメカニズム)

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • チャレンジャー過ぎる創作活動の記録
          津籠睦月
        • 小説の見つけ方・見つけられ方(web小説の検索方法研究)
          津籠睦月
        • こんなこと考えながら小説書いてます~我流小説執筆法~
          津籠睦月
        • Webサイト デザイン試行錯誤
          津籠睦月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「おもしろそう」と「おもしろい」は別物なので…

          皆さん「おもしろそう!」と思って読み始めた小説が「期待外れ」だったことって、ありませんか? 逆に、読む前は特に「おもしろそう」と思わなかった小説が、読んでみたら意外と「おもしろい」ことって、ありませんか? 「おもしろそう」と「おもしろい」って、実は別物なんですよね。 なぜなら「おもしろそう」は小説を読む前に抱く感情。 「おもしろい」は実際に読んでいる最中に抱く感情だからです。 ■読者は「おもしろそう」に惑わされる 皆さん、意外とこの「おもしろそう」と「おもしろい」

          「おもしろそう」と「おもしろい」は別物なので…

          「アクション(評価)のしやすさ」と「不正防止」のジレンマ

          (投稿サイトで)小説がヒットするまでには6つの壁がある、その6つ目の壁が「アクションの壁」だ…ということを、以前の記事で書きましたが… この「アクションの壁」、投稿サイトの機能やシステムによっても厚さ(高さ)が変わります。 皆さん、気づいていましたか? 作品に星をつけたり、感想をつけたり、ブクマやお気に入りなどのアクションをするには「アカウントが必要」だということを…。 過去記事で紹介したスターツ系投稿サイトの「ひとこと感想」のような例外もたまにありますが… ほとん

          「アクション(評価)のしやすさ」と「不正防止」のジレンマ

          小説を書くのに、どれくらいの知識があれば良いのか?

          学生時代の自分には「完璧主義」的なところがあり… よく「この程度の知識ではこの小説は書けない」「もっと知識を集めてからでないと、書いてはいけない」と、自分で自分にストップをかけ、小説を書くのを躊躇っていました。 ネットで書評やブックレビューを見れば「作者の知識不足」をつつくコメントがあちこちに散見されます。 「商業で書籍化されたプロですらこの有様なのだから、自分なんてもっと駄目に決まっている」…そんな思いが、小説を書けなくしていたのです。 ですが、今は違います。 な

          小説を書くのに、どれくらいの知識があれば良いのか?

          「ためになる取り組み」は積極的に紹介する

          これまでに過去記事で投稿小説界隈の問題点、投稿サイトの弱点などを挙げて来ましたが… もちろんサイトの運営さんも手をこまねいているわけではなく、その欠点を補うべく、様々な取り組みを行っています。 欠陥がそのまま放置されれば「高クオリティーの作品がランキングに載らない・ポイントが上がらない」ということになり、評価の精度やサイトの信頼性にも関わってきますので、そこは運営さんにとっても放置できない問題なのではないでしょうか? …ただ、その「作者・読者双方のためになる取り組み」、

          「ためになる取り組み」は積極的に紹介する

          投稿小説界隈の問題点と課題を知るには、投稿戦略を「逆転の発想」で見ること。

          この世に完璧なシステムや仕組みなど無く、どんなものにも何かしら問題や課題が存在します。 しかし「何が問題なのか」「どんな課題があるのか」が分からなければ、それを改善することはできません。 実際「何が問題なのか」も分からないまま、不具合や不都合を放置し、そのままズルズル悪化していく企業や団体も多いのではないでしょうか? けれど、この「何が問題なのか」――コツさえ知っていれば、意外とカンタンにあぶり出せるのです。 それはズバリ「その業界での『通説』や『セオリー』を『逆転の

          投稿小説界隈の問題点と課題を知るには、投稿戦略を「逆転の発想」で見ること。

          小説ヒットのためにクリアすべき6つの壁(これを知らずに絶望するのは早い!)

          皆さん、「おもしろい小説なら必ずヒットするはずだ」なんて思ってはいませんか? 少なくとも一定数の読者はそう思っているからこそ、ランキングやポイントを重視する「ランキング神話」「数値信仰」がなくならないのでしょうが… 現実には、そんなことは全くありません。 実際には作品の「質」以外の様々な要素が、ヒットの前に「壁」となって立ちはだかっているのです。 中には作者個人の力ではどうにもできない「壁」もあるのですが… この「壁」の存在を知らずにいると「こんなに良い作品が書けた

          小説ヒットのためにクリアすべき6つの壁(これを知らずに絶望するのは早い!)

          一人一人の読み手に寄り添える小説を、オムニバスで。

          中学時代、修学旅行で三十三間堂の千体仏を拝観した際、ガイドさんから聞いた話が、未だに記憶に残っています。 無数に並んだ仏像は、どれも同じような姿形をしているのですが、実は1つ1つ顔が異なり、探せばどこかに「自分に似た顔」があるのだとか…。 聞いた時に、何となく「いいなぁ」と思ったことを覚えています。 自分に似た顔の仏像が1つでもあれば、親近感が湧いて、普段は縁遠いお寺や仏像も「身近なもの」に感じられるのではないか、と。 その時に感じた「いいなぁ」を「目標」という形に落

          一人一人の読み手に寄り添える小説を、オムニバスで。

          大事なテーマは繰り返し取り上げる。ただし、切り口は変えて

          「読まず嫌い」に「検索の重要性」そして「周囲に流されずに自分の『好み』を貫く大切さ」… 小説の作者・読者どちらにとっても重要なことを、これまでに何度も記事に取り上げてきました↓。 「大事なことは繰り返し訴えることが大事」だと言われています。 たとえどんなに役に立つ記事だとしても、人目に触れなければ意味がありません。 人目に触れても、興味を持ってもらえなければ読んでもらえません。 プロのコピーライターでも「本当にヒットするコピー」を書けるのは何回かに一度。 プロでも

          大事なテーマは繰り返し取り上げる。ただし、切り口は変えて

          読者の意識を変えるのは、作者の倍難しいので…(「読まず嫌い」をなくすには…)

          おもしろい小説が評価されない原因の1つとして「読まず嫌いでそもそも読んでもらえていない」ことがある…と、過去記事でもちょこちょこ触れて来ましたが… そんな「読まず嫌い」をなくすためには「読者の意識を変える」必要があります。 ですがそれは、並大抵のことではありません。 なぜなら読者は「意識を変える必要を感じていない」からです。 皆さん、おもしろい小説が全然見つからない時、何を思いますか? この世のほとんどの人間は「最近の小説はレベルが低いな」と、作者のせいにするのでは

          読者の意識を変えるのは、作者の倍難しいので…(「読まず嫌い」をなくすには…)

          長編小説には無い、短編・掌編・SSの長所と魅力!

          皆さん、短編小説(掌編・SS含む)は「長編小説が書けない人」の書くものだと思ってはいませんよね? あるいは「短編小説は長編小説に劣っている」なんて考えたりもしていませんよね? 上のように考えるのは、きっとこれまで「素晴らしい短編小説」に出会ったことがない方々なのでしょうが… どうにも世の中「長編>短編」のように思っている人が多い気がするので、今回はそのあたりを深掘りしていこうと思います。 短編の方が長編より難しい!人にもよることなので、ハッキリとは言えないのですが…

          長編小説には無い、短編・掌編・SSの長所と魅力!

          自ジャンル(推しジャンル)を盛り上げる工夫を

          どんなコンテンツにも「人気」なジャンルと、そうでないジャンルがあります。 人気なジャンルには人が集まりますが、不人気なジャンルには人の流入自体がありません。 どんなにクオリティーの高い作品であろうと、どんなに「おもしろい」作品であろうと、そこに人が集まって来なければ、見出されることはありません。 例えるなら、人通りの多い駅前で路上ライブするのと、人のほとんど通らない裏通りで路上ライブするくらいの差が、そこにはあります。 どんなに歌の上手い人間だろうと、「人の通らない道

          自ジャンル(推しジャンル)を盛り上げる工夫を

          国語力の無駄遣いにもほどがあるキャラクター・ネーミング(隠しワードが二重・三重に…)

          登場人物のネーミングにこだわるのは、自分の作品には「よくある」ことなのですが… ちょっとそれがエスカレートし過ぎた作品があります。 アルファポリスさんに載せている『囚われの姫は嫌なので、ちょっと暴走させてもらいます!~自作RPG転生~』なのですが… 異世界転生ものなのですが、キャラクターの名が話数(章)が増えるにつれ、どんどん複雑化しています…。 主人公の名前と幼馴染の少年の名は、現実世界での「本名」をもじったカタカナ名で、まだそれほど凝ってはいません。 その他のキ

          国語力の無駄遣いにもほどがあるキャラクター・ネーミング(隠しワードが二重・三重に…)